メインメニューを開く

新宿酔いどれ番地 人斬り鉄

新宿酔いどれ番地 人斬り鉄』(しんじゅくよいどればんち ひとぎりてつ)は、1977年(昭和52年)4月8日に公開された映画。製作は東映

新宿酔いどれ番地 人斬り鉄
監督 小平裕
脚本 松田寛夫
掛札昌祐
小平裕
出演者 菅原文太
音楽 鏑木創
撮影 中島芳男
編集 祖田富美夫
制作会社 東映東京
製作会社 東映
公開 日本の旗 1977年4月8日
上映時間 87分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

新宿福生を舞台にしたやくざ映画である。

1976年7月の東映定例会見で、岡田茂東映社長が、1976年秋以降の東映番組の予定を発表し[1][2]、その際に菅原文太主演企画として発表され、タイトルは『新宿暴力街』であった[2]

スタッフ編集

キャスト編集

同時上映編集

脚注編集

  1. ^ 「映画界の動き 東映、見世物映画へ大転換」『キネマ旬報』1976年9月上旬号 p.179、キネマ旬報社
  2. ^ a b 滝沢一・松田政男「邦画トピックス」『ロードショー』1976年10月号 p.175、集英社

外部リンク編集