弓ヶ浜半島(ゆみがはまはんとう)は、本州日本海側、鳥取県西端部に位置する半島である。弓浜きゅうひん半島、夜見ヶ浜よみがはま半島、五里ヶ浜ごりがはま半島とも呼ばれる。

概要編集

 
弓ヶ浜半島の空撮写真。写真下部の中央が境港、写真の中央やや左に見える滑走路は米子空港で、この付近が境港市米子市との行政境界である。なお、写真の下部の緑色が目立つ場所は島根半島で、奥に見える島は大根島である。

弓ヶ浜半島は鳥取県西端部から北西に向かって細長く延びた、美保湾中海を分ける全長約17 km、幅約4 kmの半島である。中国山地から弓ヶ浜半島の付け根へと流れ、日本海へと注ぐ日野川が、上流から土砂を運搬してきた土砂と、付近の潮流の影響によって、砂洲が形成された。ただし、弓ヶ浜半島の全体が単なる砂洲ではなく、砂洲の部分は主に日本海側の部分であって、中海側は純粋な砂洲ではない[1]。 それでも、半島は全体的に標高が低くなだらかで、山がほとんど存在しない。また、日本海側は長い砂浜が有り、弓ヶ浜海岸夜見ヶ浜と呼ばれる。なお、弓ヶ浜半島の先端部と、島根半島との間は、境水道と呼ばれており、ここで中海と日本海とがつながっている。

産業編集

弓ヶ浜半島には、根本側に米子市、先端部に境港市が位置する。ただし、米子市は半島以外にも市域が広がっている。

漁業編集

半島の先端に位置する境港を中心として、漁業が盛んである。

農業編集

日野川から水を引き、半島の中を流れる人工河川の「米川」による灌漑で、約2000ヘクタールの農地が耕作されている[2]。ただし、半島の付け根付近は水田稲作が目立つ一方で、半島の先端に向けて次第に畑作地帯へと遷移し始め、完全なる畑作地帯へと変化する[3]。そんな弓ヶ浜半島で目立つ作物として、ナガネギが挙げられ、一時期に比べれば栽培作物の多角化が進んだ分だけナガネギの割合が低下したものの[4]、鳥取県産のナガネギの大部分を弓ヶ浜半島で栽培しており「米子白葱」の名を持つ[5]

この他に、かつて盛んだった綿花栽培を復活させるべく「伯州綿」も2008年以降、境港市が耕作放棄地などを活用した復活プロジェクトに取り組んでいる[6]

観光業編集

 
半島の東岸の弓ヶ浜海岸。鳥取県米子市。

弓ヶ浜半島には境線が敷設されており、境線の駅には水木しげるの妖怪の名前が付けられている他、特殊なラッピング列車が運行されている。さらに、境港市には水木しげるロードまで整備されている。また、境港市市役所で住民票を取得するとゲゲゲの鬼太郎のキャラクターが描かれているなど、境港市では様々な取り組みが行われている。

一方の米子市側の日本海側には、皆生温泉を擁し、付近の海岸は皆生温泉海水浴場として開放されている。また、弓ヶ浜には防風林としてマツが植樹され、松原が海岸に沿うようにして広がっており、日本の白砂青松100選に選定されている。さらに、米子市側の中海側には、米子城の跡や米子水鳥公園などが有る。

歴史編集

出雲国風土記』には「伯耆の国郡内の夜見の嶋」とあり、伯耆国風土記』の逸文は「夜見島」の北西部に「余戸里」(現在の境港市外江町付近)が存在したと記されている[要出典]ことから、古くは島であったと考えられている[7]。その後、日野川が運搬してきた土砂が堆積した結果、半島が形成された。ただ、1398年応永5年)に成立した『大山寺縁起絵巻』には弓ヶ浜半島が描かれているため、すでに平安時代には半島が形成されていたと言われている[7]

半島北部に位置する境と外江の周辺は、古くから水上交易の重要な寄港地の1つであった。戦国時代には戦略的に重要な水軍の拠点とされ、尼子氏毛利氏などによって、ここを争奪する戦いが相次いで行われた。1471年文明3年)8月には境松合戦1563年永禄6年)11月には弓浜合戦 (浜目合戦)などが起こった。その後は毛利氏の支配下に置かれ、吉川氏の管掌下にあった。江戸時代に入ると隣接する美保関と共に北前船などの寄港地として栄え、漁業も盛んであった。

半島として陸続きになったことで農業が行われるようになったものの、農業用水の確保が難しかったため、旱魃時の被害が大きかった[8]。これを克服するために、1700年に米村所平の提案に基づき、鳥取藩によって車尾村大字観音寺戸上から弓ヶ浜半島への水路開削が開始された[8]。3段階に亘って行われた用水路の拡張工事により、1759年には先端の境港まで延長され、提案者である米村の1文字をとって「米川(よねがわ)」と命名された[8]。水田のみならず、木綿の産地として成長し、木綿は藩を代表する特産物となって[8]「伯州綿」(伯耆の木綿)と呼ばれ、弓浜絣が発達した[7]。このほか甘藷などが栽培された。明治20年代になると、外国産の安い木綿が輸入され、弓ヶ浜半島での綿作りは衰退し始めた[7]。綿に代わって栽培されたのは桑の木で、養蚕が主体となった[7]。しかし、養蚕も第2次世界大戦の影響で、弓ヶ浜半島では終焉を迎えた[9]

半島の付け根の皆生温泉は、海底に湧出していた温泉だったが、日野川の運搬する土砂の堆積により、20世紀初頭には比較的利用し易い場所に泉源を求められるようになったため、20世紀に入ってから開湯された。しかし、その後、海岸侵食が発生した。

出典編集

  1. ^ 坂本英夫『弓ヶ浜半島における蔬菜の輸送園芸』p.25(「輸送園芸の地域的成立」の節を参照)
  2. ^ 弓浜半島のあらまし/西部総合事務所農林局/とりネット/鳥取県公式サイト”. 鳥取県. 2015年10月1日閲覧。
  3. ^ 坂本英夫『弓ヶ浜半島における蔬菜の輸送園芸』p.18(「現況」の節を参照)
  4. ^ 坂本英夫『弓ヶ浜半島における蔬菜の輸送園芸』p.19(「現況」の節を参照)
  5. ^ 坂本英夫『弓ヶ浜半島における蔬菜の輸送園芸』p.34(「市場問題-大阪中央市場への葱の入荷」の節を参照)
  6. ^ 贈る「おくるみ」鳥取・境港 新たな命に特産綿『毎日新聞』朝刊2017年7月30日
  7. ^ a b c d e ふるさと米子 探検隊 第8号 (pdf)”. 米子市立図書館. 2015年10月1日閲覧。
  8. ^ a b c d 中国四国農政局/1. 鳥取県 米村所平(よねむらしょへい)”. 農林水産省. 2015年10月1日閲覧。
  9. ^ 坂本英夫『弓ヶ浜半島における蔬菜の輸送園芸』p.23(「商品畑作地としての変遷」の節を参照)

参考文献編集

関連項目編集