歴史書懇話会(れきししょこんわかい)とは、歴史書を精力的に発行する日本の出版社による互助組織である。略称は歴懇

1967年に設立準備委員会が発足、翌1968年(昭和43年)6月、7社(御茶の水書房(退会)、学生社至文堂(退会)、東京大学出版会塙書房山川出版社吉川弘文館)により結成され、学生社の鶴岡阷巳が会長に就任した[1]

一時期は復刊ドットコムの協力を得た共同復刊企画の歴懇リバイバルと歴懇クラシック、懇意の特設書店(21店舗)などで開催される歴史書ブックフェア(歴懇フェア)隔月刊の『歴史書通信』の発行など、様々な歴史書の普及事業を行っている。事務局は、会員社である吉川弘文館の本社ビル内にある。

会員社は、歴史図書総目録を刊行する「歴史図書目録刊行会」も構成する。

歴史書通信編集

歴史書通信(れきししょつうしん)は歴史書懇話会が発行する歴史出版物の無料PR誌である。1973年6月に書店への販促を志向した季刊誌として創刊された。1984年4月の64号より隔月刊に変更、誌面もリニューアルされた。163号(2006年1月)からは、歴史書懇話会公式ウェブサイトでも、PDF ファイルで通読できる[2]

会員社編集

2019年7月現在の会員社は以下の9社である[3]

過去の会員社編集

2012年以前において、特に注記のないものの出典は「年表・歴史書懇話会の45年」(『歴史書通信』第200号)。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 歴史書懇話会 2012, p. 27.
  2. ^ 横井 2012.
  3. ^ 歴史書懇話会会員社WEBサイト”. 歴史書懇話会. 2019年7月7日閲覧。
  4. ^ a b 「歴懇ニュース」 『歴史書通信』 209号、18頁、2013年9月http://www.hozokan.co.jp/rekikon/pdf/tu209.pdf 
  5. ^ 「歴懇ニュース」 『歴史書通信』 215号、13頁、2014年9月http://www.hozokan.co.jp/rekikon/pdf/tu215.pdf 

参考文献編集

外部リンク編集