メインメニューを開く

愛しのヘレン」(原題: Helen Wheels)は、1973年ポール・マッカートニー&ウイングス(Paul McCartney & Wings)が発表した楽曲。及び同曲を収録したシングル。

愛しのヘレン
ポール・マッカートニー&ウイングスシングル
B面 カントリー・ドリーマー
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル アップル・レコード
作詞・作曲 ポール・マッカートニー
リンダ・マッカートニー
プロデュース ポール・マッカートニー
チャート最高順位
  • 12位(イギリス)
  • 10位(アメリカ)
ポール・マッカートニー&ウイングス シングル 年表
007 死ぬのは奴らだ
(1973年)
愛しのヘレン
(1973年)
ミセス・ヴァンデビルト
(1974年)
テンプレートを表示

解説編集

ウイングス6枚目のシングルとして1973年10月26日に発売された。イギリスで12位、アメリカで10位を記録。

アルバム『バンド・オン・ザ・ラン』のために行われたラゴスでのレコーディング・セッションで制作され、同アルバムのアメリカ盤に収録された。本国イギリスではオリジナル・アルバム未収録だったが、1993年、「ポール・マッカートニー・コレクションシリーズ」の一環として発売された『バンド・オン・ザ・ラン』の再発CDにボーナス・トラックとして収録された。ベスト・アルバム『夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜』にも収録。B面に収録された「カントリー・ドリーマー」は、当初、2枚組の予定だった『レッド・ローズ・スピードウェイ』に収録されるはずだったが、結果的に、同シングルのB面曲として収録された。

タイトルの「ヘレン」とは、ポールが自分の自動車に付けた名前のことで、スコットランドにある自分の農場からロンドンへ戻る旅路を歌詞にしている[1]

「カントリー・ドリーマー」は、日本の男女混成5人組ユニットであるブラウン・ライスのデビュー・シングル(同年12月1日発売)にもなっている。同シングルには、阿久悠による日本語詞のヴァージョンと、英語ヴァージョンの両方を収録。当該曲に関して、当時は“日本のバンドのための書き下ろし”と発表されていたが、実際にはポール・マッカートニー&ウイングスによるヴァージョンの方が先に発売されているため、カバーという解釈も可能である。

収録曲編集

脚注編集

  1. ^ 『夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜』日本盤CD(TOCP-65746-47)ライナーノーツ(藤本国彦、2001年)