第49回衆議院議員総選挙

2021年に行われる日本の衆議院総選挙

第49回衆議院議員総選挙(だい49かいしゅうぎいんぎいんそうせんきょ)は、第48回衆議院議員総選挙で選ばれた議員の任期が満了すること[注 1]、または任期満了当日までに内閣が衆議院を解散することによって実施される衆議院議員総選挙[1]

第49回衆議院議員総選挙
日本
2017年 ←


内閣 菅義偉内閣
任期満了日 2021年(令和3年)10月21日
改選数 465
小選挙区 289
比例代表 176
選挙制度 小選挙区比例代表並立制
有権者 満18歳以上の日本国民

衆議院 全465議席
  第1党 第2党 第3党
  Yoshihide Suga 20210101.jpg Yukio Edano In front of Tenjin Twin Building (2020.10.18).jpg Natsuo Yamaguchi.jpg
党首 菅義偉 枝野幸男 山口那津男
政党 自由民主党 立憲民主党 公明党
党首就任 2020年9月 2020年9月 2009年9月
党首選挙区 神奈川2区 埼玉5区 不出馬
参議院議員
前回選挙 284議席 61.1% 新党 29議席 6.2%
選挙前議席 277議席 59.8% 110議席 23.6% 29議席 6.2%

  第4党 第5党 第6党
  Kazuo Shii in SL Square in 2017.jpg Ichiro Matsui Ishin IMG 5775 20130713 cropped.jpg Yuichiro Tamaki IMG 5649-1 20160903.jpg
党首 志位和夫 松井一郎 玉木雄一郎
政党 日本共産党 日本維新の会 国民民主党
党首就任 2000年11月 2015年12月 2020年9月
党首選挙区 比例南関東 不出馬
大阪市長
香川2区
前回選挙 12議席 2.5% 11議席 2.4% 新党
選挙前議席 12議席 2.5% 10議席 2.1% 7議席 1.5%

  第7党
  Mizuho Fukushima.jpg
党首 福島瑞穂
政党 社会民主党
党首就任 2020年2月
党首の地盤 不出馬
(参議院議員)
前回選挙 2議席 0.4%
選挙前議席 1議席 0.2%

概要編集

前回の総選挙では、当時の首相安倍晋三が「消費税増税分の、財源の使途変更」や「北朝鮮問題への圧力路線」(北朝鮮によるミサイル発射実験)や「少子高齢化」などへの対応について国民の信を問うとして、2017年9月28日に衆議院を解散し(いわゆる「国難突破解散」)、同年10月22日に投開票が行われた。

その結果、与党自由民主党が単独で過半数を超える284議席、連立与党である公明党は29議席を獲得し、連立政権を維持する結果となった。

第49回衆議院議員総選挙は、現在の衆議院議員の任期が2021年10月21日に満了するため、衆議院解散の有無に関係なく、遅くとも同年11月30日までに実施される[2][3]令和においては最初の総選挙となる。任期満了年と同じ年に総選挙が行われるのは2009年以来12年ぶり。仮に任期満了で総選挙が行われれば、1976年以来45年ぶりで、現行憲法下では2度目となる[4]

直近3回の総選挙(2012年2014年2017年)で、自由民主党は安倍晋三総裁下における選挙であったが、2020年9月14日に退任した安倍が再選出されることを含め、他の者が選出されない限り、今回は菅義偉総裁の下で行われる(菅総裁の任期は2021年9月末まで)。また2020年に結党された立憲民主党国民民主党にとって、初めての国政選挙となる見込み。

前回の総選挙以後、小選挙区の区割りと比例ブロックごとの定数に変更はない(ただし、2019年5月に選挙公報の掲載文の提出方法の見直し・投票管理者や投票立会人の選任要件の緩和・悪天候などの際の開票に関する規定の整備[5]のための公職選挙法の改正が行われ[6]、2021年6月には「特定患者等の郵便等を用いて行う投票方法の特例に関する法律」による「特例郵便等投票」の制度が施行される[7]など、選挙に関するルールの変更は行われている)。

2021年7月現在、東京9区神奈川3区広島3区の議員が欠員となっているが、公選法の規定により補欠選挙は行われず、欠員のままで総選挙を迎える。

新型コロナウイルス感染症の流行が続く中での総選挙となる可能性があるが、総務省は2020年4月、各都道府県の選挙管理委員会に対し「緊急事態宣言がなされた場合においても選挙は公選法の規定に基づき執行する」と通知しており[8]、予定通り選挙が執行できない場合があることは想定していない。投票所では入場規制など、対策を行うとしている自治体もある[9]

選挙前の経緯編集

選挙日程を巡る動き編集

菅内閣の支持率下落を受け、現行法制で最も遅い11月などへの先延ばし論が与党内で強まっていることが報じられた[10]

選挙データ編集

改選数編集

  • 465議席
    • 小選挙区:289議席(うち欠員3)
    • 比例代表:176議席(但し現在欠員は出ていない)

選挙制度編集

投票方法
秘密投票、単記投票、2票制(小選挙区・比例代表)
選挙権
満18歳以上の日本国民
被選挙権
満25歳以上の日本国民
  • この選挙までに平成生まれの人の国会議員への当選事例はない。

同日実施の選挙等編集

国民投票
同日実施となる可能性がある主な首長選挙
同日実施となる可能性がある主な地方議会選挙

世論調査編集

 
前回選挙(2017年10月)以降に実施された世論調査における政党支持率の推移
  自由民主党(LDP)
  立憲民主党(CDP)
  民進党(DP)
  国民民主党(DPP)
  希望の党(Kibo)
  公明党(Komei)
  日本共産党(JCP)
  日本維新の会(Ishin)
  社会民主党(SDP)
  自由党(LP)
  れいわ新撰組(Reiwa)
  N国(N.koku)
  支持政党なし(No.party)
 
前回選挙(2017年10月)以降に実施された世論調査における政党支持率の推移(少数政党)
  立憲民主党(CDP)
  民進党(DP)
  国民民主党(DPP)
  希望の党(Kibo)
  公明党(Komei)
  日本共産党(JCP)
  日本維新の会(Ishin)
  社会民主党(SDP)
  自由党(LP)
  れいわ新撰組(Reiwa)
  N国(N.koku)

議員編集

この選挙で引退・不出馬が報じられている議員編集

自由民主党編集

公明党編集

立憲民主党編集

国民民主党編集

社会民主党編集

無所属編集

脚注編集

  1. ^ 総務省|選挙の種類” (日本語). 総務省. 2021年7月24日閲覧。
  2. ^ 衆院議員任期満了まで1年 - NHK NEWS WEB、2020年10月21日
  3. ^ 潮, 塩田. “「コロナ総選挙」は五輪閉幕後が有力 | 衆議院議員の任期満了の10月21日まで残り半年” (日本語). 週刊東洋経済プラス. 2021年7月24日閲覧。
  4. ^ 吉川慧 (2020年10月21日). “衆院の任期満了選挙は過去1度だけ……その時、自民は惨敗した。残り1年、菅首相は「解散」できるか?”. Business Insider Japan. 2021年2月20日閲覧。
  5. ^ 前回の総選挙では台風の影響で開票が遅れたケースがあった。離島の開票割れた対応 台風で移送不能、福岡市は待たず 佐世保市現地で急きょ開票 - 西日本新聞、2017年10月24日
  6. ^ 執行経費基準法及び公職選挙法の一部改正について - 総務省、2019年5月31日
  7. ^ 特例郵便等投票ができます - 総務省
  8. ^ 選挙の管理執行における新型コロナウイルス感染症への対応について(第6報) - 総務省、2020年4月8日。「選挙は不要不急の外出には当たらない」という安倍首相(当時)の国会答弁も引用されている。
  9. ^ 投票所における新型コロナウイルス感染症対策 - 南魚沼市、2020年10月23日
  10. ^ 与党に「11月衆院選」論 支持率下落、最大限先延ばし:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年7月24日閲覧。
  11. ^ “自民・山口泰明選対委員長が引退の意向”. 毎日新聞. (2021年7月3日). https://mainichi.jp/articles/20210703/k00/00m/010/244000c 2021年7月3日閲覧。 
  12. ^ “<独自>自民・鴨下一郎氏が引退 次期衆院選出馬せず”. 産経新聞. (2021年8月2日). https://www.sankei.com/article/20210802-WJCSKIHB2FLRFN3I42ONFJSQSU/ 2021年8月2日閲覧。 
  13. ^ 自民・宮腰元沖北相が政界引退へ”. 産経ニュース (2021年5月26日). 2021年5月26日閲覧。
  14. ^ 【独自】馳浩・元文科相、石川知事選に出馬へ…自民幹部に意向伝える : 地方選 : 選挙・世論調査” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年7月1日). 2021年7月1日閲覧。
  15. ^ “自民 三重4区の三ッ矢氏“体調不良”引退の意向固める”. NHKニュース. (2021年5月17日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/tsu/20210517/3070005553.html 2021年5月17日閲覧。 
  16. ^ 伊吹元衆院議長、政界引退へ:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム (2021年6月28日). 2021年6月28日閲覧。
  17. ^ “自民・安藤裕氏、次期衆院選に不出馬の意向 京都6区”. 京都新聞. (2021年6月22日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/586188 2021年6月22日閲覧。 
  18. ^ 竹下亘・元自民党総務会長が今期限り引退へ 食道がん闘病毎日新聞2021年7月8日
  19. ^ “自民 塩崎恭久氏 次の衆院選に立候補せず 官房長官など歴任”. NHKニュース. (2021年6月19日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210619/k10013093641000.html.mp4&mode=1 2021年6月19日閲覧。 
  20. ^ “「政策課題に一区切り」自民の塩崎・元官房長官、次期衆院選の不出馬表明”. 読売新聞. (2021年6月19日). https://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20210619-OYT1T50240/ 2021年6月19日閲覧。 
  21. ^ “自民・愛媛4区 山本公一氏の不出馬を報告”. あいテレビ. (2019年9月27日). https://www.itv6.jp/n-st-ehime/news/NS_play.php?NewsData=assets/article/201909270907.php&path=video/201909270907.mp4&mode=1 2021年1月16日閲覧。 
  22. ^ “自民・穴見氏が不出馬へ 次期衆院選 大分1区”. 産経新聞. (2019年5月10日). https://www.sankei.com/politics/news/190510/plt1905100009-n1.html 2021年1月16日閲覧。 
  23. ^ “自民の川崎元厚労相が引退へ 三重2区後継に長男検討”. 東京新聞. (2021年7月4日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/114491 2021年7月4日閲覧。 
  24. ^ “比例九州の自民・冨岡勉氏、衆院長崎1区の立候補見送り”. 朝日新聞. (2021年6月24日). https://www.asahi.com/articles/ASP6S74GPP6STOLB00R.html 2021年6月25日閲覧。 
  25. ^ “公明・石田衆院議員引退へ 比例四国 山崎県議を党公認”. 高知新聞. (2020年9月25日). https://www.kochinews.co.jp/article/400163 2021年3月28日閲覧。 
  26. ^ “立憲・荒井氏が引退へ 衆院道3区、高齢理由か”. 北海道新聞. (2021年5月19日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/545371?rct=n_representatives 2021年5月19日閲覧。 
  27. ^ “衆院道6区 立民・佐々木氏、不出馬の意向”. 北海道新聞. (2021年5月12日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/542852/ 2021年5月12日閲覧。 
  28. ^ “赤松副議長が引退表明”. 日本経済新聞. (2020年12月12日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE1226X0S0A211C2000000 2021年1月16日閲覧。 
  29. ^ “山尾志桜里氏が国会議員引退を表明「次の選挙出ない」「新陳代謝が必要」”. 日刊スポーツ. (2021年6月17日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202106170000588.html 2021年6月17日閲覧。 
  30. ^ “社民・照屋氏、次期衆院選に出馬しない意向”. 日本経済新聞. (2019年9月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49992710Z10C19A9PP8000 2021年1月16日閲覧。 
  31. ^ 白須賀議員が離党届次の衆院選には出馬しない意向テレ朝ニュース2021年2月17日付

注釈編集

  1. ^ 任期満了日は2021年10月21日
  2. ^ 2021年2月、自由民主党を離党。