メインメニューを開く

恋人は何処に[1](原題: Where Is the Love)は、ロバータ・フラックダニー・ハサウェイが連名で1972年に発表した楽曲。

恋人は何処に
ロバータ・フラック & ダニー・ハサウェイシングル
初出アルバム『ロバータ・フラック&ダニー・ハサウェイ
B面 ムード
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル ソウル
時間
レーベル アトランティック・レコード
作詞・作曲 ラルフ・マクドナルド、ウィリアム・ソルター
プロデュース ジョエル・ドーンアリフ・マーディン
チャート最高順位
ミュージックビデオ
「Where Is the Love」 - YouTube
テンプレートを表示

概要編集

作詞作曲は、パーカッショニストのラルフ・マクドナルドとベーシストのウィリアム・ソルター。フィフス・ディメンションに提供するために書かれた曲だったが、マクドナルドがアルバム『ロバータ・フラック&ダニー・ハサウェイ』のレコーディングに参加した際に二人から曲の提供を求められ、フラックとハサウェイが歌うこととなった[2]。管弦楽器の編曲はプロデューサーのアリフ・マーディンが務めた[3]

1972年5月6日発売の前述のアルバムに収録される。同年6月にシングルカットされ、ビルボード・Hot 100で5位、R&Bチャートで1位、イージーリスニングチャートで1位を記録するなど大ヒットとなった。1972年の年間チャートで58位を記録し、第15回グラミー賞(1973年)の最優秀ポップ・ボーカル・パフォーマンス・デュオ/グループ賞を受賞した。

演奏者編集

カバー・バージョン編集

脚注編集


先代:
ルーサー・イングラム
「イフ・ラヴィング・ユー・イズ・ロング」
Best Selling Soul Singles ナンバーワンシングル
1972年8月5日(1週)
次代:
アル・グリーン
アイム・スティル・イン・ラヴ・ウィズ・ユー
先代:
ニール・ダイアモンド
「ソング・サング・ブルー」
Easy Listening ナンバーワンシングル
1972年7月22日(1週)
次代:
ギルバート・オサリバン
アローン・アゲイン