メインメニューを開く

戸田川鷲之助(とだがわ わしのすけ、本名:井桁 秀五郎、寛政4年(1792年) - 文政2年4月10日1819年5月3日))は江戸時代の相撲力士。上総国出身。最高位は西小結(1808年10月場所~1810年2月場所)。現役時代の体格は不明。

目次

来歴編集

上総国埴生郡出身。1808年文化5年)10月、松江藩のお抱え力士となり、数え年17歳(満16歳)で初土俵を踏むと、いきなり西小結に附け出しされる。これは、記録に残る三役昇進年齢としては、最年少である。しかし、これには養父であった相撲会所筆頭・錣山喜平治の意向が強くあったと伝わる[1]

その余りの特別待遇ぶりに仲間から妬まれたせいか成績は振るわず、僅か4場所で小結から前頭に陥落。また1815年文化12年)~1817年(文化14年)の間は、江戸を離れ大坂相撲に参加していた。部屋は2回(玉垣錣山)、四股名に至っては現役中に5回も変えている[2]。心労が祟って、1819年文政2年)4月10日、場所開催前に死去。享年28。ある意味、悲劇の力士と言える。

主な戦績編集

  • 通算成績:39勝67敗53休3分2預1無 勝率.368
  • 幕内成績:37勝59敗53休3分2預1無 勝率.385
  • 小結成績:6勝12敗21休1無 勝率.333
  • 現役在位:17場所
  • 幕内在位:16場所
  • 小結在位:4場所

改名歴編集

  • 戸田川 鷲之助(とだがわ わしのすけ)1808年10月場所-1813年2月場所
  • 戸田川 吉五郎(とだがわ きちごろう)1814年4月場所-1814年11月場所
  • 戸田川 秀五郎(とだがわ ひでごろう)1817年10月場所-1818年3月場所7日目
  • 錣山(しころやま)1818年3月場所8日目-千穐楽
  • 錣山 秀五郎(しころやま ひでごろう)1818年10月場所-1819年4月場所(没後だったが、番付上は全休扱いで記載)

脚注編集

  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/6/0011.htm 記録の限界(大相撲 記録の玉手箱)
  2. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/18081001.htm 相撲人名鑑(戸田川鷲之助)

関連項目編集

出典編集

外部リンク編集