メインメニューを開く

戸沢 政方(とざわ まさかた、1919年5月4日 - 2005年2月14日)は、日本政治家厚生官僚衆議院議員(4期)。

目次

経歴編集

1919年大正8年)、現在の神奈川県小田原市に生まれる[1]。小田原中学校(現:小田原高等学校)を経て、1944年昭和19年)、東京帝国大学法学部卒[1][2]。同年、内務省に入る[2]。翌年厚生省に転じる[1]1970年(昭和45年)保険局長[1]1972年(昭和47年)社会保険庁長官[1][2]1973年(昭和48年)厚生事務次官[1][2]。翌1974年(昭和49年)厚生省を退官。翌年、神奈川県知事選挙に立候補するが落選。1976年(昭和51年)から神奈川3区から立候補して4回当選した[1]1990年平成2年)の第39回衆議院議員総選挙で落選[1]2005年(平成17年)前立腺がんのため死去した。

この他、北里大学講師[2]全国国民健康保険組合協会会長[2]、財団法人児童健全育成推進財団会長を務めた。

選挙歴編集

栄典編集

元秘書編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』358頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』421頁。

参考文献編集

  • 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』(衆議院、1990年)
  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年