メインメニューを開く

株式会社斗山(とさん・ドゥサン・トゥサン、Doosan)は、韓国重工業を中心とした企業グループである。日本語での読み方で正式名称は「とさん」である。

株式会社斗山
Doosan Corporation
Doosan logo.svg
種類 株式会社
市場情報 KRX: 000150・000155
本社所在地 大韓民国の旗 韓国
04563
ソウル市中区乙支路6街18-12斗山タワー29階
設立 1896年
法人番号 8700150004623
事業内容 重工業、電機電子、貿易、情報通信
代表者 朴廷原
従業員数 38,000[1]
外部リンク http://www.doosan.com/kr/main.do
テンプレートを表示
株式会社斗山
各種表記
ハングル 주식회사 두산
漢字 株式會社 斗山
発音 チュシクフェサ トゥサン
日本語読み: かぶしきがいしゃ とさん
韓国式ローマ字 Jusikhoesa Dusan
テンプレートを表示

1896年にソウルの商業地区(現在の鍾路4街)で、繊維貿易商だった朴承稷(パク・スンジク)が朝鮮でも最初期の近代的商店を開いたことが始まりであり、韓国の財閥の中でも古い歴史を持つ。当初は日本人や朝鮮商人との共同事業による繊維品の輸出入や販売が主だったが、1915年には「朴家粉」というブランドの化粧品製造を開始し、更に韓国焼酎の醸造に進出。朴承稷商店は株式会社化し、1933年にはキリンビールが朝鮮に設立した昭和麦酒に資本参加した。戦後は昭和麦酒の経営を引き継ぎ1952年オリエンタル・ブルワリー(OBビール)を設立。朴承稷商店は「斗山商会」と改名し、1960年代には建築、機械、食品と手を広げ巨大化した。

1978年にOBグループから斗山グループに改名し、アジア通貨危機の後は2001年に韓国重工業(現斗山重工業)を、2003年に高麗産業開発(現斗山建設)を、2005年に大宇総合機械(現斗山インフラコア)を買収するなど、重工業や建築業の拡充を進めた。一方でかつての中核事業だった焼酎やビール醸造の部門を売却するなどリストラクチャリングを行い現在に至る。なお酒類事業は2009年1月に韓国ロッテに売却された。

目次

斗山グループ編集

斗山重工業編集

特に、発電所設備や淡水化プラント事業、ボイラー事業などが有名である。加圧水型原子炉の製造技術を保持する。

斗山インフラコア編集

特に建設機械、重機械、特殊輸送機、工作機械、製造装置、産業車両、エンジン等を製造する企業である。2007年には中期目標を発表し、2020年には世界1位のキャタピラー、世界2位コマツに次ぐ世界3位の建設機械メーカーになると発表した。[2]韓国国内では現代重工業の建設機械がライバルである。 日本国内でのリリースは、2011年から子会社である株式会社ボブキャット(Bobcat)(米ボブキャット・カンパニー)のチャンネルを通じ販売・アフターサポートを行なっている。

斗山建設&エンジニアリング編集

建設ゼネコン会社である。プラント設備建設、工場建設、処理工場建設、ビル建設、橋梁建設、空港建設、高速道路建設、港湾建設など様々な建設を請け負う。ウィーブ(We've)というマンションのブランドを2001年に設立した。斗山ウィーブ(マンション)のほか、斗山ウィーブセンチウム(オフィステル)、斗山ウィーブ・ザ・ゼニス(超高層高級マンション(海南台斗山ウィーブ・ザ・ゼニス))などのブランドを展開している。

斗山バブコック編集

発電設備、プラント設備などのサービス、技術、製品などを提供している会社である。設備の運営に必要なエンジニアリングサービスなど提供する。売上高のうち大多数をエンジニアリングサービス事業から上げている。

斗山エンジン編集

発電所に使う大型エンジンや船舶用の大型エンジンなどを製造している。

その他編集

脚注編集

外部リンク編集