メインメニューを開く

愛を頑張って」(あいをがんばって)は、日本の歌手・和田アキ子と男性グループ・BOYS AND MEN研究生のコラボレーション「和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生」の楽曲。シングル2018年5月23日テイチクエンタテインメントのレーベル・ユニオンレコードからリリースされた。

愛を頑張って
和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生シングル
B面 「アイノテヲ」
「GYA WOW☆」
リリース
規格 CDシングル音楽配信
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニオンレコード/テイチクエンタテインメント
作詞・作曲 作詞: 山田ひろし
作曲: 山口高始
ゴールドディスク
ゴールド(日本レコード協会[1]
チャート最高順位
和田アキ子 年表
「All Right!!!」
(2016年)
愛を頑張って
(2018年)
BOYS AND MEN研究生 年表
「ゴリゴリ☆サバンナロード」
(2017年)
愛を頑張って
(2018年)
がけっぷち純情
(2018年)
テンプレートを表示

「愛を頑張って」は、和田アキ子のデビュー50周年記念企画の一環として発表されたシングルである。和田は前作「All Right!!!」が86作目のシングルであるが[2]、ディスコグラフィにカウントされていない別名義のものやコラボレーションによるものがあり、それらを含めれば今作は93作目のシングルになる。このシングルはオリコン2位を記録し、和田は46年ぶりに自己最高順位を更新した。BOYS AND MEN研究生にとっては9作目のシングルであり、初のメジャーシングルである。

背景編集

「最大年齢差・半世紀」をうたうこのコラボレーションは、和田アキ子の楽曲「古い日記」をBOYS AND MEN研究生がカバーしたことをきっかけに成立した。今作に関する情報は、まずBOYS AND MEN研究生側が2018年1月に「『○○ with BOYS AND MEN研究生』としてメジャーCDをリリースする」ということを発表し、2月22日に和田アキ子とBOYS AND MEN研究生のコラボレーションであることが明かされた、という経緯で発表された[3][4]

BOYS AND MEN研究生は、2017年12月9日に8thシングル「ゴリゴリ☆サバンナロード」をリリースし、そのカップリングに「古い日記」を収録する。この前日、BOYS AND MEN研究生の所属事務所の社長であり、その兄弟グループ・BOYS AND MENのプロデューサーである谷口誠治は、和田の招待を受けてメンバーとともに愛知県一宮市で開催されたコンサートを鑑賞し、和田にこのCDを渡した[5]。和田はこれに「40数年前の楽曲が現代サウンドとしっかり絡み合いとても面白い」・「いい曲は継承されなきゃいけないからうれしいね」と好反応を示し、谷口が和田にコラボレーションを打診した。10代のメンバーも在籍するボーイズ・グループとのコラボレーションにはじめは躊躇もしたが、「音楽に年齢も性別も関係ない」・「是非ともこういう若い世代の後押しをしたい」とこれを承諾し、この曲のリリースに至った[3][4][6]

和田アキ子のシングルのリリースは、2016年7月の「All Right!!!」から約2年を経ている。2018年10月にデビュー50周年を迎える和田は、この前年からコンサート・ツアー『AKIKO WADA 50th ANNIVERSARY THE LEGEND OF SOUL』開催、ベスト・アルバム『THE LEGEND OF SOUL -AKIKO WADA 50th ANNIVERSARY BEST ALBUM-』、カバー・アルバム『WADASOUL COVERS 〜Award Songs Collection』のリリース、様々な分野のクリエイターとのコラボレーションによるキャラクターグッズの製造など、さまざまなアニバーサリー企画を催していた[2][7][8]。今作「愛を頑張って」もこの50周年企画のひとつである。

BOYS AND MEN研究生は、2016年12月に6thシングル「ドドンコ Don't worry」で初のメジャー流通シングルをリリースした。これは所属事務所のインディーズレーベル・Fortune Recordsのシングルをテイチクエンタテインメントのレーベル・インペリアルレコードを通じて販売したものであり、メジャーデビューではない。2017年春に結成された選抜ユニット・祭nine.がインペリアルレコードからメジャーデビューとなったが、選抜外の中原聡太・北川せつら・米谷恭輔・三隅一輝・松岡拳紀介・佐藤匠の、13人組から6人組となったBOYS AND MEN研究生は引き続きインディーズでの活動を続けた。2017年には名古屋を拠点とするBOYS AND MENの全国拡大プロジェクトの一環として、名古屋(と既に存在していた東京版)以外の都市にBOYS AND MEN研究生の地方版グループを作るプロジェクトが始動した。このプロジェクトによって結成されたグループは「BOYS AND MENエリア別研究生」と総称され、(BOYS AND MENの弟分である)BOYS AND MEN研究生の弟分として活動する。今作についての最初の情報が公開された際に、このエリア別研究生のメンバーの中から、古川流唯(BOYS AND MEN研究生名古屋、今作参加者の最年少)・高垣博之(BOYS AND MEN研究生東京)・髙橋真佳把(BOYS AND MEN研究生関西)・吉田玲哉(BOYS AND MEN研究生福岡)の4名が「エリア選抜」として参加することが発表された[3]。BOYS AND MEN研究生6名とエリア選抜4名の計10名により、今作で初のメジャーシングルのリリースとなった。

後述するように、和田とBOYS AND MEN研究生はこの曲で特番を含む音楽番組に出演する機会を得た。2018年11月に、第60回日本レコード大賞において企画賞を受賞した。

制作、音楽性編集

作詞は山田ひろし、作曲と編曲はかりゆし58中ノ森文子などのサウンドプロデュースも手掛けたシンガーソングライターの山口高始[9]による。ともに和田アキ子の楽曲制作に携わったことのあるライターであり、山田ひろしは「愛のためだけに」(アルバム『リズムアンドブルースの女王。』、2006年)の作詞を、山口高始は前作「All Right!!!」の作曲・編曲を手掛けている。

和田はこの楽曲について、「老若男女、すべての方の背中を押せるような曲。私世代には懐かしいモータウンサウンドだし、若い人には新しいと思ってもらえるんじゃないかな。」と説明している[4]。BOYS AND MEN研究生は、「僕ら自身も『がんばるぞ!』っていう気持ちが芽生えたというか… めちゃめちゃ熱い応援ソングとなってます(北川せつら)」、「子供から大人まで老若男女問わず楽しんで頂ける楽曲です。全ての頑張っている人に向けての応援歌にもなっています。(米谷恭輔)」といったコメントをしている[4][10]

リリース、プロモーション編集

CDシングルは、TYPE-A, B, C, Dの4種類でリリースされた。TYPE-Aはカップリングに「愛を頑張って」の和田アキ子によるバージョンとBOYS AND MEN研究生によるバージョンが収録され、ミュージック・ビデオとそのメイキング映像を収録したDVDが付属する。TYPE-B, Cのカップリングに和田アキ子 with BOYS AND MEN研究生の楽曲「アイノテヲ」、TYPE-B, DのカップリングにBOYS AND MEN研究生の楽曲「GYA WOW☆」が収録されている。「GYA WOW☆」はBOYS AND MEN研究生の音楽プロデューサーであるYUMIKOのプロデュース・作詞による曲であり、作曲の小久保祐希・横野康平、「アイノテヲ」作詞作曲のno_myらもBOYS AND MEN研究生や祭nine.への楽曲提供があったライターである。

CDリリースにさきがけて、5月9日に「Digital Limited Pack」と称する配信シングルを主要な音楽配信サイトからの配信でリリースした[11]。これには、CDに収録されていないBOYS AND MEN研究生による「アイノテヲ -BOYS AND MEN研究生 ver.-」が含まれる。

ミュージック・ビデオ

「愛を頑張って」のミュージック・ビデオは、架空の寺「アッコ寺」を舞台に、BOYS AND MEN研究生が和田アキ子の喝を受けながら修行して成長していく姿を描いたストーリーと、バックバンドを従えてパフォーマンスをする歌唱シーンによって構成される[10]。BOYS AND MEN研究生の振り付けはラッキィ池田が担当した[12]

プロモーション

リリースイベント初日となる2月24日は札幌・東京・名古屋・大阪・福岡の5か所での同時開催イベントをおこない[13]、ここからリリース週までの3か月間、エリア選抜4名以外のエリア別研究生メンバーも含むBOYS AND MEN研究生のみによる連日にわたる数多くのイベントをおこなった。5月のリリースに向けて、3月にニコニコ生放送において期間限定のレギュラー番組『BMK研究所』の配信を開始した[14]。メディアでは、CBCラジオのパワープレイ「いっしょに歌お!CBCラジオ 5月のうた」、MBSテレビ『+ music』5月度のエンディングテーマに起用されている[15][16]

和田アキ子はBOYS AND MEN研究生とともにラジオ番組出演でのプロモーション活動をおこない[6][17]、5月27日に神奈川県川崎市ラゾーナ川崎プラザで開催したリリースイベントに出演した。和田が商業施設で歌唱をするのはこれが初めてのことであり、さらに自身初の「ハイタッチ会」をおこなった[18][19]

ライブ・パフォーマンス編集

前述の5月27日のリリースイベント出演のほか、6月2日に横須賀芸術劇場で開催された和田のコンサート・ツアーの横須賀公演にBOYS AND MEN研究生がゲスト出演して「愛を頑張って」を披露した。和田のコンサートに他のグループが出演したのはこれが初めてのことである[20]

5月26日(25日深夜)放送の『バズリズム02』(日本テレビ)に出演し、スタジオライブを披露[21]。6月5日に『うたコン』(NHK)に出演した。和田はこれが『うたコン』初出演であり[22]、BOYS AND MEN研究生は初めての生放送の音楽番組出演となった[23]。7月に音楽特番『音楽の日』(TBS)と『2018 FNSうたの夏まつり』(フジテレビ)に出演してこの曲を披露した。

チャート成績編集

オリコンチャートでは、デイリーランキングで初登場2位[24]、6月4日付けの週間ランキングにおいても2位にランクインした。和田アキ子は1971年に「天使になれない」で記録した8位を更新し、自己最高順位を獲得する[25]。和田は2005年にm-floのコラボレーション・シングル「Loop In My Heart/HEY!」が9位にランクインしているが、自身の作品としては「夜明けの夢」(1971年)以来46年4か月ぶり、3作目のトップ10入りとなり、北島三郎が持っていたシングルトップ10入りインターバル記録の40年4か月を更新した[26]。BOYS AND MEN研究生は、初のチャートイン作品「ドドンコ Don't worry」の3位を上回る週間順位を記録した。2018年の年間ランキングにおいて63位にランクインした[27]

ビルボード・ジャパンでは、週間セールス・チャートTop Singles Sales、6月4日付けの総合チャートBillboard Japan Hot 100において2位にランクインした[28][29]。ビルボード・ジャパンは、この曲が上位に食い込んだことは「あきらかにBOYS AND MEN研究生の効果だろう」という見解を発表している[30]。年間チャートでは、Top Singles Salesにおいて64位にランクインした[31]

収録トラック編集

CDシングル編集

TYPE-A
  1. 「愛を頑張って」(和田アキ子 with BOYS AND MEN研究生、作詞: 山田ひろし、作曲・編曲: 山口高始) – 3:48[32]
  2. 「愛を頑張って -和田アキ子 ver.-」(和田アキ子)
  3. 「愛を頑張って -BOYS AND MEN研究生 ver.-」(BOYS AND MEN研究生)
  4. 「愛を頑張って -instrumental-」
DVD
  • 「愛を頑張って (Music Video)」
  • 「愛を頑張って (メイキング映像)」
TYPE-B
  1. 「愛を頑張って」
  2. 「アイノテヲ」(和田アキ子 with BOYS AND MEN研究生、作詞・作曲: no_my、編曲: REO) – 4:01[32]
  3. 「GYA WOW☆」(BOYS AND MEN研究生、作詞: YUMIKO、作曲: 小久保祐希・横野康平、編曲: 中土智博) – 4:05[32]
Type-C
  1. 「愛を頑張って」
  2. 「アイノテヲ」
TYPE-D
  1. 「愛を頑張って」
  2. 「GYA WOW☆」

配信シングル編集

  1. 「愛を頑張って」
  2. 「アイノテヲ」
  3. 「GYA WOW☆」
  4. 「愛を頑張って -和田アキ子 ver.-」
  5. 「愛を頑張って -BOYS AND MEN研究生 ver.-」
  6. 「アイノテヲ -BOYS AND MEN研究生 ver.-」(BOYS AND MEN研究生)
  7. 「愛を頑張って -instrumental-」
  8. 「アイノテヲ -instrumental-」
  9. 「GYA WOW☆ -instrumental-」

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ゴールドディスク認定:2018年5月”. 一般社団法人 日本レコード協会. 2018年6月21日閲覧。
  2. ^ a b 和田アキ子、50周年記念日にベストALを携え全国ツアースタート&サブスク解禁も”. billboard JAPAN (2017年10月24日). 2018年5月28日閲覧。
  3. ^ a b c ボイメン研究生+エリア選抜で今春メジャーCD発売決定&ライブ公演のお知らせ”. BOYS AND MEN研究生 公式サイト (2018年1月24日). 2018年5月28日閲覧。
  4. ^ a b c d 和田アキ子、ボイメン研究生とコラボシングル発表!ジャケ撮影で10人の“ビッグママ”に”. 音楽ナタリー (2018年2月22日). 2018年5月28日閲覧。
  5. ^ 谷口誠治 (2017年12月8日). “和田アキ子50周年コンサート 昨日一宮市民会館ホールにて開催 アッコさんにご招待頂き研究生と共に鑑賞させて頂きました… (以下略)”. Twitter. 2018年5月28日閲覧。
  6. ^ a b オンエアレポート:和田アキ子さん、BOYS AND MEN研究生・米谷恭輔さん、松岡拳紀介さん”. よんぱち48 hours. TOKYO FM (2018年5月25日). 2018年5月28日閲覧。
  7. ^ 和田アキ子、グラミー受賞曲集めたカバーAL発売”. BARKS (2017年11月10日). 2018年5月28日閲覧。
  8. ^ 和田アキ子、デビュー50周年記念で“アイドルアニメ風”グッズに!逸品グッズサービス「宝祭堂」新商品”. music.jpニュース (2018年3月27日). 2018年5月28日閲覧。
  9. ^ Biography”. 山口 高始 official website. 2018年5月28日閲覧。
  10. ^ a b 和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生、新シングル『愛を頑張って』よりMV&ジャケ写公開”. リアルサウンド (2018年4月27日). 2018年5月28日閲覧。
  11. ^ 愛を頑張って Digital Limited Pack配信スタート!”. BOYS AND MEN研究生 公式サイト (2018年5月9日). 2018年5月28日閲覧。
  12. ^ 和田アキ子、アッコ寺で修行するボイメン研究生に喝”. 音楽ナタリー (2018年4月27日). 2018年5月28日閲覧。
  13. ^ ボイメン研究生、和田アキ子とのコラボ楽曲「愛を頑張って」を初披露!”. music.jpニュース (2018年3月6日). 2018年5月28日閲覧。
  14. ^ BMKニコ生レギュラー放送スタート!”. BOYS AND MEN研究生 公式サイト (2018年3月1日). 2018年5月28日閲覧。
  15. ^ いっしょに歌お!CBCラジオ 5月のうた”. RadiChubu. CBCラジオ (2018年5月1日). 2018年5月28日閲覧。
  16. ^ 『愛を頑張って』MBSテレビ「+music」5月度EDテーマとして放送中”. BOYS AND MEN研究生 公式サイト (2018年5月22日). 2018年5月28日閲覧。
  17. ^ 和田アキ子 AKO50th(公式) (2018年5月23日). “本日、50周年企画シングル『愛を頑張って』が発売になりましたー… (以下略)”. Twitter. 2018年5月28日閲覧。
  18. ^ 和田アキ子:ラゾーナ川崎初登場で観客大喜び ボイメン研究生に取材対応も伝授”. まんたんウェブ (2018年5月27日). 2018年5月28日閲覧。
  19. ^ 和田アキ子、ボイメン研究生とコラボ「違和感ない」”. 日刊スポーツ (2018年5月27日). 2018年5月28日閲覧。
  20. ^ BOYS AND MEN研究生オフィシャルブログ. 中原聡太; 三隅一輝; 佐藤匠の投稿. (2018年6月2日). 2018年6月21日閲覧。
  21. ^ メンバーの笑顔大好きV6「バズリズム02」でお前のココがカワイイぜ座談会2”. 音楽ナタリー (2018年5月24日). 2018年5月28日閲覧。
  22. ^ 小郷知子 (2018年6月11日). “和田アキ子さん、初登場!”. うたコン ブログ. NHK. 2018年6月21日閲覧。
  23. ^ 米谷恭輔 (2018年6月5日). “人生初!<米>”. BOYS AND MEN研究生オフィシャルブログ. 2018年6月21日閲覧。
  24. ^ オリコンデイリー シングルランキング 2018年5月22日付”. oricon ME. 2018年5月28日閲覧。
  25. ^ 和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生『愛を頑張って』がオリコン初登場2位に”. エキサイトミュージック (2018年5月30日). 2018年5月30日閲覧。
  26. ^ 和田アキ子、新曲が46年4カ月ぶりにトップ10入り インターバル記録を更新”. デイリースポーツ (2018年6月1日). 2018年6月1日閲覧。
  27. ^ オリコン年間 シングルランキング 2018年度 61〜70位”. oricon ME. 2019年6月12日閲覧。
  28. ^ 【ビルボード】King & Prince『シンデレラガール』が622,701枚を売り上げ大差でシングル・セールス首位”. Billboard JAPAN (2018年5月28日). 2018年5月28日閲覧。
  29. ^ Billboard Japan Hot 100 2018/06/04 付け”. Billboard JAPAN. 2018年5月30日閲覧。
  30. ^ ボーイズ・グループの時代がやってくる?! King & PrinceとBOYS AND MEN研究生”. Billboard JAPAN (2018年6月2日). 2018年11月20日閲覧。
  31. ^ Billboard Japan Top Singles Sales Year End:2018”. Charts. Billboard JAPAN. 2019年6月12日閲覧。
  32. ^ a b c 和田アキ子/愛を頑張って TYPE-A; TYPE-B; TYPE-C; TYPE-D. TOWER RECORDS ONLINE. 2018年5月28日閲覧。

外部リンク編集