メインメニューを開く

旭川大雪アリーナ

北海道旭川市にある多目的アリーナ

旭川大雪アリーナ(あさひかわたいせつアリーナ)は[1]北海道旭川市にある多目的アリーナ道北アークスがネーミングライツ(命名権)を取得し、名称が道北アークス大雪アリーナ(どうほくアークスたいせつアリーナ)となっている[4]

道北アークス大雪アリーナ[1]
大雪アリーナ.JPG
施設外観(2007年)
情報
旧名称 旭川大雪アリーナ
用途 各種スポーツイベントなど
管理運営 旭川振興公社(指定管理者[2]
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート造ステンレス板葺[3]
敷地面積 20,561.77 m² [3]
建築面積 6,889.72 m² [3]
延床面積 9,460.28 m² [3]
階数 地上2階建
高さ 21 m(競技場最高部)
駐車台数 一般:152台
大型バス:8台
開館開所 1986年9月28日[3]
所在地 070-8004
北海道旭川市神楽4条7丁目
座標 北緯43度45分32秒 東経142度20分59秒 / 北緯43.75889度 東経142.34972度 / 43.75889; 142.34972座標: 北緯43度45分32秒 東経142度20分59秒 / 北緯43.75889度 東経142.34972度 / 43.75889; 142.34972
テンプレートを表示

概要編集

旭川市民の健康増進と体育の振興を図る目的で設置[3]。各種スポーツ大会やイベントなどに使用されており、一般開放も行っている。冬期はアイスリンクとなってイベントに使用されているほか、スケートリンクとして開放している。エスポラーダ北海道のホーム会場の1つになっている[5]。かつては音楽イベント『旭川ライブジャム』を開催したこともある[6]

周辺には道北地域旭川地場産業振興センター(道の駅あさひかわ)、旭川市大雪クリスタルホール、神楽市民交流センターがある。

施設編集

大会実績編集

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 旭川市旭川大雪アリーナ条例.
  2. ^ 指定管理者指定管理者制度導入施設”. 旭川市. 2016年7月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 平成26年度 指定管理者管理運営状況シート (PDF)”. 旭川市. 2016年7月1日閲覧。
  4. ^ 道北アークスが「旭川大雪アリーナ」命名権取得、年額324万円”. リアルエコノミー. 2019年4月2日閲覧。
  5. ^ ホーム会場”. エスポラーダ北海道. 2016年7月1日閲覧。
  6. ^ 市政トピックス”. こうほう旭川市民. 旭川市 (2002年). 2016年7月1日閲覧。
  7. ^ Asia League Ice Hockey 2011-2012 / Regular” (英語). アジアリーグアイスホッケー. 2016年7月1日閲覧。
  8. ^ Asia League Ice Hockey 2014-2015 / Regular” (英語). アジアリーグアイスホッケー. 2016年7月1日閲覧。
  9. ^ ウクライナを下しワールドカップへ弾み フットサル日本代表 国際親善試合(北海道・旭川大雪アリーナ)試合結果”. 日本サッカー協会(JFA) (2012年10月27日). 2016年7月1日閲覧。

参考資料編集

外部リンク編集