メインメニューを開く

影山 太郎(かげやま たろう、1949年2月13日[1]- )は、日本言語学者国立国語研究所所長、関西学院大学名誉教授

目次

来歴編集

神戸に生まれ育つ。1971年大阪外国語大学外国語学部英語学科卒、1973年大学院修士課程修了、神戸学院大学教養部助手、1975年南カリフォルニア大学大学院に留学し、1977年言語学の博士号取得、1978年1月大阪大学言語文化部専任講師、のち助教授1987年関西学院大学文学部教授、2009年退任、名誉教授、現職。

1973年東京言語研究所言語学論文賞、1980年「語彙の構造」で市河三喜賞1994年「文法と語形成」で金田一京助博士記念賞受賞。

2009年日本言語学会会長。文化審議会国語分科会漢字小委員会委員。

日本語と英語の比較の上で語彙の形成を主として研究する。

著書編集

  • 『語彙の構造 日英比較』松柏社 1980
  • 『文法と語形成』ひつじ書房(日本語研究叢書)1993
  • 『動詞意味論 言語と認知の接点』くろしお出版(日英語対照研究シリーズ)1996
  • 『形態論と意味』くろしお出版(日英語対照による英語学演習シリーズ)1999
  • 『ケジメのない日本語』岩波書店(もっと知りたい!日本語)2002

共編著編集

  • 『語形成と概念構造』由本陽子共著 研究社出版(日英語比較選書)1997
  • 『日英対照動詞の意味と構文』 大修館書店 2001
  • 『英語言語学の第一歩』ブレント・デ・シェン日比谷潤子共著 くろしお出版 2003
  • 『日本語の分析と言語類型』岸本秀樹共編 くろしお出版 2004
  • 『形容詞・副詞の意味と構文 日英対照』 大修館書店 2009
  • 『名詞の意味と構文 日英対照』編 大修館書店 2011
  • 『属性叙述の世界』編 くろしお出版 2012
  • 『日中理論言語学の新展望』全3巻 沈力共編 くろしお出版 2011-12
  • 『複合動詞研究の最先端 謎の解明に向けて』編 ひつじ書房 2013

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年

外部リンク編集