メインメニューを開く

赤坂インターシティAIR

赤坂インターシティAIR(AKASAKA INTERCITY AIR)は、東京都港区赤坂一丁目の超高層複合ビルである。2017年8月竣工。9月29日オープン。

赤坂インターシティAIR
赤坂インターシティAIR.jpg
赤坂インターシティAIRの位置(東京都区部内)
赤坂インターシティAIR
情報
用途 事務所・共同住宅・会議施設・店舗
設計者 株式会社日本設計
施工 株式会社大林組
建築主 赤坂一丁目地区市街地再開発組合
管理運営 赤坂インターシティマネジメント株式会社
構造形式 鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
敷地面積 16,088.32 m²
延床面積 178,328.01 m² (容積率1108%)
階数 地下3階、地上38階、塔屋1階
高さ 205.08m (TP+214.23m)
エレベーター数 オフィス低層8基・中層8基・高層8基・人荷用兼非常用2基、その他11基(計37基)
戸数 52戸
駐車台数 314台(自走式132台・機械式182台)
着工 2014年9月
竣工 2017年8月
所在地 107-0052
東京都港区赤坂一丁目5番の一部、6番・8番・9番の一部
座標 北緯35度40分10.7秒 東経139度44分32.8秒 / 北緯35.669639度 東経139.742444度 / 35.669639; 139.742444座標: 北緯35度40分10.7秒 東経139度44分32.8秒 / 北緯35.669639度 東経139.742444度 / 35.669639; 139.742444
テンプレートを表示

目次

概要編集

国際戦略総合特別区域の「アジアヘッドクォーター特区」や、特定都市再生緊急整備地域の「東京都心・臨海地域(環状二号線新橋周辺・赤坂・六本木)」内に位置する再開発事業「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」により建設された超高層複合ビル。2017年8月竣工・9月29日オープン。

南側には赤坂インターシティ2005年竣工)が隣接する。

オフィス貸室概要編集

  • 事務室設置階 - 6階〜37階(32フロア)
  • 基準階貸床面積 - 2,587.53m2(約782.72坪)※別途、コア内貸室あり
  • 天井高 - 2,850mm(特殊階 3,000mm)
  • フリーアクセスフロア - 150mm(特殊階 300mm)
  • コンセント容量 - 60VA/m2

構造特徴・BCP対策編集

  • 制振装置(アンボンドブレース、同調粘性マスダンパー、増幅機構付粘性減衰装置)
  • 被災度判定システム
  • デュアルフューエルガスタービン発電機3,500kVA×2台(非常時200時間・45VA/㎡電力供給)

環境性能編集

  • 環境性能評価「CASBEE」最高位「Sランク」取得予定
  • 「DBJ Green Building認証」プラン認証 最高ランク Five Stars取得
  • 東京都省エネルギー性能評価書制度 最高ランクA A A取得
  • エネルギー使用量監視システム

施設名称編集

「インターシティ」とは“都市を結ぶ”に由来する、新日鉄興和不動産の大規模複合型オフィスビルのフラッグシップブランドで、「赤坂インターシティ AIR」は「インターシティ」シリーズ5つ目のプロジェクトとなる。

「AIR」は、事業コンセプトである「世界から選ばれる国際都市東京の顔へ」に相応しい、緑化率50%以上の広大な緑地に囲まれた“誰もが住みやすく働きやすい、居心地のよい街”―緑豊かな街の雰囲気や空に伸びゆく建物をイメージしている。また「AIR」は、“Akasaka Icchome Re-development(赤坂一丁目再開発)”の略称でもある。

沿革編集

  • 2011年(平成23年)9月 - 都市計画決定
  • 2012年(平成24年)8月 - 組合設立(事業計画)認可
  • 2013年(平成25年)9月 - 権利変換計画認可
  • 2014年(平成26年)9月 - 建築工事着工
  • 2017年(平成29年)8月 - 建築工事完了

主要テナント編集

オフィス編集

店舗編集

  • ロウリーズ・ザ・プライムリブ赤坂店[2]

ワーカーサポート編集

  • 赤坂インターシティコンファレンス

赤坂・虎ノ門緑道構想 編集

環状2号線 (都道405号)からつながる港区道1014号線(通称 アメリカ大使館前通り)の沿道におい て、敷地緑化、既存の緑地の保全・拡張、緑豊かな歩道状空地の設置などを地域が主体となって進め、区道とその街路樹と一体となった大規模な緑道空間を整備する構想。

新日鉄興和不動産主導の下、森ビルの賛同を得て「赤坂・虎ノ門緑道整備推進協議会」が2009年に発足。緑の歩行者動線でそれぞれの街区をネットワーク化することで来街者がまち歩きを楽しみ、憩える街づくりを目指している。

周辺施設編集

交通アクセス編集

地下鉄編集

路線バス編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集