メインメニューを開く

日高スタリオンステーション

日高スタリオンステーション(ひだかスタリオンステーション)とは、北海道浦河郡浦河町にかつて存在した、種牡馬の繋養牧場である。照会先は荻伏ブリーディングシステム。

概要編集

1968年、民間初となるスタリオンステーションを開業。

近年は経営不振が続いたことから、2015年12月末で閉鎖された[1][2]。繋養されていた種牡馬については原則他牧場への移籍となるが、ウインクリューガーのように種牡馬を引退して乗馬に転じた馬も出ている。

繋養種牡馬編集

出典編集

  1. ^ 日高スタリオンステーションが年内で閉鎖 - netkeiba.com・2015年12月15日
  2. ^ 日高スタリオンステーション、年内めどに閉鎖! 収入の減少と将来の経営見据えて… - スポーツ報知・2015年12月15日
  3. ^ 供用種牡馬一覧”. JBISサーチ. 2015年10月12日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『新種牡馬銘鑑 1995』日本中央競馬会、68-82頁

外部リンク編集