メインメニューを開く
台湾総督府 > 民政部 > 警察本署 > 台南州警務課 > 台南市 > 台南警察署
中華民国内政部 > 警政署 > 台南市警察局
台湾の古蹟 > 直轄市定古蹟 > 台南市 > 中西区 > 民生緑園文化園区 > 旧台南警察署
台湾の芸術中国語版 > 美術 > 美術館 > 台南市美術館1館(近現代館)

旧台南警察署(きゅう-たいなん-けいさつしょ、繁体字: 原臺南警察署)は台湾台南市中西区にある直轄市定古蹟アール・デコ建築物。日本統治時代に台南市(台南州の州轄市)の台南警察署中国語版庁舎として建設され、戦後は2010年の県市合併と直轄市昇格前の 台南市政府(省轄市)警察局として使われていた。その後建物は2011年より台南市美術館が使用することになり[1]2019年に「台南市美術館1館」として再オープンした[2]

旧台南警察署
Old Tainan Police Station
中華民国(台湾)文化資産
舊臺南市警察局.jpg
旧台南警察署庁舎(修復前)
旧台南警察署の位置(台南市内)
旧台南警察署
旧台南警察署の位置(台湾内)
旧台南警察署

登録名称 原台南警察署
旧称 台南警察署
その他の呼称 台南市警察局
(1945-2010)
台南市近現代美術館1館
(2019-)
種類 官署(官公署
等級 直轄市定古蹟
文化資産登録
公告時期
1998年6月26日
位置 台湾
台南市中西区南門路37号
建設年代 大日本帝国の旗昭和5年(1930年)10月29~昭和6年(1931年11月20日
材質 鉄筋コンクリート
観覧費 台南市美術館を参照

沿革編集

前身編集

日本統治時代1896年明治29年)、大日本帝国の台湾統治を軍政から民政に改めるべく、地方制度を3県1庁に変更した。1901年(明治34年)、台湾総督府民政部は「警保課」を「警察本署」に、合わせてその管轄下の地方組織でも20庁とその傘下に警務課と支庁を置いた[3](p1-1)

1919年大正8年)警察本署は警務局に、その翌1920年に地方組織も5州2庁となり、このときに台南州に警務課が、州轄市の台南市にはその警務課の下に属する「警察署」が置かれた[3](p1-1)。当初は台南市役所とともに台南州庁の建物を間借りしていた[3](p1-1)。現在地は警察署ができる前は清朝統治時代台湾府城中国語版七寺八廟中国語版の一つ龍王廟中国語版があり、民生緑園造成とそれに伴う道路拡張で台南公園に移転される前の重道崇文坊中国語版も当地付近に建っていた[4]

建設編集

1930年(昭和5年)10月29日、州庁舎東隣の現在地で着工[3](p1-2)、翌1931年昭和6年)6月22日に上棟式、11月20日に落成した[3](p1-2)。台北南警察署(現存せず)に次いで台湾では2番目の警察専用庁舎だった[3](p1-1)。総費用は当時の金額で91,911円97銭(建築費用86,432円3銭、設備費用5,479円94銭)[3](p1-2)

台湾総督府から1930年に台南州へ配属された土木技術者で、台湾建築会台南州支部長でもあった梅澤捨次郎が設計を[5]、梅沢が所属した土木課営繕係が工事監督を、住吉秀松率いる地元の住吉組が施工を担った[6]

戦後編集

第二次世界大戦後、台南警察署は省轄市としての台南市政府警察局中国語版となった。数度の増築を経て1998年6月26日に台南市政府は警察署庁舎を市の指定古蹟に登録[7]。戦前に台湾各地で建てられた警察施設の中では保存状態も良好である[8]

2010年に市が台南県との合併で直轄市に昇格すると新市政府の警察局庁舎は新営区の旧台南県警察局庁舎に集約移転した。2011年6月17日、市長の頼清徳はこの建物と同区忠義路二段の「公11立体駐車場」跡地を台南市美術館(行政法人)の拠点として美術館とすることを発表した。警察署建物は1館(近現代美術館)、駐車場は2館(当代美術館)へとリニューアルし[9][10]2019年に正式開館[11]。さらに友愛街を隔てて南隣の指定古蹟「旧嘉南大圳組合事務所」とペデストリアン・デッキで連結することも嘉南農田水利会との間で合意に達している[12]。組合事務所は近現代美術館分館となる予定[13]。本館となる警察庁舎のうち、戦後増築された部分のいくつかは撤去される[13]

建築編集

 
紅漆を除去中の煉瓦(2015年8月)

警察署庁舎は折衷主義を採り入れ、扇形左右対称の外観である。1階は門廊(ポルチコ)に3つの門洞を備え、簡素な柱頭の柱で支えており、門廊の上には陽台(バルコニー)がある。門廊を穿ってメインホールと階段があり、左右両側の執務室と2階へ通じている。1階は角窓、2階はアーチ窓が配されている[14]

敷地中央には吹き抜けの中庭があり1本のガジュマルの大木が植えられている[13]、2階は入口直上に会議室、左翼側は1942年(昭和17年)増築された弁公室、右翼側は1959年以前に増築された礼堂(講堂)[13]、中庭を挟んだ奥は1982年に増設された局長室や応接室がある[13]

煉瓦壁編集

鉄筋コンクリート建築で、壁面は煉瓦造り。外壁建材は旧台南測候所ハヤシ百貨店と同様に北投窯業産の「大山形素焼十三溝面煉瓦」という当時台湾で流行していた素焼きで 1つの面に13本の溝が入ったものが使われている[14][9]釉掛け処理のない素焼きのため元は土色だった。これは当時の国防を考慮していたとされている。反射光量が少なく上空から視認されにくいことから空襲を免れたといわれている[9]。戦後は警察機関において識別を統一するため紅漆が上塗りされた。2015年以降の美術館計画の進行に伴い元の土色を甦らせている[9]

立地編集

周辺編集

民生緑園文化園区」の中心地である湯徳章紀念公園(旧民生緑園、大正公園)の南側、南門路と友愛街の交差点北東角にある。

交通編集

台南駅から中山路を南西へ約1km、徒歩約15分、または大台南公車中国語版2路で「孔廟(台灣文學館)」停留所下車

出典編集

  1. ^ (繁体字中国語)台南市美術館館址選定記者會2011-06-17,台南市政府
  2. ^ 台南美術館あす開館 日本時代庁舎再利用の1号館、2号館は坂氏設計/台湾 2019-01-26,フォーカス台湾
  3. ^ a b c d e f g (繁体字中国語)興興建築師事務所 (2006年10月). 臺南市市定古蹟「原臺南警察署」調查研究及修復計劃. 臺南市政府. ISBN 986-00-4442-2. https://tm.ncl.edu.tw/article?u=022_005_00004376. 
  4. ^ 重道崇文坊”. 台南市政府観光旅遊局 (2018年12月13日). 2019年8月25日閲覧。
  5. ^ 建築2014-04-15,ハヤシ百貨店
  6. ^ (繁体字中国語)陳秀琍 (2019年3月). “臺南消防博物館 見證城市百年消防變遷”. 臺南市刊 (臺南市政府新聞及國際關係處) (第三十一期 悠活臺南): 41. ISSN 2223-943X. https://w3fs.tainan.gov.tw/001/Upload/12/ebook/ebook_334753//pdf/full.pdf. 
  7. ^ (繁体字中国語)原台南警察署 文化部文化資産局国家文化資産網
  8. ^ (繁体字中国語)傅朝卿 (2013-05-25). 台灣建築的式樣脈絡 新藝術與新藝術裝飾式樣4. 五南圖書出版. p. 107. ISBN 9789571170862. http://ocw.knu.edu.tw/sysdata/doc/0/08a7ba1f2adbca6c/pdf.pdf. 
  9. ^ a b c d (繁体字中国語)原台南警察署 一年後卸妝2015-08-04,中華日報
  10. ^ (繁体字中国語)台南美術館在抗議聲中勘定2011-06-17,中国評論新聞網
  11. ^ 台南美術館あす開館 日本時代庁舎再利用の1号館、2号館は坂氏設計/台湾”. フォーカス台湾 (2019年1月26日). 2019年8月25日閲覧。
  12. ^ (繁体字中国語)〈南部〉連結友愛街 美術館廊道更有料2012-08-19,自由時報
  13. ^ a b c d e (繁体字中国語)臺南市立美術館興建工程委託先期規劃技術服務 華峰建築師事務所
  14. ^ a b (繁体字中国語)【中西區-景點】台南市警察局(原 台南警察署)(市定古蹟)”. 南人幫 (20011-06-02). 2017年11月26日閲覧。

関連書籍編集

  • (繁体字中国語)傅朝卿 (2001年11月). 台南市古蹟與歷史建築總覽. 台南市: 台灣建築與文化資產出版社. ISBN 957-30880-4-5. 
  • (繁体字中国語)范勝雄 (1988-07-01). 府城叢談 (4). 臺南市: 臺南市政府. pp. 89頁. ISBN 957-02-2143-7. 

関連項目編集


外部リンク編集