メインメニューを開く

新潟市陸上競技場(にいがたし・りくじょうきょうぎじょう)は、新潟県新潟市中央区白山公園内にある陸上競技場球技場としても使用される。施設は新潟市が所有し、公益財団法人新潟市開発公社が指定管理者として運営管理を行っている。

新潟市陸上競技場
Niigata city land sports stadium.jpg
施設情報
所在地 新潟市中央区一番堀通町3-1[1]
位置 北緯37度54分47.03秒 東経139度2分13.01秒 / 北緯37.9130639度 東経139.0369472度 / 37.9130639; 139.0369472座標: 北緯37度54分47.03秒 東経139度2分13.01秒 / 北緯37.9130639度 東経139.0369472度 / 37.9130639; 139.0369472
開場 1936年
修繕 1993年
所有者 新潟市
運用者 公益財団法人新潟市開発公社
グラウンド 天然芝
照明 4基(平均照度300ルクス
大型映像装置 無し
旧称
新潟市営白山陸上競技場
新潟県営新潟陸上競技場
使用チーム、大会
アルビレックス新潟レディース日本女子サッカーリーグ
第19回国民体育大会(1964年)
アルビレックス新潟(1998年 - 2003年)
収容能力
18,671人
アクセス
#交通を参照。

目次

歴史編集

竣工~改修編集

新潟市は、昭和初期に行われた信濃川両岸の埋立地開発の一環として、白山公園に隣接する南側の埋立地を運動公園として整備することとし、陸上競技場、野球場、庭球場などを建設することになった。運動公園には後に「白山総合運動場」の名称が付与され、このうち新潟市営白山陸上競技場は1936年に開場した。当時の運動場周辺は開発途上で、夜になると人気(ひとけ)がほとんどなくなる上、繁華街からやや離れたところに位置していることなどから、夜間になると逢引きの場と化していた、という話も残っている。[要出典]

1964年第19回国民体育大会が新潟県で開催されることになり、白山競技場がメイン会場となるのに伴い、県に移管して改築工事を実施。「新潟県営新潟陸上競技場」と改称し、竣工後の運営管理は市が引き続き受託した。この年の国体は、東京オリンピックが平年の秋季大会開催月にあたる10月に行われることを考慮し、それを6月に前倒して春季大会として開催。期間中は県内外から多くの人々が訪れた。しかし閉会式から僅か5日後の6月16日新潟地震で被災。一帯は元々埋立地だったことから液状化現象が発生し、競技場も土盛りスタンドの崩落や仮設スタンドの崩壊などの被害を受けた。

1983年、所有権が再び県から市に移管。しかしトラックは当時既に一般的だった全天候舗装ではなく、砂敷きのサンドトラック。フィールド内の高麗芝も全く生え揃わず、バックスタンドもあちこちで芝の剥がれや崩落が見られるなど、県内最大の収容能力を有する陸上競技場としては非常に貧弱なものだった。[要出典]市に移管した後に改修工事が施され、全天候型トラックとなった。

1992年に新潟県内では初のJ公式戦となるJリーグヤマザキナビスコ杯、ヴェルディ川崎対清水エスパルス戦が開催。だが現行設備ではJリーグの開催基準を満たせない為、1993年に新潟市はリーグ戦誘致の為大規模な改修を実施。バックスタンドをコンクリート張りにして全席ベンチ席とし電光スコアボードを設置。傷んでいた芝生はJRA新潟競馬場の技術協力を得て高麗芝から西洋芝へと変更。 改修後の1994年、Jリーグプレシーズンマッチ、ジェフユナイテッド市原対ボタフォゴ戦、浦和レッドダイヤモンズ対現代自動車戦が開催された。その後、新潟県内の競技場としては初めて本格的なナイター設備を設置。

1995年、全面改修終了後初のJリーグ公式戦として柏レイソルサンフレッチェ広島戦が開催された。通常、陸上競技場やサッカー場のスコアボードはメインスタンドから向かってバックスタンド左側に設置されることが多いが、当競技場では右側(南側)に設置されている。これはバックスタンド北側後方に新潟市役所第三分館があり、日照を確保するための措置とのことである。[要出典]

アルビレックス新潟の関わり編集

1996年から北信越サッカーリーグの単発開催を経て1998年の旧JFL昇格以降から本格的にホームスタジアムとして使用。 2001年新潟スタジアム(現:デンカビッグスワンスタジアム)完成後は徐々に使用回数が減っていき、 2003年9月3日の試合を最後に、全てビッグスワン開催に切り替わり、実質の「移転」となった。

それでも、2010年まではJリーグ発行のファンズガイドにはビッグスワンとともに本スタジアムをアルビレックスの本拠地として紹介していた。しかし、2011年は本競技場の項目が削除。2013年よりホームスタジアムとしての登録も外れている。(但し2014年発行の「ぴあJリーグ観戦ガイド<ファンズガイドの後継公認誌>」では、試合開催こそないがアルビレックス新潟のホームスタジアムとして記載されている)。

アルビレックス新潟のホームスタジアム機能がビックスワンに移転した後も、練習やプレシーズンマッチ、下部組織や日本女子サッカーリーグアルビレックス新潟レディースの公式戦などで使用されている。

沿革編集

  • 1936年:「新潟市営白山陸上競技場」として開場。
  • 1963年:新潟春季国体に合わせ、県に移管して改築され「新潟県営新潟陸上競技場」に改称。
  • 1964年新潟国体春季大会のメイン会場となる。
  • 1982年:「新潟マラソン」のスタート・ゴール地点となる。
  • 1983年:再び市に移管し、現名称に改称。
  • 1993年:Jリーグ誘致の為本格改修。土盛りのバックスタンドが総コンクリート張りとなり座席を設置、芝生を西洋芝に張り替え、電光スコアボードを設置。
  • 1995年:ナイター照明設置。Jリーグ公式戦・柏レイソルサンフレッチェ広島でナイター開き。
  • 1998年アルビレックス新潟がホームスタジアムとして使用を開始。
  • 2001年:新潟スタジアムが完成。アルビレックスは2003年まで両スタジアムを併用。

施設概要編集

  • 日本陸上競技連盟第2種公認
  • 収容人員:約18,671人(全席ベンチ席)
  • ナイター照明設備:4基
  • スコアボード:球技用得点掲示板(白熱電球による電光式・メッセージ表示可)
    • 設置場所:第1~2コーナー付近(メインスタンドから見て右側)
  • トラック:全天候舗装・400m×8レーン
  • フィールド:天然芝
  • 付属施設
    • 新潟市トレーニングセンター
      • 陸上競技場メインスタンド1・2階
    • 補助競技場
      • 1周250m×6レーン、うち全天候舗装:2レーン、クレー舗装:4レーン
    • 雨覆トラック
      • 全天候舗装・直線走路110m×4レーン

公園内その他の施設編集

白山公園も合わせて参照。

交通編集

  • 鉄道
  • バス
    • JR新潟駅万代口より
      B1 万代橋ライン(BRT) 青山・西部営業所」行で「市役所前」下車、徒歩10分[1]
      ※他にも「市役所前」を経由する系統があるが、降車場所は遠くなる[2]
    • JR新潟駅南口より
      C10 県庁線 市役所前」行で「陸上競技場前」下車、徒歩2分[1]
    • 県庁前より
      C10 県庁線 市役所前」行・「S10 市民病院線 新潟大学病院」行で「陸上競技場前」下車、徒歩2分[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e 交通手段”. 新潟市開発公社公式サイト. 2015年11月5日閲覧。
  2. ^ 新バスシステム開業後のバス乗り場 市役所前[1] 2015年11月5日閲覧 (PDF)

関連項目編集

外部リンク編集