敷島

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

敷島敷嶌(しきしま)は、崇神天皇である磯城瑞籬宮が置かれた地、磯城(しき)に由来する日本の古い国号のひとつ。敷島にちなんで命名されたものに以下のようなものがある。

その他の敷島

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 手巻き用「のぞみ」両切り「朝日」発売(昭和19年10月9日 朝日新聞『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p577 毎日コミュニケーションズ刊 1994年

関連項目編集