当摩国見
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 不明
別名 氏:当麻
官位 直大壱
主君 天武天皇持統天皇文武天皇
氏族 当麻公→真人
父母 父:当麻豊浜
テンプレートを表示

当摩 国見(たいま /たぎま の くにみ)は、飛鳥時代の人物。氏は当麻とも記される。は公のち真人用明天皇の皇子である麻呂子皇子の孫で、当麻豊浜の子とする系図がある[1]冠位は直大壱。

壬申の乱の功臣で、天武持統文武の三代の天皇に仕えた。また、當麻寺奈良県葛城市)の開山に携わったと伝えられる。

経歴編集

天武天皇元年(672年)の壬申の乱における国見の行動は『日本書紀』に見えないが、持統朝において功臣として100戸の封戸を与えられており[2]、大海人皇子方で何らかの活躍をしたことが分かる。天武天皇13年(684年八色の姓が制定された際、当麻公姓を改め当麻真人姓を賜与された。

朱鳥元年(686年)天武天皇の葬儀に際して、直大参の位にあった当摩国見は左右兵衛の事を誅した[3]。これにより、天武朝で軍事に関わっていたことがわかる。持統天皇10年(696年)直広壱の冠位であった国見は東宮大傅に任じられたが、下僚として路跡見春宮大夫巨勢粟持春宮亮に任じられている。東宮大傅は皇太子の教育職で、この場合、軽皇子(後の文武天皇)のための人事である。翌文武天皇元年(697年)8月の軽皇子が即位した際に[4]、国見の東宮大傅の任も解かれたと思われる。

文武天皇3年(699年衣縫王・当麻国見・土師根麻呂田中法麻呂が、判官4人・主典2人・大工2人を引きつれ、越智山陵を修造するために派遣された。国見の位はこのとき直大壱であった。その後の活動は見えない。

官歴編集

脚注編集

  1. ^ 鈴木真年『百家系図稿』巻9,登美真人
  2. ^ 続日本紀』大宝元年7月21日条
  3. ^ 『日本書紀』朱鳥元年9月27日条
  4. ^ 『続日本紀』文武天皇元年8月1日条

参考文献編集