メインメニューを開く

才教学園小学校・中学校

才教学園小学校・中学校 (さいきょうがくえんしょうがっこう・ちゅうがっこう)は、長野県松本市村井町北二丁目にある私立小学校中学校。設置者は学校法人才教学園2012年(平成24年)5月1日現在の生徒数は小学校が20学級315名、中学校が8学級151名[1]。開校時に松本市が構造改革特別区域研究開発学校設置事業を申請し認可を受けた[2]

才教学園小学校・中学校
Saikyo-gaikan.jpg
国公私立 私立学校
設置者 学校法人才教学園
設立年月日 2005年
共学・別学 男女共学
小中一貫教育 併設型(施設一体型)
学期 3学期制
所在地 399-0035
長野県松本市村井町北二丁目14番47号
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

沿革編集

2005年、長野県初の私立小中一貫校として松本市内田に開校[2]。児童生徒数の増加に伴い、2007年松本市芳川村井町(当時)に移転。内田旧校舎は総合学習や課外活動の場として主に小学生が現在も使用している。

特色編集

「世のため人のために尽くす高い志を持った真のエリートを育てる」という学校使命のもと「志教育」を行っている。1クラス20人程度の少人数学級編成であり、小学3年以上は土曜日も半日授業を行っている。毎朝10分間の「先達に学ぶ発表会」は、ことわざ故事成語や偉人の生き方など過去の叡智を、日替わりに担当になった子どもが調べて発表する時間を設けプレゼンテーション力を養成しようとしている。また、偉人の生き方を知ることは高い志を抱くきっかけになると考えている。

小学校は教育課程特例校として小学1年から英語の科目があり、毎日25分間の授業を行っている。その授業はEveryday Englishと呼ばれ、1学年から4学年までの児童をレベルに応じたクラス編成で学ばせている[3]

中学校は文武両道を目指し部活動も活発である。卒業生の約3分の1が長野県松本深志高等学校に進学している[4]

校歌の作曲は香月修桐朋学園大学教授)、中学校の制服のデザインは小野塚秋良[5]

生徒数・職員数編集

  • 2015年3月 中学校生徒=141人、小学校児童=321人、小・中の職員58人[6]

中学学級数編集

  • 2014年度=1学年2クラス、2学年2クラス、3学年3クラス[6]

学校行事編集

「体育祭」(5月)、「さいきょう祭」(10月)、「プレゼンテーションコンテスト」(2月)を三大行事と呼ぶ[7][6]

  • 体育祭は、小中全校が赤・白の2組に分かれて戦う。タイヤを自陣まで引き合うタイヤ取りという種目がある[7]
  • さいきょう祭は、主にまつもと市民芸術館を借りてミュージカル合唱合奏などを行う。
  • プレゼンテーションコンテストは、パワーポイントや実演を交えて現地調査や研究したことを発表して競う。
  • 中学校1年生と小学校4年生、5年生が縦割りの班行動により1泊2日のキャンプ体験を行う[8]
  • 4月には、中学3年生が海外修学旅行を行う。1月には、中学1年生が、スキースノーボード教室を行う[6]

部活動編集

運動系ではサッカー部、バスケットボール部、卓球部、硬式テニス部がある。文化系では吹奏楽部[6]、合唱部、美術部、競技かるた部がある。吹奏楽部の前身に当たるフルート・アンサンブル部は平成20年度長野県吹奏楽コンクール(B編成)金賞を獲得した[9]。また、硬式テニス部女子は平成24年度全国中学生テニス選手権大会 長野県予選で準優勝し、北信越大会に進出した。

施設編集

  • 校舎:地上5階、地下1階(生徒利用禁止)。
  • 体育館:2017年より体育館が設置され、体育の授業や部活動で利用されている。
  • プール:松本中央スイミングスクールと契約し、スクールのプールに出掛けてインストラクターの指導を受けている。

交通・通学手段編集

多くの児童生徒が電車やスクールバスで通学する。スクールバスは松本市内4コース、塩尻、豊科、諏訪、平田駅巡回の8コース運行している。他に徒歩、自転車、保護者による車送迎で、中信地方の広範囲(主に松本市塩尻市安曇野市など)や諏訪地域諏訪市岡谷市など)から通学している[10]

入学試験編集

小学校1年次(定員60名)の募集以外に小学校2年次から中学校3年次生(各定員数名)の募集も行っている。小学校1年の入試はわんぱくテストと称し、国語・算数・知能の筆記試験と運動・創造性・日常生活の実技試験を行う。他学年は筆記試験と面接。それに加えて全ての学年で保護者面接を行っている。[1][11]

年長児向け小学準備講座編集

「わくわくプレスクール」と題し、4~10月(9月は休み)の全6回、最終土曜日10時~11時半に開講。かず、もじ、えいご を学ぶ。えんぴつの持ち方、授業を受ける姿勢、あいさつや返事の仕方も含まれる。各回先着75名の募集で、1クラス15名程度。1回のみの参加も可能。地域貢献の教育活動としているため、参加費用は無料。 4, 7, 10月は未就学児の保護者対象の「お母さんのための”教え方講座”」、5月は「学校説明会」が同時開催となっている。


教員免許法違反編集

2013年8月20日、開校以来、教育職員免許法違反行為を繰り返していたことがわかった。違反の内容は

  • 小学校の教員免許しか持たない教員が中学校で教える(認められていない)
  • 中学校の免許しか持たない教員が小学校の学級担任になる(同じ教科であれば小学校で教えることは可)
  • 中学校の教員が、免許を持たない科目を担当する(中学校の免許は教科ごとに分かれている)

などとされ、年度単位で延べ64人にのぼり、2013年度は11人が必要な教員免許を持たずに指導していた[12]

脚注編集

参考文献編集

  • 学校案内(平成22年度)

関連項目編集

外部リンク編集