メインメニューを開く

人物編集

卒業研究に朝永ゼミに入ったことをきっかけに素粒子宇宙線の研究を始める。卒業後友人の碓井恒丸(名古屋大学名誉教授)の紹介で気象台に勤めて素粒子論的宇宙線の研究を始める。初期の論文は素粒子論の応用の色彩が強かったが渡米後、本格的な宇宙線研究者になる。1953年にはγ線天文学の提唱、1955年には宇宙線の超新星起源説等を唱えた。名大に移った後は実験計画にも参画し、「はくちょう」の打ち上げ等に貢献している。

早川の弟子に奥田治之松本敏雄田中靖郎[1]山下廣順[2]らがいる。孫弟子に舞原俊憲佐藤修二中川貴雄[3]らが、曾孫弟子に田村元秀[4]らがいる。同じ物理学者早川尚男は息子。

略歴編集

受賞歴編集

栄典編集

著書編集

単著編集

  • 『進化する宇宙』(講談社 ブルーバックス 1969年
  • 『Cosmic Ray Physics』(John Wiley & Sons 1969年)
  • 『宇宙線』(筑摩書房 筑摩総合大学 1972年
  • 『宇宙物理学』(岩波書店 現代物理学の基礎11 1973年
  • 『銀河系・星間塵』(恒星社厚生閣 現代天文学講座8 1980年
  • 『新しい宇宙の探求』(岩波書店 1990年
  • 『宇宙・航空の時代を拓く』

共著編集

編著編集

訳書編集

  • 『素粒子物理学の誕生』(L.W.ブラウン・L.ホジソン編 講談社 1986年

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 弟子と言うよりは共同研究者
  2. ^ 2004年名古屋大学副総長。1962-1978年早川門下。
  3. ^ 舞原・佐藤・中川の3人は奥田の弟子である。
  4. ^ 田村は佐藤の弟子である。
  5. ^ 中日文化賞:第21回-第30回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月31日閲覧。
  6. ^ Marcel Grossmann Meeting MARCEL GROSSMANN AWARDS”. International Center for Relativistic Astrophysics. 2015年9月17日閲覧。

外部リンク編集