メインメニューを開く

昨日は彼女も恋してた』(きのうはかのじょもこいしてた)は、入間人間による日本小説。イラストはメディアワークス文庫アスキー・メディアワークス)より2011年11月に刊行された。その続編『明日も彼女は恋をする』(あしたもかのじょはこいをする)は2011年12月に刊行された。

昨日は彼女も恋してた
明日も彼女は恋をする
小説
著者 入間人間
イラスト
出版社 アスキー・メディアワークス
レーベル メディアワークス文庫
発売日 2011年11月~2011年12月
巻数 全2巻
テンプレート - ノート

目次

概要編集

『昨日は彼女も恋してた』及び『明日も彼女は恋をする』は上下巻構成の小説で、上巻に当たる『昨日は…』には1章から5章まで、下巻に当たる『明日も…』には6章から10章までが基本的に収録されている。作品では9年前の世界へのタイムトラベルについて描かれており、上下巻通じて「僕」視点による描写と「わたし」視点による描写が交互に繰り返されているのが特徴である。

ストーリー編集

昨日は彼女も恋してた編集

松平に呼ばれた「僕」とマチは、車を改造したタイムマシンで「9年前」へ飛ばされた。そして「9年前」の「僕」とマチに出会う。
……ニアと「わたし」は「9年前」の松平を探し、自分たちを「現在」へ戻してもらおうとする。

明日も彼女は恋をする編集

「わたし」が戻ってきたのは改変された「現在」だった。「わたし」は元の「現在」を取り戻そうと決意する。
……「僕」は「現在」が改変されるのを阻止するため、もう一度「9年前」へ向かおうとする。

収録内容編集

昨日は彼女も恋してた編集

  • 『しゃりんのうた』
  • 一章『振り返ると全力で』
  • 二章『わたしは貴方にあなたは私に』
  • 三章『きみにだけ聞かせない』
  • 四章『昨日は彼女も恋してた』
  • 五章『あちらが立てばこちらが立たず』

明日も彼女は恋をする編集

  • 六章『Back To The Past』
  • 七章『四輪駆動』
  • 八章『神の島』
  • 九章『どんな時もきみのために』
  • 十章『明日も彼女は恋をする』
  • 『D.S.』

登場人物編集

(「僕」視点による人物描写)

「僕」
島に住む大学生。松平が作ったタイムマシンによりマチと一緒に「9年前」にタイムトラベルする。「9年前」の世界では小学生のマチに懐かれる。
マチ
事故のせいで現在は車イスでの生活をしている。「僕」と同じ小学校に通っていたが、過去の喧嘩が原因で「僕」を嫌っている。「9年前」の世界では小学生の「僕」に懐かれる。


(「わたし」視点による人物描写)

「わたし」
松平の研究所のバイト。事故のせいで車イスでの生活をしている。ニアのことを不愉快に思っている。「9年前」の世界では小学生のニアに懐かれる。
ニア
松平が作ったタイムマシンにより「わたし」と一緒に「9年前」にタイムトラベルする。「9年前」の世界では小学生の「わたし」に懐かれる。


登場人物

林田近雄(はやしだ ちかお)
井上真理(いのうえ まり)
松平貴弘(まつだいら たかひろ)
30歳代半ばの自称天才科学者。タイムトラベルの研究に生涯を費やすと宣言している。
裏袋美住(うらぶくろ みか)
マチが小学生だった時の同級生。
玻璃綾乃(はり あやの)
「わたし」の元同級生で癖毛が特徴の男。
村上清春(むらかみ きよはる)
「僕」の祖母。認知症となっており「僕」のことを「ヤガミさん」という名前で呼ぶ。
ミー婆
「僕」の向かいの家に住む老婆。悪戯好きで有名。
剣崎(けんざき)
島で数少ない自動車所有者。軽トラで島内の荷物の配達をしている。
前田(まえだ)
代々灯台守を務める前田家の長女。
玻璃先生
小学校の先生。「わたし」が小学生のときの担任。

用語編集

針島
作品の舞台となる人口500人前後の離島。本土との間に1日4本の定期便がある。
自転車レース
島内で行われる島内一周自転車レースのこと。
セーニョマーク
演奏記号( )。「D.S.」マークと対になる。作中に登場する鳩時計の落書模様がこのマークに似ているとの描写がある。

既刊一覧編集

外部リンク編集