メインメニューを開く

施薬院 全宗(やくいん ぜんそう[1][2][3] / せやくいん ぜんそう[1])は、戦国時代から安土桃山時代にかけての医者太閤豊臣秀吉の側近。渡来系で多くの医者を輩出した丹波氏の出身。施薬院は古文書には薬院とも書いてある[3]。号は徳運軒で、徳運軒 全宗(とくうんけん ぜんそう)とも名乗った[3]

やくいんぜんそう
施薬院全宗
Yakuin Zensou.jpg
施薬院全宗像
藤浪剛一『医家先哲肖像集』(1936)より
生誕 大永6年(1526年)
近江国 甲賀郡
死没 慶長4年12月10日(1600年1月25日)
京都
墓地 十念寺(京都府上京区)
別名 徳運軒
著名な実績 豊臣秀吉侍医
影響を受けたもの 曲直瀬道三
宗派 天台宗
配偶者 永原実賢の娘
子供 秀隆宗伯(三雲資隆からの養子)、娘
父:丹波宗忠

妻の永原実賢の娘との間に一男(施薬院秀隆)一女がいた。

目次

生涯編集

大永6年(1526年)、平安時代医心方を著した名医・丹波康頼の二十世の末裔として生まれる。祖父・宗清、父・宗忠ともに権大僧都法印となっている。

幼少時に父を失って僧籍に入り、比叡山菜樹院の住持であったが、元亀2年(1571年)に織田信長が行わせた比叡山焼き討ちに遭い、還俗して医師を目指し、曲直瀬道三に入門して漢方医学を極めた。その後、羽柴秀吉の知遇を得て、侍医となりながら叡山の弁護にあたった。

天正10年(1582年)、信長が本能寺の変で斃れると、秀吉の許可を得て荒廃した比叡山の再興に尽力した。この頃、徳運軒全宗を名乗る。

秀吉が天下人になった後の天正13年(1585年)に大飢饉と疫病の流行にみまわれると、廃絶していた祖先よりの「施薬院」の復興を願い出た。天正年間に勅命を受けて施薬院使に任命されて、従五位下に叙され昇殿を許される。7月下旬から9月までの間に号を「施薬院」とした[4]。この施薬院は奈良時代光明皇后による創建以来、800年の時を経て完全に形骸化していたが、全宗はこれを復興して、身分の上下を問わない施療を再開した[4]

天正13年(1585年)10月6日、秀吉より山城御室戸・大鳳寺・上条等で200石を与えられる[3]。さらに同年11月27日には山城・丹波内で450石を加増[3]

「(全宗の)言ふところ必ず聞かれ、望むところ必ず達す」(『寛政重修諸家譜』)というほど秀吉の信頼は厚く、秀吉の諱を与えられた息子の秀隆とともに秀吉側近としても活躍。

天正15年(1587年)発布の定・バテレン追放令は全宗の筆によるもので、切支丹追放にも活躍。豊臣氏番医の筆頭として、番医制の運営につとめる[4]。同年10月2日、丹波桑田郡内で305石を加増[3]

天正18年(1590年)、小田原の役の際に伊達政宗に上京を促す勧告使、佐竹義重との交渉役を務めている。また、同年に嫡男の秀隆が病没(外来の伝染病という)したため、近江の三雲資隆の子を養子とし、宗伯として継がせ、曲直瀬氏嫡流を守り道三流医術の衰退を防止した[4]。この子孫は代々施薬院使を務めることになった。

天正19年(1591年)9月18日、加増を含めて1,265石の知行[3]

文禄年間、豊臣秀次の失脚事件で(道三養子の)曲直瀬玄朔が流罪となったのを契機に、曲直瀬一門の結束が全宗を頂点に強化されたことが知られる[5]。後に正四位に陞爵。

慶長元年12月10日1597年1月27日)に没したとされてきたが、宮本義己により慶長4年12月10日(1600年1月25日)没であることが判明した[4]。享年74(一説に69ともいう)。京都十念寺に葬られる。

登場作品編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 世界大百科事典 第2版』 - コトバンク
  2. ^ 阿部 & 西村 1990, p. 785.
  3. ^ a b c d e f g 高柳 & 松平 1981, p. 255.
  4. ^ a b c d e 宮本義己「豊臣政権の医療体制-施薬院全宗の医学行跡を中心として-」、『帝京史学』2号、1986年。
  5. ^ 宮本義己「豊臣政権の番医―秀次事件における番医の連座とその動向―」、『国史学』133号、1987年。

参考文献編集

論文
  • 宮本義己「豊臣政権の医療体制-施薬院全宗の医学行跡を中心として-」、『帝京史学』2号、1986年。
  • 宮本義己「豊臣政権の番医―秀次事件における番医の連座とその動向―」、『国史学』133号、1987年。

関連項目編集