メインメニューを開く

津田大介

日本の社会学者、実業家

津田 大介(つだ だいすけ、1973年11月15日 - )は、早稲田大学文学学術院教授(任期付)、有限会社ネオローグ代表取締役、一般社団法人インターネットユーザー協会代表理事。

つだ だいすけ
津田 大介
Tsuda Daisuke, Japanese journalist.jpg
2010年12月17日(37歳)
生誕 (1973-11-15) 1973年11月15日(46歳)
日本東京都北区
教育 早稲田大学社会科学部卒業
職業 大学教員
活動期間 2002年 -
代表経歴 インターネットユーザー協会の設立と運営・マスコミ出演や講演など
肩書き 早稲田大学文学学術院教授(任期付)
大阪経済大学客員教授
受賞 ギャラクシー賞(ただし津田がサブパーソナリティとして参加していたTBSラジオ「文化系トークラジオLife」に対して与えられたもので、津田個人に対してではない)
公式サイト 津田大介公式サイト

大阪経済大学情報社会学部客員教授、朝日新聞社論壇委員、新潟日報特別編集委員も兼任している。関西大学総合情報学部特任教授京都造形芸術大学芸術学部文芸表現学科客員教授、東京工業大学リベラルアーツセンター非常勤講師、ネットランナー編集部、上智大学文学部新聞学科非常勤講師等を歴任した。

概要編集

東京都北区滝野川出身。父親公男は社会主義協会派の活動家で、日本社会党(現:社民党)の副委員長高沢寅男の議員秘書も務めた[1]しんぶん赤旗にて、中学生時代に「赤旗」を読んだことが「物書き」になるきっかけとなったと述べている[2]

東京都立北園高等学校時代は、制服や校則のない自由な校風だったため、途中から授業に出ずに友人と部室でゲームをしていたと語っている。バンド活動など複数の部活に所属していて、そのなかで仲間と二人でやっていた新聞部が現在の原点だと述べている。新聞発行ごとの新聞広告収入2~3万円と年間30万の学校からの予算は部員の飲み食い使ったと振り返っている[3]。授業に出ていなかったこともあり、現役時代の大学受験は全部落ちて浪人生になった。1年間の予備校生活を経て早稲田大学社会科学部と明治大学政治経済学部に合格し、早稲田大学を選択した[3]。就職活動では出版社を志望するもすべて面接で落とされ、卒業後はパソコン系編集プロダクションのアルバイトとしてライター活動を開始する。1999年に会社設立[4]

2019年には、2010年から3年ごとに開催されているあいちトリエンナーレの芸術監督に選出された。選考は五十嵐太郎加須屋明子建畠晢、中井康之、藤川哲水野みか子港千尋の7人のメンバーによる芸術監督選考委員会における2回の議論による推薦であった[5]。 しかし「表現の不自由展・その後」と題して、韓国人アーティストの作による慰安婦像に酷似した少女の像や、昭和天皇と思しき写真を燃やした「焼かれるべき絵」という題名のついた作品[6][7]特攻隊隊員らが寄せ書きした日の丸を使った「間抜けな日本人の墓」という題名の作品[8]などを展示した事により物議を醸し[9][10]、わずか3日間で企画展示コーナーそのものが撤去された[11][12][13]

略歴編集

 
あいちトリエンナーレ2019のインフォメーション・センター。津田は同芸術祭の芸術監督を務めた。
1990年代
  • 1997年、早稲田大学社会科学部在学中よりIT関連のライターとして執筆活動を開始。
  • 1999年、有限会社ネオローグ設立・代表取締役。
2000年代
  • 2002年、個人運営ニュースサイト「音楽配信メモ」(ブログ)を開設。
  • 2006年、株式会社ナターシャ設立・取締役( - 2014年7月)。
  • 2006年 - 2008年、文化審議会著作権分科会において複数の小委員会で専門委員を担当[14]
  • 2007年、Twitterアカウント(@tsuda)を開設。
  • 2007年、小寺信良(コラムニスト、AV・音響機器評論家)・白田秀彰法学者法政大学社会学部准教授)らと共同でインターネット先進ユーザーの会(MIAU、現インターネットユーザー協会)を設立。現在、一般社団法人*インターネットユーザー協会(MIAU)代表理事。
  • 2008年 - 、特定非営利活動法人情報通信政策フォーラム(ICPF)副理事長( - 2014年3月)
  • 2008年 - 、デジタル・コンテンツ法有識者フォーラム設立・発起人。
  • 2008年 - 、コンテンツ学会設立・発起人。
  • 2008年 - 、特定非営利活動法人ブロードバンド・アソシエーション「P2P関連問題研究会」委員。
2010年代
  • 2010年 - 、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)フェロー。
  • 2010年 - 、特定非営利活動法人クリエイティブ・コモンズ・ジャパンフェロー( - 2013年)。
  • 2010年、上智大学文学部新聞学科非常勤講師。
  • 2010年 - 、スマイキー株式会社(旧ピーエムアール) 顧問。
  • 2011年、武蔵大学社会学部メディア社会学科非常勤講師。
  • 2011年9月、有料メールマガジン『メディアの現場』の配信を開始。以降、毎週水曜日発行。
  • 2012年4月、株式会社ゲンロン取締役( - 2015年3月)、関西大学総合情報学部特任教授(任期:2012年4月 - 2013年3月)に就任。「ネットジャーナリズム論」「ネットジャーナリズム実習」を担当。
  • 2012年、東京工業大学リベラルアーツセンター非常勤講師( - 2017年3月)。
  • 2012年 - 、一般社団法人パワクロ・理事( - 2016年3月)。
  • 2013年 - 大阪経済大学情報社会学部客員教授、京都造形芸術大学芸術学部文芸表現学科客員教授。- 2017年3月)、新潟日報社特別編集委員特定非営利活動法人コモンスフィアフェロー。新政治メディアサイト「ポリタス(politas)」を立ち上げて編集長を務める[15]
  • 2015年 - 朝日新聞社論壇委員
  • 2017年 - 早稲田大学文学学術院教授(任期付)[16][17]
  • 2017年8月1日 - あいちトリエンナーレ2019芸術監督に就任[18][5]。 

主張編集

  • 2007年、委員として参加していた文化庁の著作権分科会私的録音録画小委員会で、音楽・映画業界から提案されたダウンロード違法化について、「将来的に刑罰がつく可能性は高く、業界の要望でテキストや写真など音楽・映像以外の著作物にも対象が及ぶことは疑いがない。そうなればインターネット全般に大きな混乱を招く」と発言している[19]
  • 2014年、民主党機関紙「プレス民主」において、「マイノリティの人々の人権や、社会の多様性にちゃんと目配りする党になれるかどうかが今後の民主党の復活の鍵だろうと思います。」「『新しいリベラルって何だろう』ということを議論して、ぜひもう1回綱領を作り直してはどうでしょうか。」とし、「民主党には期待している」と述べた[20]
  • 韓国李明博大統領竹島上陸を機に、新大久保で発生した抗議デモに対し、民主党の有田芳生弁護士宇都宮健児安田浩一たちと共にメッセージを送った[21]
  • 「東京都議会における差別発言を許さない市民一同」が東京都議会やじ問題に関するイベントを開催した際、その司会を行った。「女性に対する差別・人権侵害」、「リコール (地方公共団体)」について話し合い、「アクションプランをひとりひとりが実行していくことでしか社会は変わらない」と述べた。イベントには、Change.org日本代表のハリス鈴木絵美蓮舫福島瑞穂などが参加した[22]
  • 東京都議会やじ問題の塩村文夏都議に対するやじ発言について、「あんな時代錯誤な発言が出ること自体が、恥さらしと思う」と答えた[23]
  • 大学時代は早稲田大学多重録音芸術研究会に所属し、Roland W-30で作曲していた。バンド名は「PUPPET(パペット)」や「シンクビートバスターズ」。主な演奏楽器はベース及びシンセサイザー。作曲活動も行っていたという[要出典]
  • 2016年の新語・流行語大賞にノミネートされた「保育園落ちた日本死ね」について鳥越俊太郎とともに賛同している[24]
  • 2017年8月3日に新たに発足した改造内閣外務大臣に起用された河野太郎については父親の河野洋平とは政治的スタンスが違うと評して、親子ということに注目されると『親がこうだからこうだろう』と判断されていると述べている。就任に否定的な人たちは『またアジアに土下座外交するのか』と疑っていると評している[25]

主な著書編集

1990年代
2000年代
  • 『だからWinMXはやめられない』(インプレス・2003年)
  • 『ググる - 検索エンジンGoogleを使ってネット上の情報を検索すること』(毎日コミュニケーションズ・2004年)
  • 『だれが「音楽」を殺すのか?』(翔泳社・2004年)
  • 『ワンランク上の使いこなし&グッズ こだわる大人のiPod』(日経BP社・2005年)共著
  • 『アマゾる―オンラインショップAmazonをとことん限界まで使いこなすこと』(毎日コミュニケーションズ・2005年)
  • 『仕事で差がつくすごいグーグル術』(青春出版社・2006年)
  • 『仕事が速くなるフリーソフト活用術』(青春出版社・2006年)
  • 『CONTENT'S FUTURE ポストYouTube時代のクリエイティビティ』(翔泳社・2007年)小寺信良との共著
  • 『Twitter社会論 - 新たなリアルタイム・ウェブの潮流』(洋泉社・2009年)
2010年代
  • 『ブックビジネス2.0 - ウェブ時代の新しい本の生態系』(実業之日本社・2010年)共著
  • 『未来型サバイバル音楽論 - USTREAM、twitterは何を変えたのか』(中公新書ラクレ・2010年)牧村憲一との共著
  • 『日本人が知らないウィキリークス』(洋泉社・2011年)共著
  • 『IT時代の震災と核被害』(インプレス選書・2011年)共著
  • 『リアルタイムメディアが動かす社会: 市民運動・世論形成・ジャーナリズムの新たな地平』(東京書籍・2011年)共著
  • 『自由報道協会が追った3.11』(扶桑社・2011年)共著
  • 『情報の呼吸法』(朝日出版社・2012年)
  • 『動員の革命 - ソーシャルメディアは何を変えたのか』(中公新書ラクレ・2012年)
  • 『ウェブで政治を動かす! 』(朝日新書・2012年)
  • 『Tweet&Shout ニュー・インディペンデントの時代が始まる』(東京ニュース通信社、2013年)
  • 『メディアの仕組み』(夜間飛行・2013年)池上彰との共著
  • 『安倍政権のネット戦略』(創出版新書・2013年)安田浩一高野孟香山リカ鈴木邦男等と共著
  • 『ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す これからのソーシャルメディア航海術』(PHPビジネス新書・2014年)
  • 『越境へ。』(亜紀書房・2015年)西きょうじとの共著
  • 『情報戦争を生き抜く 武器としてのメディアリテラシー』(朝日新書・2018年)

出演作品編集

テレビ番組
ラジオ番組
WEB
映画

受賞歴編集

  • 放送批評懇談会第45回ギャラクシー賞ラジオ部門大賞受賞(TBSラジオ「文化系トークラジオLife」、2008年)
  • 放送批評懇談会ギャラクシー賞2012年9月度月間賞受賞(TOKYO MX「ゴールデンアワー」、2012年)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2012年度レギュラー版第1期は木曜未明(水曜深夜)。

出典編集

  1. ^ 朝日新聞2013年1月31日(木曜日)「おやじのせなか」理想追い思想押しつけず(津田大介さん)
  2. ^ 大手メディアでなく「赤旗」がスクープ連発はなぜ?FMラジオ番組 小木曽編集局長語る 2011年7月21日付「しんぶん赤旗」
  3. ^ a b Inc, Aetas. “津田大介の“本性”を見た!――ジャーナリスト津田大介氏がゲストの「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」第13回” (日本語). www.4gamer.net. 2019年8月1日閲覧。
  4. ^ Inc, Aetas. “津田大介の“本性”を見た!――ジャーナリスト津田大介氏がゲストの「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」第13回” (日本語). www.4gamer.net. 2019年8月1日閲覧。
  5. ^ a b 『あいちトリエンナーレ』芸術監督に津田大介 「新しい芸術監督像を期待」” (日本語). CINRA.NET. 2019年8月1日閲覧。
  6. ^ 慰安婦像などを並べる「表現の不自由展」に批判殺到。政治家も反発、市長は視察へ”. Buzzfeed.News (2019年8月2日). 2019年8月2日閲覧。
  7. ^ 少女像の展示中止要請へ 名古屋市長が愛知県知事に”. 産経新聞 (2019年8月2日). 2019年8月3日閲覧。
  8. ^ 津田大介氏「二代前なら…」昭和天皇の写真燃やすのを容認していた? 『表現の不自由展』の炎上は確信犯か”. リアルライブ (2019年8月6日). 2019年8月9日閲覧。
  9. ^ 慰安婦像などを並べる「表現の不自由展」に批判殺到。政治家も反発、市長は視察へ”. Buzzfeed.News (2019年8月2日). 2019年8月2日閲覧。
  10. ^ 少女像の展示中止要請へ 名古屋市長が愛知県知事に”. 産経新聞 (2019年8月2日). 2019年8月3日閲覧。
  11. ^ 「平和の少女像」撤去 あいちトリエンナーレ 知事会見 コーナー中止”. 毎日新聞 (2019年8月3日). 2019年8月3日閲覧。
  12. ^ 「表現の不自由展」中止に、愛知”. 共同通信 (2019年8月3日). 2019年8月3日閲覧。
  13. ^ 慰安婦問題像 展示中止「脅迫の電話やメール 安全運営に危惧」”. NHK (2019年8月3日). 2019年8月3日閲覧。
  14. ^ 「ダウンロード違法化」で報告書まとまる iPod課金は「合意できず」 IT media news(2008年12月16日)
  15. ^ 新サイト「ポリタス」で政治を可視化する!編集長・津田大介氏に使い方と狙いを聞いた ダイヤモンド・オンライン 2013年7月18日
  16. ^ 「津田大介プロフィール」 津田大介公式サイト
  17. ^ 「津田大介」 幻冬舎
  18. ^ 津田大介さん、あいちトリエンナーレの芸術監督に就任へ”. 朝日新聞. 2017年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月19日閲覧。
  19. ^ 週刊朝日 2019年3月1日号
  20. ^ プレス民主2014年3月22日 【提言】「ネットを活用し、新しい政治のうねりを」津田大介氏
  21. ^ Independent Web Journal2013年4月3日 【IWJブログ:反差別訴える市民、排外デモ隊を終始包囲】
  22. ^ ウートピ2014年6月27日 【都議会ヤジ事件】津田大介氏や蓮舫議員も参加 ネットで署名を行った市民100人が集まり今後の対策を議論
  23. ^ 弁護士ドットコム2014年6月26日 津田大介氏「セクハラヤジは日本の恥」「変わるきっかけに」イベントで意識変革訴える
  24. ^ 流行語大賞 鳥越俊太郎氏と津田大介氏、「保育園落ちた日本死ね」のトップテン入りに「賛成」産経新聞
  25. ^ "河野談話は俺じゃない!" 外務大臣に起用された河野太郎氏の人となりは 2017年08月04日 abema news

関連項目編集

外部リンク編集