当麻豊浜
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 天武天皇10年2月30日681年3月24日
官位 小紫
主君 天武天皇
氏族 当麻公
父母 父:当麻皇子
兄弟 束田王、忍田王、豊浜、広島
当摩国見
テンプレートを表示

当麻 豊浜(たいま/ たぎま[1] の とよはま)は、飛鳥時代貴族は公、系図では当麻皇子の子と伝えられる。冠位小紫

経歴編集

当麻氏用明天皇の子である麻呂子皇子(当麻皇子)を祖とする一族である[2]

事績は不明で、天武天皇10年(681年)2月30日に小紫位で没したことだけが知られる[3]。小紫は高位であり、天武朝の人物の(死後贈位でない)生前冠位の中でもっとも高い。子の当摩国見壬申の乱でなんらかの勲功があったと見られ、持統天皇期に封戸を与えられている(続日本紀)。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 新編日本古典文学全集『日本書紀』3の407頁。
  2. ^ 『日本書紀』巻第21、用明天皇元年正月壬子朔(1日)条、新編日本古典文学全集『日本書紀』2の500-501頁。『新撰姓氏録』右京皇別、佐伯有清『新撰姓氏録の研究』本文編155頁。
  3. ^ 『日本書紀』巻第29、天武天皇10年2月己巳(30日)条。新編日本古典文学全集『日本書紀』3の406-407頁。
  4. ^ 鈴木真年『百家系図稿』巻9,登美真人

参考文献編集