7代目 春風亭 柳枝(しゅんぷうてい りゅうし、1893年明治26年〉9月 - 1941年昭和16年〉1月14日)は、旧東京府出身の落語家。本名、渡辺 金太郎(わたなべ きんたろう)。本所を裏沢町の裏長屋に住んでいた。

7代目 春風亭しゅんぷうてい 柳枝りゅうし
本名 渡辺 金太郎
別名 エヘヘの柳枝
生年月日 1893年9月
没年月日 1941年1月14日
出身地 日本の旗 日本東京都
師匠 5代目柳亭左楽
弟子 4代目柳亭痴楽
名跡 1. 柳亭左太郎(1909年 - 1916年)
2. 福楽(1916年 - 1918年)
3. 春風亭楓枝(1918年 - 1920年)
4. 2代目柳亭痴楽(1920年 - 1927年)
5. 5代目柳亭芝楽(1927年 - 1934年)
6. 7代目春風亭柳枝(1934年 - 1941年)
活動期間 1909年 - 1941年
配偶者 岸沢式多女
所属 柳派

経歴編集

1893年、旧東京府(現在の東京都)に生まれる。落語家になる前は茶番師をしていたとも、太神楽師をしていたとも、ドサ廻りの役者をしていたともされる。

1909年明治43年)4月、5代目柳亭左楽に入門し、左太郎を名乗る。191617年大正5~6年)頃には福楽、1918年(大正7年)には楓枝を名乗った。1920年(大正9年)12月、真打に昇進し、2代目柳亭痴楽を襲名する。1927年昭和2年)11月に5代目柳亭芝楽を襲名し、1934年(昭和9年)11月には7代目春風亭柳枝を襲名した。

丸顔で出っ歯の愛敬ある顔立ちで、噺の合間に「エヘヘ」というフレーズを織り交ぜることから「エヘヘの柳枝」と呼ばれた。歌い調子のリズミカルな口調で滑稽噺を得意とし、レコード吹き込みも多く、将来を嘱望されていたが、病気のため49歳の若さで死去した。墓所は四谷西応寺。戒名は「東膠院釈柳枝居士」。

人物編集

出典編集