戸田弥生

戸田 弥生(とだ やよい、1968年3月23日 - )は、福井県福井市生まれのヴァイオリニストである。

戸田 弥生
生誕 (1968-03-23) 1968年3月23日
出身地 日本の旗 日本福井県福井市
学歴 桐朋学園大学
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン
公式サイト ホームページ

目次

経歴編集

生い立ち編集

4歳からヴァイオリンを習い始める。地元福井市の六条小学校に通いながら、1979年、小学校6年生の時、第33回全日本学生音楽コンクール全国大会小学生の部で第1位を受賞した。中学校も福井市の足羽第一中学校に通ったが、1983年、単身で上京して堀米ゆず子宅に下宿しながら、桐朋女子高等学校音楽科に入学し、江藤俊哉に師事した。1985年、高校3年生の時、第54回日本音楽コンクールで第1位を受賞した。1986年、桐朋学園大学に進み、日本国際音楽コンクールで第3位を受賞した。1988年、第1回淡路島国際室内楽コンクールのプロ部門で第1位、モントリオール国際コンクールで第6位を受賞した。

欧米留学編集

1992年,アムステルダムスウェーリンク音楽院に留学し、ヘルマン・クレバースに師事した。1993年、エリザベート王妃国際音楽コンクールで第1位を受賞した。1994年、第4回出光音楽賞を受賞。1995年、オランダの作曲家トリスタン・コイリスからヴァイオリン協奏曲第2番を献呈され、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団と初演を行った。1996年,ジュリアード音楽院から「ディレイ・スカラーシップ」を得て、1年間同音楽院に留学し、ドロシー・ディレイに師事した。1997年,ニューヨークでリサイタルを開き、ニューヨークデビューを果たした。

留学後編集

ジュリアード留学後、日本とアムステルダムを拠点としながら、演奏活動を行う。1999年4月、ミラノにてアレクサンドル・ラビノヴィチのヴァイオリン協奏曲を初演、10月、日本フィルハーモニー交響楽団のオランダ・ツアーにソリストとして同行し、ブラームス二重協奏曲を共演、12月にはカーネギー・リサイタルホールにおいて、「Yayoi and friends」として室内楽を中心としたリサイタルを開催した。2000年、ハーグ・レジデンティー管弦楽団と共演し、オランダ、日本で演奏会を行った。また、このころ、小野グループから1694年製ストラディヴァリウス「スギチェリ」を貸与された。2001年以降、毎年ふくしま国際音楽祭に招かれ、リサイタルを行っている。また、同年、結成間もないマレイシア・フィルハーモニーに招かれ、ソリストとしてアジアツアー(マレイシア,日本,韓国)を行ったほか、ピアニストのフランク・ブラレイとリサイタルを行い、2002年にはピアニストのアブデル・ラーマン・エル=バシャとリサイタルを行った。

近況編集

2003年3月に長男を出産。2005年、エリザベート王妃国際音楽コンクール日本音楽コンクールにおいて、ヴァイオリン部門の審査員を務めた。同年、ストラディヴァリウスの貸与期間が満了を迎え、その後、上野製薬から1740年製ピエトロ・グァルネリの貸与を受けた。2005年12月に長女を出産し、2人の子に恵まれた。2006年から同志社女子大学音楽学部非常勤講師に就任する。

レコーディング編集

  • エリザベート・コンクールの戸田弥生(1993年)
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
スウェルツ:黄道十二宮~ヴァイオリンと管弦楽のためのエフェメリス(1992)
ヤナーチェク:ヴァイオリン・ソナタ
  • トリスタン・コイリス作品集(1996年)
コイリス:ヴァイオリン協奏曲第2番
  • エネスコ&バッハ(2000年、音楽の友社、ピアノ:斎藤雅広
エネスコ:ヴァイオリン・ソナタ第3番「ルーマニアの民俗様式で」
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番
ファリャ:7つのスペイン民謡曲集よりナナ
シチェドリン:アルベニス風に
  • バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ(全曲、2002年,音楽の友社)
  • イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ(全曲、2004年、エクストン)
  • 子供の夢(2006年、オクタヴィア、ピアノ:林達也)
ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女
フォーレ:子守歌
ラヴェル:
フォーレの名による子守歌
ハバネラの様式による小品
シベリウス:ロンディーノ
チャイコフスキー:感傷的なワルツ
マルチェッティ:魅惑のワルツ
クライスラー:ウィーン小行進曲
ブラームス:
ハンガリー舞曲第5番
調べのよう
シューマン:インテルメッツォ
ショパン:夜想曲第20番(遺作)
イザイ:
アンダンテ(遺作)
子供の夢
グラズノフ:瞑想曲
ラフマニノフ:ヴォカリーズ
チャップリン:スマイル

外部リンク編集

脚注編集