メインメニューを開く

弥生軒(やよいけん)は、千葉県我孫子市にある立ち食いそば店およびその運営企業である。

歴史編集

創業は1928年昭和3年)4月で、当時は我孫子駅駅弁を扱っていた[1]。駅弁屋時代の1942年から5年間、山下清が勤務したことがある[1][2]

立ち食いそば店は1967年に営業を始め、2018年時点では我孫子駅と天王台駅で合計4店舗を構える[1]。一方、駅弁の販売は1983年ごろに終了している[1]。社長は地元NPO団体からのインタビューで、常磐線の複線電化に伴って停車時間が短縮する一方、東京都内への通勤通学客が増加したため、1975年(昭和50年)ごろには弁当が売れなくなったと述べている[3]

特徴のあるメニュー編集

幅15センチメートルもある巨大な唐揚げを載せた「唐揚げそば」が知られる[2]。このメニューの創始時期について、前記の社長インタビューでは「唐揚げ」を始めたのが「平成のはじめ頃」(1990年前後)[3]、「唐揚げそば」というメニューが入ったのは2017年の中日新聞記事では「(19)90年代末」[2]とされている。唐揚げのサイズは徐々に大きくなった結果であるという[2]

脚注編集