NTTドコモレッドハリケーンズ大阪

日本のラグビーチーム

NTTドコモレッドハリケーンズ大阪: NTT Docomo Red Hurricanes Osaka)は、大阪府大阪市をホストエリアとしてJAPAN RUGBY LEAGUE ONEに所属しているラグビーチームである。

NTTドコモレッドハリケーンズ大阪
クラブカラー  
愛称 レッドハリケーンズ
創設年 1994年
本拠地 大阪市
グラウンド ヨドコウ桜スタジアム
ヤンマースタジアム長居
収容人数 25,000(ヨドコウ)
47,000(ヤンマーS)
代表者 高本 寛
監督 ヨハン・アッカーマンHC
所属リーグ JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
ファーストカラー
セカンドカラー
公式サイト
https://docomo-rugby.jp/
テンプレートを表示

概要編集

2008年まではNTTドコモ関西が母体であったが、NTTドコモグループが同年、全国一社体制に統合されたことにより、NTTドコモが母体のラグビー部となった。

練習場は、大阪府大阪市にあるドコモ関西南港グラウンドである。

2021年7月16日、新リーグJAPAN RUGBY LEAGUE ONEの1部リーグに振り分けされることになった[1]

2022年3月16日、本年7月に同1部リーグのNTTコミュニケーションズ シャイニングアークス東京ベイ浦安とのチーム再編成を行うことを発表。浦安にチームの主要機能を集約させ、大阪は規模を縮小して活動する方向である[2]

この理由として、母体企業であるNTTドコモが、2022年1月にこれまでグローバル持株会社・持株会社NTT,Inc.[3]の傘下にあったNTTコミュニケーションズを子会社化したことによって、関連企業が2チームを編成する状態を是正するためとしており、時事通信社の報道によれば、大阪を本拠地とする当チームは改めてリーグワン正加盟のための入会再審査を実施する予定であり、加盟が認められた場合は2023年度のリーグ戦は3部リーグに降格の上で、企業チームとしての出場を予定しており、ドコモ・NTTコムの社員契約選手をベースにした構成にするとしている[4]。関係者は「チーム(NTTドコモの実業団チーム)としては大阪に残り、今後も地域に根差した育成や普及なども行う」としている[5]

2022年5月11日、リーグワンの理事会にて2023年シーズンの3部リーグ参加が正式に承認された[6]

タイトル編集

最上位リーグ

なし

下位リーグ

成績編集

リーグ戦戦績編集

  • 1994-1995 大阪府社会人大会 優勝、関西社会人Dリーグに昇格
  • 1995-1996 関西社会人Dリーグ 2位、入替戦・敗戦
  • 1996-1997 関西社会人Dリーグ 優勝、入替戦・勝利、関西社会人Cリーグに昇格
  • 1997-1998 関西社会人Cリーグ 2位
  • 1998-1999 関西社会人Cリーグ 優勝、入替戦・勝利、関西社会人Bリーグに昇格
  • 1999-2000 関西社会人Bリーグ 6位
  • 2000-2001 関西社会人Bリーグ 6位
  • 2001-2002 関西社会人Bリーグ 7位
  • 2002-2003 関西社会人Bリーグ 2位、トップウェストAに参入
  • 2003-2004 トップウェストA 4位
  • 2004-2005 トップウェストA 3位
  • 2005-2006 トップウェストA 5位
  • 2006-2007 トップウェストA 4位
  • 2007-2008 トップウェストA 5位
  • 2008-2009 トップウェストA 4位
  • 2009-2010 トップウェストA 2位、トップチャレンジ2・2位、トップウェストA残留
  • 2010-2011 トップウェストA 優勝、トップチャレンジ1・1位、トップリーグに自動昇格
    • 日本選手権 2回戦敗退
  • 2011-2012 トップリーグ 12位(2勝10敗1分)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2012-2013 トップリーグ 13位(1勝12敗)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2013-2014 トップリーグ 15位(1stステージ・プールA 2勝5敗・7位、2ndステージ・プールB 2勝5敗・7位)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2014-2015 トップリーグ 11位(1stステージ・プールB 7敗・8位、2ndステージ・プールB 5勝2敗・3位)
  • 2015-2016 トップリーグ 16位(リーグ戦・プールB 2勝4敗1分・6位、順位決定トーナメント上位グループ 1回戦敗退、13-16位決定予備戦・敗戦、15位決定戦・敗戦)、トップリーグ入替戦・敗戦、トップウェストAに降格
  • 2016-2017 トップウェストA 優勝、トップチャレンジ1・1位、トップリーグに昇格
  • 2017-2018 トップリーグ 15位(リーグ戦・レッドカンファレンス 6勝7敗・7位、13-16位決定トーナメント 第1節・敗戦、第2節・勝利)、トップリーグ入替戦・敗戦、トップチャレンジリーグに降格
  • 2018-2019 トップチャレンジリーグ 1位、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグに昇格
  • 2019-2020 トップリーグカップ プール戦敗退(プール戦2勝3敗・4位)、リーグ戦中止(中止時点での成績:1勝5敗)

2022年度スコッド編集

2022年度のスコッドは次の通り[7]太字は今年度の新加入選手。

過去の所属選手編集

脚注編集

  1. ^ ラグビー新リーグ名称は「リーグONE」22年1月7日開幕 1部は神戸製鋼、パナソニックら12チーム”. ヤフースポーツ (2021年7月16日). 2021年7月16日閲覧。
  2. ^ 【リーグワン】NTTドコモ大阪来季3部降格へ 浦安コムに主要機能集約 大阪は社員選手残し縮小”. ヤフースポーツ (2022年3月16日). 2022年3月17日閲覧。
  3. ^ 1999年7月の事業再編により日本電信電話(NTT)の事業を純粋持ち株会社化し、その傘下に地域通信事業(NTT東日本西日本の2社)と、長距離通信事業のNTTコムの3つの事業会社を設立したが、その後NTTコム・並びに持株直下ではなかった系列企業のNTTデータディメンションデータの3社をグローバル持株会社としてのNTT,Inc.に統合・再編が2018年に行われた。
  4. ^ ラグビー・リーグワンNTT2チームが再編へ 浦安を強化、大阪は規模縮小(時事通信2022年3月16日 3月17日閲覧)
  5. ^ ラグビー大阪 3月2日頃に再編成を選手たちに通達 規模縮小でD3から再出発へ2022年3月16日 17:59(スポーツニッポン 3月17日閲覧)
  6. ^ 【リーグワン】NTTの再編により規模縮小の大阪、来季デビジョン3への参加を承認”. 日刊スポーツ (2022年5月18日). 2022年5月18日閲覧。
  7. ^ 選手紹介

NTTグループのラグビー部編集

関連項目編集

 
ドコモ関西南港グランド
 
グラウンド所在地のドコモ関西南港ビル

外部リンク編集