メインメニューを開く

ギルバート・オサリバン[1]Gilbert O'Sullivan1946年12月1日 - )は、アイルランド出身の歌手シンガーソングライター。本名:レイモンド・エドワード・オサリバン (Raymond Edward O'sullivan) 。芸名は劇作家ウィリアム・S・ギルバートと作曲家アーサー・サリヴァンをもじったもの。代表曲に「アローン・アゲイン」(Alone Again - Naturally)や「クレア」(Clair)などがある。出身はアイルランドだが育ったのはイギリスである。

ギルバート・オサリバン
Gilbert O'Sullivan
Gilbert O Sullivan.jpg
ギルバート・オサリバン(2009年、テルアビブのコンサートにて)
基本情報
出生名 Raymond Edward O'Sullivan
生誕 (1946-12-01) 1946年12月1日(72歳)
アイルランドの旗 アイルランド ウォーターフォード
出身地 イングランドの旗 イングランド スウィンドン
ジャンル フォーク・ソング、フォーク・ロック、ポップスソフトロック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル、ピアノ、キーボード
活動期間 1967年 - 現在
公式サイト 公式サイト

目次

経歴編集

大学在学中にバンド活動を始めた彼は、1960年代中盤に自らが作詞・作曲を手がけたオリジナル作品のデモテープをあらゆる音楽出版社に売り込む。そして1967年CBSより、シングル『Disappear』でデビューする。2年後の1969年、彼はトム・ジョーンズなどのマネージャーとして知られるゴードン・ミルズ英語版の主宰するMAMレコードと新たに契約。そして翌1970年、シングル「ナッシング・ライムド」 (Nothing Rhymed) をリリース。この曲は全英シングルチャートで最高8位まで上昇するヒットになる。またこの曲が収録されたアルバム『ヒムセルフ~ギルバート・オサリバンの肖像』 (Himself) は全英チャートで最高5位をマーク、86週にわたってランクインするロングセラーとなり、一躍彼はスターダムにのし上がる。1972年には、シングル「アローン・アゲイン」 [2](Alone Again - Naturally) が世界的に大ヒット。同年グラミー賞にノミネートされた。とりわけアメリカではビルボードで6週連続1位、72年のビルボード年間シングル・チャートでは1位を記録するほどの大成功を収めた。同時期に発売されたアルバム『バック・トゥ・フロント』も全英でNo1を獲得。その後彼は「ゲット・ダウン」 [3](Get Down)や「クレア」、「ウー・ベイビー」 「ハピネス」などをはじめ、欧米と日本を中心に1970年代前半に、次々とヒットを連発した。75年以後ヒットから遠ざかったが、81年には「そよ風にキッス」が日本独自ヒットになった。

プロデューサーであったゴードン・ミルズとは家族ぐるみの親交があった[4]が、その後、音楽的な方向性や、さらにロイヤルティーの分配などをめぐって関係が悪化していき、ミルズとの間に決定的な亀裂が生じてしまった。最終的にはオサリバンがミルズを相手取って訴訟を起こす事態にまで発展してしまう。裁判自体は1984年にオサリバン側の勝訴という結果となった[5][6]が、数年にわたる裁判のために音楽活動は停滞。人気にも翳りが見えはじめ、またオサリバン自身も半ば人間不信に陥ってしまったため、1985年あたりからはチャンネル諸島のジャージー島という人里離れた島で静かに暮らしながらもマイペースに音楽は作り続けていた。総じて1980年代は音楽業界から長らく遠ざかっていたが1990年代からは音楽シーンに復帰を果たし、自らの半生をモチーフとしたミュージカルのスコアを書くなどの創作活動を続けている。

日本にもオサリバンのファンは存在する。また来生たかお久保田利伸らとは曲をデュエットもしている[7]。彼自身日本には思い入れが強いようで、日本のアーティストたちとのコラボレーションや数年間隔で来日ツアーを行うなど、彼の仕事は日本がらみのものが多い。1993年発表の唯一のライブ盤およびLDや2005年発売の初のライブDVDも、日本で記録されたものである。テレビ・ドラマ、映画などに楽曲が使用されることも多く、その都度その時点の契約レコード会社から新しいベスト盤が発売されている(原盤権は彼の会社が管理している)ため、コンピレーションの類は日本国内のみで発売されたものを含め種類が多い。

エピソード編集

専門的な音楽教育を受けていないために楽譜が読めず、作曲やピアノ演奏は独学である[8]。故に、基本を無視した打楽器的なタッチが特徴である。

ディスコグラフィ&フィルモグラフィ編集

シングル編集

オリジナル・アルバム編集

  • ヒムセルフ(ギルバート・オサリヴァンの肖像) - Himself (1971年)
  • バック・トゥ・フロント - Back to front (1972年)[9]
  • アイム・ア・ライター・ノット・ア・ファイター(1本のペンがあれば) - I'm A Writer Not A Fighter (1973年)
  • ストレンジャー・イン・マイ・オウン・バックヤード(彷徨とぬくもりと) - A Stranger in My Own Back Yard (1974年)
  • サウスポー - Southpaw (1977年)
  • オフ・センター(プライベート・タイムズ) - Off Centre (1980年)
  • ライフ・アンド・ライムズ - Life & Rhymes (1982年)
  • リトル・アルバム - The Little Album (別名:By Larry 1985年制作・1994年発表)
  • イン・ザ・キー・オブ・G(Frobisher Drive 改題、1987年制作・1990年発表) - In The Key Of G (1990年)
  • あの日の僕をさがして - Sounds Of The Loop (1991年)
  • エヴリ・ソング・ハズ・イッツ・プレイ - Every Song Has It's Play (1995年)
  • シンガー・ソーイング・マシーン - Singer Sowing Machine (1997年)
  • アイルリッシュ - Irlish (2000年)
  • ピアノ・フォアプレイ - Piano Foreplay (2003年)
  • スクラフ・アット・ハート - A Scruff At Heart (2006年)
  • ギルバートヴィル - Gilbertville (2011年)
  • ラテン・アラ・G - 'Latin Ala G! (2015年)

ライブアルバムおよびベストアルバム編集

  • グレイテスト・ヒッツ - Greatest Hits (1976年)
  • アローン・アゲイン - Alone Again (1986年)
  • アナザー・サイド - Another Side (1988年)
  • Original Collection (6枚組ボックスセットのコンピレーションアルバム、1990年)
  • Tomorrow, Today ギルバート・オサリバン・ベスト・オブ・ベスト - Tomorrow Today;Best Of Best (1992年)
  • ライヴ・イン・ジャパン - Tomorrow Today;Live in Japan '93 (ライブアルバム、1993年)
  • アローン・アゲイン〜ギルバート・オサリヴァン・スーパー・ベスト - Alone Again; Gilbert O'Sullivan Super Best (1995年)
  • グレイテスト・ヒッツ - Greatest Hits (1998年)
  • ラヴ・ソングス - Love Songs (1998年)
  • ベスト・オブ・ギルバート・オサリバン - The Best Of (2001年)
  • TWIN BEST - Twin Best (2002年)
  • Caricature : The Box (3枚組のコンピレーションアルバム、2004年)
  • ジ・アザー・サイド・オブ・ギルバート・オサリバン - The Other Sides Of (2004年)
  • ベスト・ヒッツ&レアリティーズ - Best Hits And Rarities (2004年)

DVD編集

  • ワールドプレミアム アーティストシリーズ 100’s/ギルバート・オサリバン - Live at duo MUSIC EXCHANGE (2005年)

ギルバート・オサリバンに影響を受けた人物編集

脚注/注釈編集

  1. ^ ギルバート・オサリヴァンと表記することがある。
  2. ^ http://www.allmusic.com/album/alone-again-mw0002147209
  3. ^ http://www.songfacts.com/detail.php?id=22472
  4. ^ 代表曲のひとつ「クレア」はミルズの末娘の名前である。
  5. ^ http://www.songfacts.com/detail.php?id=8687
  6. ^ その後ミルズは1986年に51歳で死去している。
  7. ^ 来生たかおとは、共作も実現。
  8. ^ ギルバートオサリバン菊田早苗日記 2013年3月19日
  9. ^ 日本盤は、当初「クレア」が「アローン・アゲイン」に差し替えられ、邦題も『アローン・アゲイン』だった。
  10. ^ ギルバートオサリバンLIVE菊田早苗日記 2017年4月18日

関連項目編集

外部リンク編集