メインメニューを開く

アローン・アゲイン」(Alone Again (Naturally)) は、イギリスアイルランド系シンガーソングライターであるギルバート・オサリバンの楽曲。邦題については原題に準じ、「アローン・アゲイン(ナチュラリー)」と表記される場合もある[1]

アローン・アゲイン
ギルバート・オサリバンシングル
初出アルバム『Himself featuring Alone Again (Naturally) (アメリカ)
Back To Front(邦題:アローン・アゲイン)(日本)
Greatest Hits(1976年)(イギリス)』
A面 アローン・アゲイン
B面 セイヴ・イット
リリース
規格 7"
録音 1971年
ジャンル ポップ
レーベル MAMレコード
キティ・レコード
ビクターエンタテインメント
作詞・作曲 ギルバート・オサリバン
プロデュース ギルバート・オサリバン
ギルバート・オサリバン シングル 年表
さよならがいえない
(1971年)
アローン・アゲイン
(1972年)
結婚の歌
(1972年)
テンプレートを表示

概要編集

1972年にリリースされると、アメリカ合衆国Billboard Hot 100シングルチャートイージー・リスニング・チャートで計6週1位を獲得した[2]。また、ケイシー・ケイサムのチャート番組『American Top 40』が集計した1970年代のベスト50曲では5位(デビー・ブーンの「恋するデビー」が1位)となった。イギリスでは、全英シングルチャートで3位を獲得した[3]。日本ではオリコン洋楽シングルチャートで1972年10月23日付から5週連続1位を獲得した[4]

この曲は内省的なバラッドであり、歌手が祭壇に取り残された後で彼の自殺の企てを語ることから始まり、その後、彼の両親の死について語る。オサリバンは「僕は父(オサリバンが11歳の時に死去した)をよく知らないし、それに父は母を虐待したので、この曲は自叙伝ではない」と発言している[5]

マネージャーのゴードン・ミルズが設立したMAMレーベルより、英デッカ配給でシングルとしてリリースされるが、アメリカでは「Himself featuring Along Again (Naturally)」として、イギリスで先にリリースされていたアルバム「ヒムセルフ(発売当時の邦題:ギルバート・オサリヴァンの肖像)」Himself[6]の収録曲2曲をこの曲ともう一曲の英国盤アルバム未収録シングルに差し替え、ジャケットを変えてリリース。その後、1976年の『Greatest Hits』でイギリスにおいて初めてアルバム収録された。CD時代となってからは『The Berry Vest of Gilbert O'Sullivan』(2004年)になどに収録されている。なお、ビッグ・ジム・サリヴァンがこの曲のオリジナルの録音版でギターを弾いている。

著作権事件編集

ラッパーのビズ・マーキーは1991年8月発売のアルバム「I Need a Haircut英語版」に収録されたトラック「アローン・アゲイン」において、オサリバンの音源をサンプリングで使用したが、その使用許可を得なかったとして同年に著作権を所有するグランド・アップライト・ミュージックがマーキーとワーナー・ブラザーズ・レコード等に対して訴訟を起こし、原告が勝訴した[7]。印税支払いでの解決を望まぬ原告の要求どおりアルバムは回収され[8]、のちに別レーベルから「アローン・アゲイン」を除いて再発された。これ以降、ヒップホップ界でそれまで横行していた無断でサンプリングする行為に歯止めがかかることとなった[9]

収録曲編集

オリジナル盤編集

  1. Side A アローン・アゲイン
  2. Side B セイヴ・イットSave It

日本再発盤編集

  • テレビアニメ及び1986年の実写映画『めぞん一刻』のテーマソングに起用された際、キティ・レコードより再発売された。その当時はレコードで発売されたが、8㎝CDシングルとしても発売された。
  1. Side A アローン・アゲイン
  2. Side B ゲット・ダウンGet Down

主なカバー編集

海外
日本

タイアップ編集

海外
日本

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ギルバート・オサリヴァン/アローン・アゲイン”. 国立国会図書館. 2019年2月21日閲覧。 - アルバムのタイトルは『アローン・アゲイン』であるが、冒頭の収録曲名は「アローン・アゲイン (ナチュラリー)」である。
  2. ^ Whitburn, Joel (2002年). Top Adult Contemporary: 1961-2001. Record Research. p. 187. 
  3. ^ Roberts, David (2006年). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 411. ISBN 1-904994-10-5. 
  4. ^ コンピレーション・アルバム『ナンバーワン70s ORICON ヒッツ』の裏ジャケットナンバーワン 70s 80s 90s オリコン・ヒッツも参照。
  5. ^ "Alone Again (Naturally)"
  6. ^ このシングルのジャケットはこのアルバムと同様のイラストを使用
  7. ^ サンプリングと著作権 ─裁判例1─ ~アメリカにおけるミュージック・サンプリング事件とは?Web担 2018年4月19日 原文 安藤和宏著『よくわかる音楽著作権ビジネス 実践編』1998年
  8. ^ ナンバーワン・キャラ、Biz Markie大復活!HMV 2003年10月1日
  9. ^ サンプリングを語る by RHYTHMERBLOOMINT MUSIC 2014年2月22日
  10. ^ Love, Life, and Feelings track list
  11. ^
  12. ^ 一部歌詞が変更された。
  13. ^ アニメ版での起用は、諸般の事情によってその後引き続き起用することはなかった。

関連項目編集

先代:
ビル・ウィザース
リーン・オン・ミー
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1972年7月29日(4週)
1972年11月2日(2週)
次代:
ルッキング・グラス
「ブランディー」
先代:
ロバータ・フラックダニー・ハサウェイ
恋人は何処に
Easy Listening ナンバーワンシングル
1972年7月29日 - 9月2日(6週)
次代:
ブレッド
「ギター・マン」
テレビアニメめぞん一刻オープニングテーマ
1986年9月3日(第24回)
前作:
斉藤由貴
悲しみよこんにちは
ギルバート・オサリバン
アローン・アゲイン
次作:
斉藤由貴
『悲しみよこんにちは』