日本侠客伝』は1964年8月13日に公開された日本映画。日本侠客伝シリーズの第1作(全11作)である。

日本侠客伝
監督 マキノ雅弘
脚本 笠原和夫
野上龍雄
村尾昭
製作 俊藤浩滋
日下部五朗
出演者 高倉健
中村錦之助
大木実
松方弘樹
田村高廣
長門裕之
音楽 斎藤一郎
撮影 三木滋人
編集 河合勝巳
製作会社 東映
配給 東映
公開 1964年8月13日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 日本侠客伝 浪花篇
テンプレートを表示

あらすじ編集

明治から大正期の深川。木場で古くから運送業を営んでいた木場政組は、新興で近代的な経営を営むふりをしながら、やくざ顔負けの強引な手口で客と馬力を引き抜きにはかる沖山運送株式会社に押されていた。木場政組の親分(伊井友三郎)の元には、5年前に木更津のヤクザの元から駆け落ちで逃げてきた客分の清治(萬屋錦之介)がいた。青島に行っている辰巳の長吉(高倉健)がいたら、と、親分は心残りのまま世を去る。長吉は帰国し小頭になるが、その後も繰り返される沖山たちの乱暴に切れた清治は、一人で殴り込みに行き、無残に殺される。その死体の惨状を見た長吉は、組の解散を旦那衆に告げたあと、仲間の若者たちとともに、沖山兄弟たちを殺す。一件は深川事件として新聞に報道される。

スタッフ編集

キャスト編集

外部リンク編集