中村元東方学術賞

中村元東方学術賞(なかむらはじめ とうほうがくじゅつしょう)は、東方学(東洋学)の優れた学術研究および文化活動に対して公益財団法人中村元東方研究所が授与する学術賞

インド哲学の大家である中村元を記念しており、インド学仏教学の中では権威のある賞とされる。

授賞式は、インド大使館と共催で行われ、そこを会場とする。

沿革編集

第1回は、昭和54年に「東方学術賞」の名称で行った。

平成11年の中村元の逝去後、しばらく途絶えていたが、3回忌にあたる平成13年より、「中村元東方学術賞」と名称を改め、毎年、表彰を行っている。追悼顕彰・特別顕彰・推進顕彰・文化賞・奨励賞がある場合もある。

これまでの受賞者編集

第1回 - 第10回編集

第1回(1979年9月5日):
第2回(1980年11月21日):
第3回(1981年1月21日):
第4回(1985年12月5日):
第5回(1989年10月19日):
第6回(1990年11月1日):
第7回(1991年11月18日):
第8回(1992年12月7日):
第9回(1993年11月18日):
第10回(1997年3月24日):

第11回 - 第20回編集

第11回(2001年10月10日):
第12回(2002年10月10日):
第13回(2003年10月10日):
第14回(2004年10月11日):
第15回(2005年10月10日):
第16回(2006年10月10日):
第17回(2007年10月10日):
第18回(2008年10月10日):
第19回(2009年10月10日):
第20回(2010年10月11日):

第21回 - 第30回編集

第21回(2011年10月10日):東京都千代田区インド大使館にて
第22回(2012年10月10日):島根県松江市にて
第23回(2013年10月10日):東京都千代田区インド大使館にて
第24回(2014年10月10日):東京都千代田区インド大使館にて
第25回(2015年10月10日):東京都千代田区インド大使館にて
第26回(2016年10月10日
第27回(2017年10月10日
第28回(2018年10月10日
第29回(2019年10月10日
第30回(2020年10月8日

第31回 - 第40回編集

第31回(2021年10月8日

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 原實教授略年譜・著作目録」『国際仏教学大学院大学紀要』第10号、2006年3月31日、 ISSN 1343-41282021年10月25日閲覧。
  2. ^ 越智淳仁(PDF) 『酒井真典先生を偲ぶ』35号、日本西蔵学会、M1989-03-31、30頁http://echo-lab.ddo.jp/Libraries/日本西蔵学会々報/日本西蔵学会々報%20%20(35)%20(19890331)/日本西蔵学会々報%20(35)%20004越智%20淳仁「酒井真典先生を偲ぶ」.pdf2021年10月25日閲覧 
  3. ^ 渡邊寶陽名誉教授に立正大学特別栄誉教授称号を授与”. www.ris.ac.jp. 立正大学. 2021年10月25日閲覧。
  4. ^ 下田正弘教授(インド哲学仏教学)「第31回中村元東方学術賞」を受賞”. www.l.u-tokyo.ac.jp. 東京大学文学部・大学院人文社会系研究科. 2021年10月25日閲覧。
  5. ^ [ニュース]中村元東方学術賞に、下田正弘・東京大大学院教授:中外日報」『中外日報社』。2021年10月25日閲覧。

外部リンク編集