メインメニューを開く

鳥取県西部地震

2000年10月6日、鳥取県西部を震源として発生した地震

鳥取県西部地震(とっとりけんせいぶじしん)は、2000年平成12年)10月6日13時30分18秒(金曜日)に鳥取県の西部を震源として発生した地震である。地震の規模はマグニチュード7.3で、鳥取県西部で最大震度6強を観測した。地震空白域とされる地域で発生した。

鳥取県西部地震
鳥取県西部地震の位置(日本内)
鳥取県西部地震
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 2000年(平成12年)10月6日
発生時刻 13時30分18秒(JST
震央 日本の旗 日本 鳥取県米子市 南方約20km
北緯35度16.4分
東経133度20.9分(地図
震源の深さ 9km
規模    マグニチュード(M)7.3
最大震度    震度6強:鳥取県日野町境港市
津波 なし
地震の種類 直下型地震、左横ずれ断層型
余震
回数 1316回
最大余震 2000年10月8日20時51分(JST)、M5.0、最大震度5弱
被害
死傷者数 負傷者182人
被害総額 約566億円[1]
被害地域 中国地方東部、近畿地方西部
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

気象庁はこの地震を平成12年(2000年)鳥取県西部地震命名した。

目次

概要編集

1996年の震度階級改正以来初めて震度6強を記録した。気象庁マグニチュードが7を超す大地震だったにもかかわらず、何人かは生き埋めとなったが救助され、死者は無かった。これは、震源地が山間部であったことや市街地の一部を除き、人口が密集していない地域であったこと、積雪の多い地域のため頑丈な造りの民家が多かったこと、そして地盤が比較的強固であったことも挙げられる。

鳥取県ではこの地震の二ヶ月前に震度6強の震災が鳥取県西部で発生することを想定して防災訓練を実施しており、訓練の成果として地震発生から10分後には行政および消防当局が対策を実施することができた。しかし、境港市街の液状化を始め、日野町、米子市などで住宅の倒壊、損壊など物理的な被害は顕著であった。また震源地が大山にほど近い事もあり大山の噴火も懸念されたがまったく火山活動は無く、津波は観測されていない。

震源断層編集

発震機構は横ずれ断層型。既知の断層の活動によるものではなく、未確認の地下断層の活動による地震であった。地表には地下の変位に伴い複数の地割れが現れた。

余震域は本震の震源断層に沿って分布し、島根県安来市から鳥取県日野郡まで、南南東-北北西方向に長さ約30km、深さは約15kmまでに分布している。

この地震に先行し断層の深部延長線上で1989年、1990年、1997年には M 5 程度の群発的地震活動が発生している。また、本震発生の約12時間前には、震源域で M 1.7 が観測されている。トレンチ調査により前回の活動は、西暦800年〜1200年であることが判明した。

各地の震度編集

観測点名は地震当時のもの。

震度5弱以上が観測された気象庁の発表地点
震度 都道府県 観測点名
6強 鳥取県 境港市東本町・鳥取日野町根雨
6弱 鳥取県 境港市上道町・西伯町法勝寺・会見町天万・岸本町吉長・淀江町西原・溝口町溝口・日吉津村日吉津
5強 鳥取県 米子市博労町
島根県 安来市安来町・宍道町昭和・仁多町三成
岡山県 新見市新見・大佐町小阪部・哲多町本郷・落合町西河内・美甘村美甘
香川県 土庄町
5弱 鳥取県 鳥取東郷町龍島・関金町大鳥居・北条町土下・鳥取大栄町由良宿・東伯町徳万・鳥取大山町国信・名和町御来屋・鳥取中山町赤坂
島根県 松江市西津田・島根鹿島町佐陀本郷・東出雲町揖屋・八雲村西岩坂・玉湯町湯町・八束町波入・島根大東町大東・島根加茂町加茂中・三刀屋町三刀屋・斐川町荘原町・湖陵町二部・仁摩町仁万・桜江町川戸
岡山県 神郷町下神代・岡山勝山町勝山・新庄村役場・岡山川上村上福田・八束村上長田・中和村下和・岡山市大供・玉野市宇野・笠岡市笠岡・岡山御津町金川・岡山瀬戸町瀬戸灘崎町片岡・早島町前潟・船穂町船穂・真備町箭田・有漢町有漢・北房町下呰部・賀陽町豊野
兵庫県 津名町志筑
広島県 広島高野町新市・福山市駅家町川尻町西・広島大崎町中野・新市町新市・府中町大通り
徳島県 徳島市大和町・徳島市新蔵町
香川県 香川白鳥町湊・香川池田町池田・庵治町役場・観音寺市観音寺町・国分寺町新居・三野町下高瀬・豊中町本山

このほか大阪府大阪市など)・兵庫県(神戸市姫路市豊岡市など)・京都府山口県愛媛県松山市など)・広島県(広島市など)・島根県(隠岐島含む)・鳥取県(鳥取市など)・岡山県・香川県・徳島県・高知県など西日本の広い範囲で震度4を記録した。揺れは東は茨城県鉾田町まで、西は鹿児島市まで伝わった。また、兵庫県では兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)以来初めて震度5弱以上を観測した地震となった。

被害編集

消防庁による被害の状況[1]
都道府県 人的被害(人数) 住宅被害
死者 負傷者 全壊 半壊 一部損壊
鳥取 0 141 394棟 2494棟 14134棟
その他 0 41 41棟 607棟 4410棟
合計 0 182 435棟 3101棟 18544棟
  • JR伯備線他4線で落石、土砂崩壊、プラットホーム傾く
  • 米子自動車道で、段差発生や路面亀裂等
  • 鳥取県国道180号等で路肩決壊等11箇所、岡山県国道181号等で落石6箇所等。
  • 米子空港で滑走路亀裂(10月11日より再開)
  • 中国電力 停電 17,402戸
  • 四国電力 停電 1,874戸

救助活動編集

  • 自衛隊:10月6日より:10月7日(最大人員340、車両50台)、18日撤収。
  • 海上保安庁:巡視船艇50隻、航空機11隻、10日撤収。

法的措置編集

静穏化と活動域編集

1980年代末以降、日本海沿岸域の広域で地震活動は静穏化していたが京都府北部から鳥取県西部地域のこの地震の震源域では、M5 クラスの地震が数回(1990年[3]、1991年、1997年[4])発生し1997年は群発地震の様相を呈していた[5]、日本海沿岸の静穏域の中では活発な活動が起こっていた場所である。この様な静穏域中の活動域は、応力の集中しているアスペリティとして注目されていたが、2000年 M 7.3 の地震の予見までには至らなかった[6]

その他編集

参考情報・資料編集

関連地震編集

脚注編集

外部リンク編集