メインメニューを開く

新鹿駅

日本の三重県熊野市にある東海旅客鉄道の駅

新鹿駅(あたしかえき)は、三重県熊野市新鹿町にある、東海旅客鉄道(JR東海)紀勢本線である。

新鹿駅
駅舎(2005年7月)
駅舎(2005年7月)
あたしか
Atashika
二木島 (4.0km)
(2.4km) 波田須
所在地 三重県熊野市新鹿町364
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 紀勢本線
キロ程 150.8km(亀山起点)
電報略号 アシ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
52人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1956年昭和31年)4月1日[1]
備考 駅員無配置駅
テンプレートを表示

目次

歴史編集

  • 1956年(昭和31年)4月1日 - 紀勢西線の駅として開業[1]
  • 1959年(昭和34年)7月15日 - 三木里駅から当駅までが開通。これに伴う線路名称改定により、紀勢本線所属となる[1]
  • 1983年(昭和58年)12月21日 - 無人化[2]。ただし、1992年頃までは管理駅から職員が派遣され、乗車券の販売を行っていた。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により東海旅客鉄道に承継[1]

駅構造編集

1面2線の島式ホームを有する地上駅。ホームと駅舎を遮断機つきの構内踏切が結ぶ。カーブ上に位置するため、ホームは湾曲している。

駅舎は開業当初からのもので、近隣の駅と意匠がよく似ている(開業の時期がほぼ同じため)。

熊野市駅の管理下にある無人駅で、駅舎内の窓口はシャッターが降ろされている。ただし、近年は熊野大花火大会の開催日(例年8月17日)に限り駅員が派遣され、窓口で乗車券を発売する。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1・2 紀勢本線 下り 新宮方面[3]
上り 尾鷲名古屋方面[3]

2番線を本線とした一線スルーの配線のため、通常は上下線とも駅舎反対側の2番線に入る(停車列車同士の交換時は下り列車が1番線に入る)。

利用状況編集

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1998年 166
1999年 144
2000年 135
2001年 135
2002年 117
2003年 113
2004年 116
2005年 112
2006年 94
2007年 93
2008年 87
2009年 80
2010年 73
2011年 67
2012年 69
2013年 66
2014年 60
2015年 56
2016年 53
2017年 52

駅周辺編集

 
新鹿海水浴場

新鹿湾の畔に開けた新鹿の集落内にある。

バス路線編集

国道311号に沿って熊野市自主運行バスが「潮風かほる熊野古道線」を運行しており、駅前の広場に「新鹿駅前」バス停が設けられている。

特急列車の臨時停車について編集

かつて、夏季(主に7月20日頃 - 8月20日頃)には新鹿海水浴場への海水浴客の利用を見込み、特急『南紀』(前身の急行『紀州』も含む)が当駅に臨時停車していた。詳細は以下の通り。

  • 1973年頃から、昼間の一部の急行『紀州』が臨時停車[4]していた。
  • 1982年頃から、昼間の一部の特急『南紀』が臨時停車[5]していた。
  • 1987年などは、早朝・夜間も含めた全ての特急『南紀』が臨時停車[6]していたこともあったが、1990年代は昼間の一部のみが臨時停車するパターンに戻り、定着していた。
  • 2000年代以降は、停車期間や曜日が縮小(主に7月下旬 - 8月上旬の金・土・祝日のみ)[7]
  • 2010年8月の時刻表によると、昼間の定期列車と臨時列車が1往復ずつ、7月下旬 - 8月上旬の金・土・祝日に臨時停車していた。
  • 2014年夏の時刻表によると、当駅の臨時停車の設定はなかった。

隣の駅編集

東海旅客鉄道
紀勢本線
二木島駅 - 新鹿駅 - 波田須駅

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』25号 紀勢本線・参宮線・名松線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月10日、20-21頁。
  2. ^ 「天王寺鉄管局、紀勢線と参宮線の駅業務を大幅削減へ」日本経済新聞1983年6月29日付、地方経済面中部7ページ
  3. ^ a b 駅掲示用時刻表の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(2014年9月現在)。
  4. ^ Rail・Art 急行時刻表1970紀州
  5. ^ Rail・Art 特急時刻表1980南紀
  6. ^ Rail・Art 特急時刻表1986南紀
  7. ^ Rail・Art 特急時刻表2001南紀

外部リンク編集