メインメニューを開く

春田 正毅(はるた まさたけ、1947年9月27日 - )は、日本化学者首都大学東京名誉教授名古屋工業大学特別招聘教授。触媒作用の研究の第一人者として知られる[1]

春田正毅
生誕 (1947-09-27) 1947年9月27日(72歳)
日本の旗 日本 岐阜県多治見市
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 ナノ材料設計
研究機関 大阪工業技術試験所
産業技術総合研究所
首都大学東京
出身校 名古屋工業大学
主な業績 金の触媒作用の独自な基盤的発見
主な受賞歴 近畿化学協会第44回化学賞(1992年)
大阪科学賞(1997年)
科学技術庁長官賞(1998年)
触媒学会賞(2002年)
IPMI Henry J. Albert Award(2002年)
日本化学会賞(2010年)
トムソン・ロイター引用栄誉賞(2012年)
中日文化賞(2014年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

経歴編集

岐阜県多治見市出身。1966年名古屋高等学校卒業、1970年名古屋工業大学卒業、1975年京都大学大学院工学研究科工業化学専攻博士課程修了。1976年工学博士(京都大学)。論文の題は「A study on the electrolysis in liquid hydrogen fluoride (液体フッ化水素中での電解反応に関する研究)」[2]

1976年から大阪工業技術試験所で主に水素の研究に従事し、1987年に金の触媒特性に関する論文を発表した。2001年からは産業技術総合研究所に移り、2005年から現在まで首都大学東京教授。2013年からは、名古屋工業大学の特別招聘教授を兼任している。1994年にはウィーン工科大学の客員教授としてドイツに赴任した。

受賞歴編集

脚注編集

参照編集

外部リンク編集