メインメニューを開く

斎藤 明(さいとう あきら、1950年- )は、日本の仏教学者東京大学名誉教授国際仏教学大学院大学教授、日本印度学仏教学会理事長。

目次

略歴編集

東京都生まれ。1976年東京大学文学部倫理学専修卒業、1979年同大学院人文科学研究科印度哲学修士課程修了。1981年-1984年、オーストラリア国立大学アジア研究学部博士課程留学。1984年東大博士課程単位取得退学、同大助手1985年「A study of the Buddhapālita-Mūlamadhyamaka」によりオーストラリア国立大学よりPh.Dを受ける。1988年三重大学人文学部助教授、1993年教授。2000年東大人文社会系研究科教授、2016年定年退任、名誉教授、国際仏教学大学院大学教授。

2008年日本印度学仏教学会理事長。

受賞歴編集

著作リスト編集

  • 『敦煌出土・シヤーンテイデーヴア作『異本・入菩薩行論』の研究』(文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書、1992年)
  • 『大乗仏教の起源と実態に関する総合的研究 - 最新の研究成果を踏まえて』(文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書、2007年)

共編著編集

  • 『『倶舎論』を中心とした五位七十五法の定義的用例集』(高橋晃一堀内俊郎松田訓典一色大悟岸清香との共編著、インド学仏教学叢書編集委員会、2011年)
  • 『大乗仏教とは何か シリーズ大乗仏教1』(桂紹隆下田正弘末木文美士との共編、高崎直道監修、春秋社、2012年)
  • 『大乗仏教の誕生 シリーズ大乗仏教2』(桂紹隆、下田正弘、末木文美士との共編、高崎直道監修、春秋社、2012年)
  • 『大乗仏教の実践 シリーズ大乗仏教3』(桂紹隆、下田正弘、末木文美士との共編、高崎直道監修、春秋社、2012年)
  • 『認識論と論理学 シリーズ大乗仏教9』(桂紹隆、下田正弘、末木文美士との共編、高崎直道監修、春秋社、2012年)

論文編集