メインメニューを開く

新村忠雄

新村 忠雄(にいむら ただお、1887年4月26日 - 1911年1月24日)は、社会主義者アナーキストである。幸徳事件大逆事件)で処刑された12名の1人で、計画の首謀者とも言われる。号は秋峰。

新村 忠雄
生誕 1887年4月26日
天皇旗 明治政府 長野県埴科郡屋代町
死没 (1911-01-24) 1911年1月24日(23歳没)
大日本帝国の旗 大日本帝国 市ヶ谷刑務所
別名 秋峰
職業 無職
罪名 大逆罪
刑罰 死刑
動機 天皇制廃止

略歴編集

長野県埴科郡屋代町(現千曲市)出身。生家は豪農。小学校、補習科一年卒。

郷里で信仰に疑問を持って無神論者となり、1906年(明治39年)、クロポトキンの『無政府主義の哲学』を読んでアナキズムを知った。同じ頃、幸徳秋水堺利彦の『平民新聞』で社会主義思想にふれてその読者となって、講習会に出るために上京した。1907年ごろから長野市の「黒潮会」や上田市の「社会主義談話会」等の地方同志と盛んに交流するようになり、「高原文学」を発行。自身を直接行動論者と称した。

後に友人の紹介で書生として秋水の平民社に住み込むが、赤旗事件などで同社は解散。この復讐の機会をうかがっていた。同志の宮下太吉らと皇太子の暗殺を計画して、爆発物を造る目的で塩酸カリを入手する。宮下が勤めていた明科製材所の近くで爆発実験を行った。しかし新村は予てより警察の尾行をうけていたために露見。

1910年5月25日に長野県の自宅で爆発物取締罰則違反の容疑により逮捕され(明科事件)、幸徳事件(大逆事件)により1911年1月24日午後2時50分新村の処刑が執行された。享年23。

事件を重大視した警察は、宮下太吉、管野スガ古河力作ら26名が天皇暗殺の構想を抱いていたと断定したが、実際の暗殺計画は少なくとも当初は皇太子を標的としていて、宮下と新村が中心となって長野県で準備されていた。湯河原町神奈川県)で湯治をしていた秋水や管野は、計画の具体的な関与はなかった。このため警察によるフレームアップ[1]であったと批判される。

兄の新村善兵衛(1881年3月16日-1920年4月2日)も明科事件で逮捕されたが、幸徳事件で懲役8年の判決を受けて[2]1915年に出獄した。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 事件や証拠を捏造し、弾圧や攻撃の口実として、裁判や捜査を政治的に利用すること。
  2. ^ 明科事件108年「国家は犯罪者つくれる」 解明取り組む千曲市民の会中日新聞公式サイト

参考文献編集