メインメニューを開く

昭和残侠伝 唐獅子牡丹』(しょうわざんきょうでん からじしぼたん)は、1966年1月13日に公開された日本映画。監督は佐伯清、主演は高倉健、製作は東映である。昭和残侠伝シリーズの第2作。

昭和残侠伝
唐獅子牡丹
監督 佐伯清
脚本 山本英明
松本功
製作 俊藤浩滋
吉田達
出演者 高倉健
池部良
三田佳子
岡崎二朗
津川雅彦
芦田伸介
菅原謙二
水島道太郎
音楽 菊池俊輔
主題歌 高倉健『昭和残侠伝』
撮影 林七郎
公開 日本の旗 1966年1月13日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 昭和残侠伝
次作 昭和残侠伝 一匹狼
テンプレートを表示

あらすじ編集

時は昭和初期。花田秀次郎は宇都宮の石材採掘請負業を営む左右田組(そうだぐみ)の客人であった。秀次郎の弟分である周平は、恋仲であるくみが左右田組親分の息子に惚れられていることを知りながら駆け落ちをする。秀次郎は駆け落ちは自分の差し金だと左右田組の親分に話を通しに行く。駆け落ちは許されたがその代わりに、同じく石材採掘請負業を営む対抗組織である榊組(さかきぐみ)の親分を斬る事を命ぜられ殺す。三年の刑期を終えた秀次郎は真っ先に榊組の親分の墓参りに行くが、墓前で偶然に榊組親分の妻子に出会う。左右田組の仁義のないやり方を出所後弟分である周平に聞かされていた秀次郎は、左右田組に痛めつけられている榊組の若い衆を助ける。

出演者編集

主題歌編集

『昭和残侠伝』

  1. ^ eiga.com」による本作の紹介ページのこの役の女優は赤木春恵になっているがそれは誤り。本作のクレジットロールにも赤木の名前は載っていない。赤木は昭和残侠伝シリーズの第7作「昭和残侠伝 死んで貰います」に出演。赤木のクレジットもされている。