メインメニューを開く

怪力アント(Atom Ant)は、アメリカ合衆国テレビアニメハンナ・バーベラ・プロダクション制作。1965年10月2日から1966年11月26日までNBCで放送。 日本では1966年3月8日 - 7月19日NETテレビ(現・テレビ朝日)で火曜19時30分に本放送され、1967年1月8日 - 4月2日には日曜18時30分にも再放送された。後に、東京12チャンネル(現・テレビ東京)の『まんがキッドボックス』や『マンガのくに』でも再放送された。

CSでは過去にカートゥーン・ネットワークで放送されたことがある。

概要編集

キャッチフレーズは『原子の力、怪力アントだ!(Up and at 'em, Atom Ant!)』であり、原題のタイトル『Atom Ant』は、日本語で『アトム・アント』である。

放送形式編集

日本では本作を中心に、『パップちゃんとスイートおばさん』、じゃじゃ熊一家(原題 - The Hillbilly Bears)とセットで放送された[1]

登場人物編集

怪力アント
- 高橋和枝(吹替)、ハワード・モーリス→ドン・メシック(オリジナル)
本作の主人公。原子の力で空を飛ぶヒーロー。姿はヘルメットを被った蟻の子供[1]

放送局編集

再放送用主題歌編集

『鉄腕アント』
作詞:酒井喜一郎 / 作曲:橋場清 / 歌:大場ゆかり、大場るみ子
両名は、次番組『秘密探偵クルクル』の主題歌も歌った。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 朝日新聞』1966年3月8日付朝刊テレビ欄、
  2. ^ 河北新報』1966年3月20日付朝刊、テレビ欄。
  3. ^ 福島民報』1966年3月20日 - 7月31日付朝刊、テレビ欄。
  4. ^ 『福島民報』1966年4月24日 - 9月4日付朝刊、テレビ欄。

関連項目編集

  • 鉄腕アトム 1963年にフジテレビで放送された日本のアニメ作品、アメリカではアストロ・ボーイ(Astro Boy)のタイトルで放送された。

外部リンク編集


NET 火曜19時台後半枠
前番組 番組名 次番組
怪力アント

パップちゃんとスイートおばさん

じゃじゃ熊一家
(1966年3月8日~7月19日)
【当番組よりアニメ枠
NET 日曜18時台後半枠
怪力アント(再)
(1967年1月8日~4月2日)
揚子江をさかのぼる
※18:25 - 18:55
スポーツ芸能ニュース
※月 - 日18:55 - 19:00
【日曜のみ30分繰り下げ】