メインメニューを開く

日本民家園(にほんみんかえん)は、神奈川県川崎市多摩区生田緑地にある日本古民家を中心とした野外博物館である。正式名称は、川崎市立日本民家園[1]。川崎市内および東日本一帯で伝承されてきた民家、水車小屋などの建物および民具の保存と伝承、活用を目的に整備され、1967年(昭和42年)に開園した。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 川崎市立日本民家園
Kawasaki Nihon Minkaen-3.jpg
江向家 富山県五箇山から移築した合掌造民家、17〜18世紀
施設情報
正式名称 川崎市立日本民家園
事業主体 川崎市
管理運営 川崎市
開館 1967年(昭和42年)
所在地 神奈川県川崎市多摩区枡形7丁目1-1
位置 北緯35度36分35秒 東経139度33分42秒 / 北緯35.60972度 東経139.56167度 / 35.60972; 139.56167座標: 北緯35度36分35秒 東経139度33分42秒 / 北緯35.60972度 東経139.56167度 / 35.60972; 139.56167
外部リンク http://www.nihonminkaen.jp/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
鈴木家 奥州街道八丁目宿の宿場建築 福島市松川地区から移築 19世紀
菅原家 山形県東田川郡朝日村(現鶴岡市)から移築 高窓のある民家 18世紀

概要編集

運営母体は川崎市。元々は麻生区にあった農家「伊藤家」が、横浜市の庭園へ移築される話を川崎市教育委員会の職員が聞きつけ、市内に残そうとする交渉過程で、生田緑地の公園整備の一環として古民家を集める構想に発展した。現在では市内の民家をはじめ、主に東日本茅葺屋根の民家25棟が、約180万平方メートルの敷地に点在している。「東北の村」「宿場」など5エリアに分けられている[2]。うち、国指定の重要文化財は7件(9棟)、重要有形民俗文化財が1件(舞台)である。豪雪地帯の農家、宿場町の町屋、舞台など地域色豊かな構成となっている。地域や年代による建物の構造、工法の違いを比較することもできる。

文化財編集

重要文化財(国指定)編集

伊藤家住宅[3]
神奈川県川崎市麻生区金程から移築された、入母屋造の民家。18世紀前期の築造。
北村家住宅[3]
神奈川県秦野市堀山下から移築された、貞享4年(1687年)の年号が残されている。
佐々木家住宅[4]
長野県南佐久郡八千穂村(現・佐久穂町)から移築された、名主の家(兜造り)。18世紀前期の築造。
太田家住宅(2棟)[3]
茨城県笠間市片庭から移築された、分棟型の民家。17世紀後期の築造。
江向(えむかい)家住宅[4]
富山県東砺波郡上平村(現・南砺市)から移築された合掌造りの民家。17世紀後期から18世紀前期の築造。
工藤家住宅[5]
岩手県紫波郡紫波町から移築された、曲がり屋の民家。18世紀中期の築造。
作田家住宅(2棟)[3]
千葉県山武郡九十九里町から移築された、網元の家(分棟型)。17世紀後期の築造。

重要有形民俗文化財編集

船越の舞台[3]
三重県志摩郡大王町(現・志摩市)から移築された、歌舞伎などの舞台。1857年安政4年)の築造。

各施設編集

交通アクセス編集

開園時間と料金編集

  • 9時30分 - 17時(3月 - 10月)、9時30分 - 16時30分(11月 - 2月)
  • 毎週月曜日、祝日の翌日、年末年始などが休園日。
  • 入場料金は大人が500円。65歳以上300円(川崎市内在住無料)。高校大学生300円。中学生以下無料。団体割引有り。
  • 年間パスポート:一般1,000円、高校生・大学生・65歳以上600円
  • TOP&カード提示割引」の加盟施設。

脚注編集

参考文献編集

  • 『多摩区 OLD & TODAY』川崎市多摩区役所、1993年。

外部リンク編集