メインメニューを開く

春成 秀爾(はるなり ひでじ、1942年12月15日 - )は、日本の考古学者国立歴史民俗博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授。専攻は日本考古学。主たる研究領域は旧石器時代から古墳時代にかけての儀礼・祭り・社会構造。日本第四紀学会評議員。考古学研究会会員。文学博士

2003年平成15年)、弥生時代の始まりが従来の一般的な年代観よりも500年さかのぼる可能性があるとの見解を発表し、考古学における先史時代の実年代見直しの動きを主導した。また、佐原真の没後、その業績をまとめた『佐原真の仕事』(全6巻)を金関恕とともに編集しており、2005年(平成17年)より岩波書店から刊行されている。

2003年 九州大学 文学博士 論文の題は「縄文社会論究」[1]

経歴編集

  • 1942年昭和17年)、兵庫県神戸市生まれ。
  • 1966年(昭和41年)、岡山大学法文学部(日本史)卒業。九州大学大学院文学研究科修士課程(考古学)中退。
  • 1966年、岡山大学法文学部助手
  • 1972年(昭和47年)、岡山大学法文学部講師
  • 1980年(昭和55年)、岡山大学文学部講師
  • 1980年、文化庁国立歴史民俗博物館(仮称)設立準備室文化財調査官
  • 1981年(昭和56年)、国立歴史民俗博物館考古研究部助教授
  • 1990年(平成2年)、国立歴史民俗博物館考古研究部教授
  • 1993年(平成5年)、第6回濱田青陵賞受賞
  • 1997年(平成9年)、国立歴史民俗博物館考古研究部長
  • 2004年(平成16年)、大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館研究部教授
  • 2008年(平成20年)、国立歴史民俗博物館および総合研究大学院大学名誉教授。

主な著作編集

論文編集

  • 「明石市西八木海岸の発掘調査」(編著)『国立歴史民俗博物館研究報告』第13集、1987年。
  • 旧石器時代から縄文時代へ」『第四紀研究』40-6号、2001年。
  • 「森本から小林への遺産-小林行雄『日本考古学概説』の誕生-」『考古学研究』48-4号、2002年。
  • 「弥生早・前期の鉄器問題」『考古学研究』50-3号、2003年12月。
  • 「日本の青銅器文化東アジア」『国立歴史民俗博物館研究報告』第119集、2004年3月。

著書編集

共著編集

編著編集

共編著編集

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク編集