明治大学体育会卓球部(めいじだいがくたいいくかいたっきゅうぶ、: Meiji University Table Tennis Club)は、明治大学体育会所属の卓球チーム。本拠地東京都

明治大学体育会卓球部
スポーツ 卓球
所属リーグ 関東学生卓球連盟
サイト 公式サイト
本拠地
ホームタウン 東京都の旗 東京都
■テンプレート■解説プロジェクト:卓球

概要

編集

1931年昭和6年)創部。関東学生卓球連盟所属。

団体戦では全日本大学対抗卓球選手権(インカレ)は優勝18回で大学別最多を誇り、関東学生リーグ戦の累計優勝回数は累計47回で新記録更新中である。

個人戦では全日本学生卓球選手権大会優勝28回[1]

日本チャンピオンは9名を輩出。日本卓球界を牽引する存在である。

2020年東京オリンピックでは、倉嶋洋介2016年リオデジャネイロオリンピックに続き日本代表チームの監督を務め、水谷隼は日本人初の金メダル(混合ダブルス)を獲得した。

エピソード

編集

2007年の映画『ピンポン』では、当時の明大卓球部監督平岡義博が主人公の所属する卓球チーム監督役で出演し、卓球部選手たちが撮影協力している。

主なOB

編集
 
2017ATTC前原正浩国際卓球連盟副会長、前列中央)
 
水谷隼(中央、2016リオ五輪
 
日本代表チームの倉嶋洋介監督と丹羽孝希2017ATTC
 
日本代表ダブルスの森薗政崇(一番右、2017ATTC

脚注

編集

関連項目

編集

外部リンク

編集