日本社会福祉士会

公益社団法人日本社会福祉士会(にほんしゃかいふくししかい、英文名 Corporate Juridical Person “Japanese Association of Certified Social Workers (JACSW)”)は、社会福祉士によって構成される職能団体。任意団体として1993年(平成5年)に設立、1996年(平成8年)に社団法人[1]となる。

公益社団法人日本社会福祉士会
略称 JACSW
設立 1993年
種類 職能団体
法人番号 3011105003553 ウィキデータを編集
法的地位 公益社団法人
本部 東京都新宿区四谷1-13 カタオカビル2階
会長 西島善久
提携 日本ソーシャルワーカー連絡会、国際ソーシャルワーカー連盟(International Federation of Social Workers)
ウェブサイト www.jacsw.or.jp
テンプレートを表示

社会福祉に関する啓蒙、啓発活動や社会福祉士の利益を守るための政治活動、ロビー活動などを行っている。法律上は強制入会制度はとっておらず、加入は各社会福祉士の任意である。社会福祉士全体から見た組織率は、2014年の段階で約20%で、会員数は約3.5万人[2]

当団体と、公益社団法人日本精神保健福祉士協会公益社団法人日本医療社会福祉協会特定非営利活動法人日本ソーシャルワーカー協会を合わせた4団体で、日本ソーシャルワーカー連絡会という日本のソーシャルワーカー全体の職能団体を形成している。 日本ソーシャルワーカー連絡会は、ソーシャルワーカーの国際団体である国際ソーシャルワーカー連盟(International Federation of Social Workers)に加盟している。

活動編集

社会福祉士の業務の発展、研鑽等に努めることを業務とする。設立当初は下部組織として各都道府県の社会福祉士会を設置していたが、2012年(平成24年)の連合体組織への移行にともない各都道府県の社会福祉士会は独立した組織となった。

その中で本会は、年度ごとに全国大会とあわせて「社会福祉士学会」を開催するなど、社会福祉やソーシャルワークに関する会員の調査・研究活動に対する支援を行っているほか、受託事業としての調査・研究も行っている。[3]

また、会員を対象とした研修の開発や提供、社会福祉士資格取得に対する支援から社会福祉士の実践支援までを対象とした書籍の企画や出版活動も行っている。更に、成年後見制度における専門職後見の活動に力を入れており、各都道府県の社会福祉士会が設置する権利擁護センター「ぱあとなあ」の支援も行っている。

なお、各都道府県の社会福祉士会によってはそれぞれが都道府県や市区町村から生活困窮者自立相談支援事業や地域定着支援センターなどの事業を受託したり、福祉サービス第三者評価機関として独自に活動している場合もあるが、いずれの運営に関しても各都道府県の社会福祉士会による連合体組織である本会は関与しない。

職能団体として、政府や自治体、政治家に対する要望、要請、陳情等の活動(ロビー活動)も行っている。一方、会の活動が自公政権に融和的であるとして、2020年8月には「自由民主党は、社会保障改悪を進めてきた」と見做す社会福祉士会の有志が結成した「都道府県社会福祉士会会員有志」という集まりが「公益社団法人日本社会福祉士会は、政治的スタンスについて丁寧な説明を!」という要望書を当時の会長の西島善久に送付した[4]


脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

リンク編集