日日日

日本の小説家

日日日(あきら、男性、1986年7月29日 - )は日本小説家である。奈良県出身。千葉県立千葉西高等学校卒業。ペンネームは本名である「輝(あきら)」の字を同音の漢字「晶」に置き換えて「日」3つに崩して表記したもの。

日日日
ペンネーム 日日日
誕生 (1986-07-29) 1986年7月29日(34歳)
日本の旗 日本奈良県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 千葉県立千葉西高等学校卒業
活動期間 2005年 -
ジャンル 小説
代表作 ちーちゃんは悠久の向こう
狂乱家族日記
主な受賞歴 第1回恋愛小説コンテストラブストーリー大賞
新風舎文庫大賞大賞
第8回角川学園小説大賞優秀賞
第1回MF文庫J新人賞編集長特別賞
センス・オブ・ジェンダー賞大賞(2009)
デビュー作 ちーちゃんは悠久の向こう
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

高校在学時に第1回恋愛小説コンテストラブストーリー大賞、新風舎文庫大賞大賞、第6回エンターブレインえんため大賞佳作、第8回角川学園小説大賞優秀賞、第1回MF文庫J新人賞編集長特別賞を受賞。高校卒業後、介護の専門学校に通いながら小説を書く。2009年、『ビスケット・フランケンシュタイン』でセンス・オブ・ジェンダー賞大賞を受賞。

原稿を書くのが速いことで知られ、デビューした2005年の時点で10冊を刊行しており[1]、一時期は『月刊「日日日」』とも言える状態だった[2]。 アンサンブルスターズ

作品リスト編集

 
台湾版の書籍

香奈菱高校シリーズ編集

  1. ちーちゃんは悠久の向こう(2005年1月 新風舎文庫/2010年6月 角川文庫
  2. うそつき 嘘をつくたびに眺めたくなる月(2005年8月 新風舎文庫/2010年7月 角川文庫)
  3. ピーターパン・エンドロール(2006年9月 新風舎文庫/2010年8月 角川文庫)
  4. はこぶねエトランゼ(2014年8月 講談社BOX

アンダカの怪造学編集

  1. アンダカの怪造学 1 ネームレス・フェニックス(2005年6月 角川スニーカー文庫
  2. アンダカの怪造学 2 モノクロ・エンジェル(2005年12月 角川スニーカー文庫)
  3. アンダカの怪造学 3 デンジャラス・アイ(2006年5月 角川スニーカー文庫)
  4. アンダカの怪造学 4 笛吹き男の夢見る世界(2006年10月 角川スニーカー文庫)
  5. アンダカの怪造学 5 嘘つき魔女の見つめる未来(2006年12月 角川スニーカー文庫)
  6. アンダカの怪造学 6 飛べない蝶々の鳥かご迷路(2007年5月 角川スニーカー文庫)
  7. アンダカの怪造学 7 Pandora OnlyOne(2007年9月 角川スニーカー文庫)
  8. アンダカの怪造学 8 Every DayDream(2008年1月 角川スニーカー文庫)
  9. アンダカの怪造学 9 Hyper SamuraiSoul(2008年8月 角川スニーカー文庫)
  10. アンダカの怪造学 10 空井伊依の伝説(2009年3月 角川スニーカー文庫)

狂乱家族日記[3]編集

本編編集

  1. 狂乱家族日記 壱さつめ(2005年6月 ファミ通文庫
  2. 狂乱家族日記 弐さつめ(2005年7月 ファミ通文庫)
  3. 狂乱家族日記 参さつめ(2005年10月 ファミ通文庫)
  4. 狂乱家族日記 四さつめ(2006年3月 ファミ通文庫)
  5. 狂乱家族日記 伍さつめ(2006年6月 ファミ通文庫)
  6. 狂乱家族日記 六さつめ(2006年7月 ファミ通文庫)
  7. 狂乱家族日記 七さつめ(2007年4月 ファミ通文庫)
  8. 狂乱家族日記 八さつめ(2007年8月 ファミ通文庫)
  9. 狂乱家族日記 九さつめ(2008年4月 ファミ通文庫)
  10. 狂乱家族日記 拾さつめ(2008年8月 ファミ通文庫)
  11. 狂乱家族日記 拾壱さつめ(2008年12月 ファミ通文庫)
  12. 狂乱家族日記 拾弐さつめ(2009年12月 ファミ通文庫)
  13. 狂乱家族日記 拾参さつめ(2010年4月 ファミ通文庫)
  14. 狂乱家族日記 拾四さつめ(2010年11月 ファミ通文庫)
  15. 狂乱家族日記 拾伍さつめ(2011年4月 ファミ通文庫)

外伝編集

  1. 狂乱家族日記 番外そのいち(2006年11月 ファミ通文庫)
  2. 狂乱家族日記 番外そのに(2007年12月 ファミ通文庫)
  3. 狂乱家族日記 番外そのさん(2008年5月 ファミ通文庫)
  4. 狂乱家族日記 番外そのよん(2009年3月 ファミ通文庫)
  5. 狂乱家族日記 番外そのご(2009年8月 ファミ通文庫)
  6. 狂乱家族日記 番外そのろく(2010年3月 ファミ通文庫)
  7. 狂乱家族日記 番外そのなな(2010年8月 ファミ通文庫)
  8. 狂乱家族日記 番外そのはち(2011年2月 ファミ通文庫)
  9. 狂乱家族日記 番外そのきゅう(2011年8月 ファミ通文庫)

蟲と眼球シリーズ編集

  1. 蟲と眼球とテディベア(2005年6月 MF文庫J
  2. 蟲と眼球と殺菌消毒(2005年12月 MF文庫J)
  3. 蟲と眼球とチョコレートパフェ(2006年4月 MF文庫J)
  4. 蟲と眼球と愛の歌(2006年8月 MF文庫J)
  5. 蟲と眼球と白雪姫(2006年12月 MF文庫J)
  6. 蟲と眼球とダメージヘア(2007年5月 MF文庫J)

ギロチンマシン中村奈々子編集

  1. ギロチンマシン中村奈々子 義務教育編(2006年10月 徳間デュアル文庫
  2. ギロチンマシン中村奈々子 学級崩壊編(2007年4月 徳間デュアル文庫)
  3. ギロチンマシン中村奈々子 高等教育編(2007年12月 徳間デュアル文庫)
  4. ギロチンマシン中村奈々子 大人社会編(2008年10月 徳間デュアル文庫)
  5. ギロチンマシン中村奈々子 輪廻転生編(2009年10月 徳間デュアル文庫)

魔女の生徒会長編集

  1. 魔女の生徒会長(2007年10月 MF文庫J)
  2. 魔女の生徒会長 Ⅱ 超悦者ジュリエット(2008年2月 MF文庫J)
  3. 魔女の生徒会長 Ⅲ 案山子たちのグランギニョル(2008年7月 MF文庫J)
  4. 魔女の生徒会長 Ⅳ 絶叫メリーゴーランド(2008年12月 MF文庫J)
  5. 魔女の生徒会長 Ⅴ ママはあなたが嫌いみたい(2009年3月 MF文庫J)

ジャンクガール・ジグ編集

  1. ジャンクガール・ジグ 1 あたしの飼い主(2008年10月 角川スニーカー文庫)
  2. ジャンクガール・ジグ 2 負け犬たちの村(2009年4月 角川スニーカー文庫)

みにくいあひるの恋編集

  1. みにくいあひるの恋(2009年8月 MF文庫J)
  2. みにくいあひるの恋 2 死にぞこないの人魚姫(2009年12月 MF文庫J)
  3. みにくいあひるの恋 3 ロボットは待ちくたびれた(2010年5月 MF文庫J)
  4. みにくいあひるの恋 4 哀しみのない自由な空へ(2010年8月 MF文庫J)

ささみさん@がんばらない[4]編集

  1. ささみさん@がんばらない(2009年12月 ガガガ文庫
  2. ささみさん@がんばらない 2(2010年4月 ガガガ文庫)
  3. ささみさん@がんばらない 3(2010年8月 ガガガ文庫)
  4. ささみさん@がんばらない 4(2010年12月 ガガガ文庫)
  5. ささみさん@がんばらない 5(2011年4月 ガガガ文庫)
  6. ささみさん@がんばらない 6(2011年8月 ガガガ文庫)
  7. ささみさん@がんばらない 7(2011年12月 ガガガ文庫)
  8. ささみさん@がんばらない 8(2012年6月 ガガガ文庫)
  9. ささみさん@がんばらない 9(2012年9月 ガガガ文庫)
  10. ささみさん@がんばらない 10(2012年12月 ガガガ文庫)
  11. ささみさん@がんばらない 11(2013年6月 ガガガ文庫)

うさぎさん惑星。編集

  1. うさぎさん惑星。 1周目(2009年12月 ガンガンノベルズ
  2. うさぎさん惑星。 2周目(2010年5月 ガンガンノベルズ)

爆熱天使Xサン編集

  1. 爆熱天使Xサン 見さらせ正義の一番星!!(2010年5月 角川スニーカー文庫)
  2. 爆熱天使Xサン 第二次正義の味方大戦!!(2010年9月 角川スニーカー文庫)

大奥のサクラ編集

  1. 大奥のサクラ 現代大奥女学院 まるいちっ!(2011年9月 角川スニーカー文庫)
  2. 大奥のサクラ 現代大奥女学院 まるにっ!(2012年1月 角川スニーカー文庫)
  3. 大奥のサクラ 現代大奥女学院 まるさんっ!(2012年6月 角川スニーカー文庫)
  4. 大奥のサクラ 現代大奥女学院 まるよんっ!(2012年11月 角川スニーカー文庫)
  5. 大奥のサクラ 現代大奥女学院 まるごっ!(2013年7月 角川スニーカー文庫)
  6. 大奥のサクラ 現代大奥女学院 まるろくっ!(2013年12月 角川スニーカー文庫)
  7. 大奥のサクラ 現代大奥女学院 ほんまるっ!(2014年6月 角川スニーカー文庫)

いけめん彼女編集

  1. いけめん彼女 1 学校一のイケメンに告白された俺(2012年3月 講談社ラノベ文庫)
  2. いけめん彼女 2 学校一の暴力女と恋人になった俺(2012年8月 講談社ラノベ文庫)
  3. いけめん彼女 3 吸血鬼と世界一の秘宝(2013年8月 講談社ラノベ文庫)

反抗期の妹を魔王の力で支配してみた。編集

  1. 反抗期の妹を魔王の力で支配してみた。(2012年4月 GA文庫
  2. 反抗期の妹を魔王の力で支配してみた。 2(2012年8月 GA文庫)
  3. 反抗期の妹を魔王の力で支配してみた。 3(2013年2月 GA文庫)
  4. 反抗期の妹を魔王の力で支配してみた。 4(2013年10月 GA文庫)

桃瀬さん家の百鬼目録編集

  1. 桃瀬さん家の百鬼目録(2020年11月 電撃文庫

ノンシリーズ編集

ノベライズ編集

あんさんぶるガールズ!編集

  1. あんさんぶるガールズ! 生徒会騒乱編 上(2013年10月 オーバーラップ文庫)- 原作:Happy Elements
  2. あんさんぶるガールズ! 生徒会騒乱編 下(2013年11月 オーバーラップ文庫)- 原作:Happy Elements
  3. あんさんぶるガールズ! ヒロインズセレクション 星海こよい編(2014年11月 オーバーラップ文庫)- 原作:Happy Elements

あんさんぶるスターズ!編集

  1. あんさんぶるスターズ! 1 青春の狂想曲(2015年11月 ビーズログ文庫アリス)- 原作:Happy Elements
  2. あんさんぶるスターズ! 2 革命児の凱歌(2015年11月 ビーズログ文庫アリス)- 原作:Happy Elements
  3. あんさんぶるスターズ! 3 皇帝の帰還(2016年7月 ビーズログ文庫アリス)- 原作:Happy Elements
  4. あんさんぶるスターズ! 4 歌声よ天まで届け(2016年9月 ビーズログ文庫アリス)- 原作:Happy Elements

ノンシリーズ編集

アンソロジー収録作編集

  • 夜汽車の骸骨(『ふたり。 新風舎文庫大賞短編小説アンソロジー』2006年11月 新風舎文庫)
  • 嘘色林檎姫(『破天荒遊戯アンソロジー』2008年3月 ZERO-SUMコミックス)
  • 狂乱!ガーゴイル日記2054(『コラボアンソロジー1 狂乱家族日記』2008年9月 ファミ通文庫)
  • Islam dunk(『まりあ†ほりっくアンソロジー』2009年3月 MF文庫J)
  • 鶴見さんの恩返し〈を見てはいけない〉(『ホラーアンソロジー2 黒』2012年9月 ファミ通文庫)
  • 大奥のサクラ(『S WHITE スニーカー文庫25周年記念アンソロジー』2013年9月 角川スニーカー文庫)
  • 根暗男子のバスケットボール(『部活アンソロジー2 春』2013年9月 ファミ通文庫)
  • ミリアンヌの肌(『スレイヤーズ25周年あんそろじー』2015年1月 富士見ファンタジア文庫

漫画原作編集

オリジナル編集

コミカライズ編集

ゲームシナリオ編集

文芸同人編集

  • 耳猫少女(ラノベ作家休憩所「正常小説。」掲載)
  • こなゆきデマゴギー(ラノベ作家休憩所「中性小説。」掲載)
  • きゅうくつティラノ[注 3](ラノベ作家休憩所「流星小説。」掲載)
  • ランドセルヘドロ[注 3](ラノベ作家休憩所「救世小説。」掲載)
  • クレーン(ラノベ作家休憩所「求刑小説。」掲載)
  • 犲の冷たい手[注 3](ラノベ作家休憩所「残響小説。」掲載)
  • ASH HUNTING(ラノベ作家休憩所「切望小説。」掲載)
  • 剣客少女、真夜中に咲く(ラノベ作家休憩所「爽快小説。」掲載)

映像化編集

映画編集

テレビアニメ編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 書籍化前(Web小説時)にビジュアルワークスのスマートフォンアプリにてボイスドラマ化され配信されている。
  2. ^ 2019年後半から、王雀孫が新規シナリオを担当しているが、引き続きクレジットは維持されている。
  3. ^ a b c A-koeにてボイスドラマ化され配信されている。

出典編集

  1. ^ 『別冊オトナアニメ』103頁。
  2. ^ 『別冊オトナアニメ』105頁。
  3. ^ 狂乱家族日記 :作品情報”. アニメハック. 2020年8月1日閲覧。
  4. ^ ささみさん@がんばらない: 作品情報”. アニメハック. 2020年8月26日閲覧。

関連項目編集

  • 日昌晶 - 日日日と同じく名前の読みが「アキラ」であること、「日日日」の書体が「晶」を由来としていること、「日」の字を多用していること、などから、同一人物であると誤解されることがあるが、別人である。特に初期の頃にはその傾向が強く、現在も同一人物であると誤解されることがある。

参考文献編集

  • 『別冊オトナアニメ オトナラノベ』洋泉社、2011年。ISBN 978-4-86248-684-4

外部リンク編集