メインメニューを開く

春日駅 (東京都)

日本の東京都文京区にある東京都交通局の駅

春日駅(かすがえき)は、東京都文京区にある、東京都交通局都営地下鉄)のである。

春日駅
A3出入口(2007年8月)
A3出入口(2007年8月)
かすが
Kasuga
(文京シビックセンター前*)
東京都文京区本郷四丁目15-16(三田線)
東京都文京区春日一丁目16-17(大江戸線)
所属事業者 東京都交通局都営地下鉄
電報略号 春(駅名略称)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線(三田線)
1面2線(大江戸線)
乗降人員
-統計年度-
(三田線)68,823人/日
(大江戸線)58,904人/日
(合計)127,727人/日
-2017年-
開業年月日 1972年昭和47年)6月30日
乗入路線 2 路線
所属路線 [1]三田線
駅番号 I12[1]
キロ程 11.3km(目黒起点)
I 11 水道橋 (0.7km)
(1.4km) 白山 I 13
所属路線 大江戸線[1]
駅番号 E07[1]
キロ程 6.8km(都庁前起点)
E 06 飯田橋 (1.0km)
(0.8km) 本郷三丁目 E 08
乗換 M22[1]N11[1]後楽園駅
東京メトロ丸ノ内線南北線
備考 * 大江戸線のみ
テンプレートを表示

目次

概要編集

三田線大江戸線が乗り入れており、駅番号として、三田線にはI 12、大江戸線にはE 07がそれぞれ制定されている。大江戸線の駅は副駅名として文京シビックセンターが案内される。所在地は、三田線が本郷四丁目、大江戸線が春日一丁目となっている。

当駅は東京地下鉄(東京メトロ)後楽園駅に連絡改札口(東京都交通局の管理)を介してつながっており、同社の丸ノ内線南北線に乗り換えができる[2]。連絡改札口は大江戸線ホーム中央の階段を下りた所に設置されている。

2013年3月16日より、この連絡改札口を経由して後楽園駅の駅構内を通過できる、駅構内通過サービスが導入された[3][4]

歴史編集

  • 1972年昭和47年)6月30日:都営地下鉄6号線、日比谷 - 巣鴨間開業と共に開業。
  • 1978年(昭和53年)7月1日:都営地下鉄6号線を「三田線」に改称。
  • 2000年平成12年)
    • 7月:三田線ホームにホームドアを設置。
    • 12月12日:都営大江戸線国立競技場 - 清澄白河 - 都庁前間全線開業により乗換駅になる。同時に営団地下鉄(現・東京メトロ)と乗換業務を開始(接続:後楽園駅)。
  • 2012年(平成24年)
    • 5月13日:大江戸線ホームにホームドアを設置。
    • 6月23日:大江戸線ホームのホームドア稼動開始。
  • 2013年(平成25年)3月16日:駅構内通過サービス導入(春日駅⇔後楽園駅)。
  • 2015年(平成27年)4月1日:三田線業務が日比谷駅務管理所水道橋駅務区から上野御徒町駅務管理所上野御徒町駅務区に移管される。

駅名の由来編集

近傍の町名「春日」から。計画時の仮称は「春日町」であった[5]。春日は春日局の領地だったことに由来する。

駅構造編集

三田線は相対式ホーム2面2線の地下駅で、ホームは地下1階に、大江戸線は島式ホーム1面2線の地下駅で、ホームは地下3階にある。

のりば編集

番線 路線 行先 備考
都営三田線ホーム(地下2階)
1   都営三田線 日比谷白金高輪目黒・東急線方面 目黒駅から   東急目黒線へ直通
2 巣鴨高島平西高島平方面
都営大江戸線ホーム(地下4階)
3   都営大江戸線 飯田橋新宿西口都庁前方面
4 上野御徒町両国大門方面

(出典:都営地下鉄:駅構内図


巣鴨駅務管区上野御徒町駅務区の管轄。大江戸線側(連絡改札口を含む)は直営駅、三田線側は東京都営交通協力会が受託する業務委託駅になっている。

利用状況編集

  • 都営地下鉄[利用客数 1]
    • 三田線 - 2017年度の1日平均乗降人員は68,823人(乗車人員:34,523人、降車人員:34,300人)である。
      三田線全27駅の中では日比谷駅に次ぐ第7位。
    • 大江戸線 - 2017年度の1日平均乗降人員は58,904人(乗車人員:29,681人、降車人員:29,223人)である。
      大江戸線全38駅の中では新宿西口駅に次ぐ第11位。

年度別1日平均乗降人員編集

各年度の1日平均乗降人員は下表の通りである。

年度別1日平均乗降人員[* 1][* 2]
年度 都営地下鉄
三田線 大江戸線
1日平均
乗降人員
増加率 1日平均
乗降人員
増加率
1974年(昭和49年) 17,018 未開業
1975年(昭和50年) 18,468 8.5%
1976年(昭和51年) 19,689 6.6%
1977年(昭和52年) 20,085 2.0%
1978年(昭和53年) 19,797 −1.4%
1979年(昭和54年) 19,512 −1.4%
1980年(昭和55年) 21,848 12.0%
1981年(昭和56年) 22,622 3.5%
1982年(昭和57年) 22,618 −0.0%
1983年(昭和58年) 23,276 2.9%
1984年(昭和59年) 24,334 4.5%
1985年(昭和60年) 24,291 −0.2%
1986年(昭和61年) 24,855 2.3%
1987年(昭和62年) 25,175 1.3%
1988年(昭和63年) 25,175 0.0%
1989年(平成元年) 26,466 5.1%
1990年(平成02年) 27,890 5.4%
1991年(平成03年) 29,265 4.9%
1992年(平成04年) 29,768 1.7%
1993年(平成05年) 29,714 −0.2%
1994年(平成06年) 29,394 −1.1%
1995年(平成07年) 10,619 [要出典]
1996年(平成08年) 27,449
1997年(平成09年) 26,513 −3.4%
1998年(平成10年) 25,700 −3.1%
1999年(平成11年) 24,997 −2.7%
2000年(平成12年) 28,927 15.7% 25,464
2001年(平成13年) 41,000 [要出典] 9,699 [要出典]
2002年(平成14年) 25,363 14,173
2003年(平成15年) 26,125 3.0% 15,934 12.4%
2004年(平成16年) 49,730 90.4% 39,474 147.7%
2005年(平成17年) 51,198 3.0% 41,303 4.6%
2006年(平成18年) 53,239 4.0% 43,881 6.2%
2007年(平成19年) 55,407 4.1% 46,320 5.6%
2008年(平成20年) 57,516 3.8% 48,335 4.4%
2009年(平成21年) 58,483 1.7% 49,058 1.5%
2010年(平成22年) 58,571 0.2% 49,740 1.4%
2011年(平成23年) 57,657 −1.6% 49,280 −0.9%
2012年(平成24年) 59,818 3.7% 51,624 4.8%
2013年(平成25年) 62,007 3.7% 53,811 4.2%
2014年(平成26年) 63,233 2.0% 54,748 1.7%
2015年(平成27年) 65,611 3.8% 56,626 3.4%
2016年(平成28年) 67,579 3.0% 57,826 2.1%
2017年(平成29年) 68,823 1.8% 58,904 1.9%

年度別1日平均乗車人員(1972年 - 2000年)編集

各年度の1日平均乗車人員数は下表の通りである。

年度別1日平均乗車人員[* 2]
年度 三田線 大江戸線 出典
1972年(昭和47年) [備考 1]5,578 未開業 [東京都統計 1]
1973年(昭和48年) 7,115 [東京都統計 2]
1974年(昭和49年) 8,586 [東京都統計 3]
1975年(昭和50年) 9,248 [東京都統計 4]
1976年(昭和51年) 9,849 [東京都統計 5]
1977年(昭和52年) 9,995 [東京都統計 6]
1978年(昭和53年) 9,773 [東京都統計 7]
1979年(昭和54年) 9,585 [東京都統計 8]
1980年(昭和55年) 10,859 [東京都統計 9]
1981年(昭和56年) 11,219 [東京都統計 10]
1982年(昭和57年) 11,219 [東京都統計 11]
1983年(昭和58年) 11,800 [東京都統計 12]
1984年(昭和59年) 12,052 [東京都統計 13]
1985年(昭和60年) 12,090 [東京都統計 14]
1986年(昭和61年) 12,389 [東京都統計 15]
1987年(昭和62年) 12,490 [東京都統計 16]
1988年(昭和63年) 12,665 [東京都統計 17]
1989年(平成元年) 13,188 [東京都統計 18]
1990年(平成02年) 13,879 [東京都統計 19]
1991年(平成03年) 14,524 [東京都統計 20]
1992年(平成04年) 14,812 [東京都統計 21]
1993年(平成05年) 14,770 [東京都統計 22]
1994年(平成06年) 14,587 [東京都統計 23]
1995年(平成07年) 14,112 [東京都統計 24]
1996年(平成08年) 12,994 [東京都統計 25]
1997年(平成09年) 12,664 [東京都統計 26]
1998年(平成10年) 12,236 [東京都統計 27]
1999年(平成11年) 12,056 [東京都統計 28]
2000年(平成12年) 11,899 [備考 2]5,264 [東京都統計 29]

年度別1日平均乗車人員(2001年以降)編集

年度別1日平均乗車人員[* 2]
年度 三田線[備考 3] 大江戸線[備考 4] 出典
2001年(平成13年) 12,263 6,416 [東京都統計 30]
2002年(平成14年) 12,573 7,240 [東京都統計 31]
2003年(平成15年) 12,925 8,321 [東京都統計 32]
2004年(平成16年) 13,340 8,647 [東京都統計 33]
2005年(平成17年) 13,638 9,107 [東京都統計 34]
2006年(平成18年) 26,260 22,570 [東京都統計 35]
2007年(平成19年) 27,549 23,620 [東京都統計 36]
2008年(平成20年) 28,619 24,652 [東京都統計 37]
2009年(平成21年) 29,119 24,992 [東京都統計 38]
2010年(平成22年) 29,225 25,236 [東京都統計 39]
2011年(平成23年) 28,783 25,014 [東京都統計 40]
2012年(平成24年) 29,869 26,207 [東京都統計 41]
2013年(平成25年) 31,011 27,279 [東京都統計 42]
2014年(平成26年) 31,657 27,695 [東京都統計 43]
2015年(平成27年) 32,898 28,587 [東京都統計 44]
2016年(平成28年) 33,900 29,168 [東京都統計 45]
2017年(平成29年) 34,523 29,681 [東京都統計 46]
備考
  1. ^ 1972年6月30日開業。開業日から1973年3月31日までの計275日間を集計したデータ。
  2. ^ 2000年12月12日開業。開業日から翌年3月31日までの計110日間を集計したデータ。
  3. ^ 2006年度以降の乗車人員は、大江戸線との乗換人員を含む値。
  4. ^ 2006年度以降の乗車人員は、三田線との乗換人員を含む値。

駅周辺編集

バス路線編集

東京都交通局の「春日駅前(文京シビックセンター前)」および、文京区コミュニティーバス Bーぐるの「文京シビックセンター」および「春日駅」停留所が最寄りである。なお、「春日駅前」停留所は2000年12月11日まで「文京区役所前」という名称であった。

隣の駅編集

東京都交通局
  都営三田線
水道橋駅 (I 11) - 春日駅 (I 12) - 白山駅 (I 13)
  都営大江戸線
飯田橋駅 (E 06) - 春日駅 (E 07) - 本郷三丁目駅 (E 08)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 東京地下鉄 公式サイトから抽出(2019年05月26日閲覧)
  2. ^ そのため、駅の入口には三田線、大江戸線のほかに、  丸ノ内線、 南北線と一緒に記されている。
  3. ^ 東京の地下鉄のサービス一体化に向けた取り組みについて - 東京都交通局ニュースリリース 2011年11月2日
  4. ^ 平成25年3月16日(土) 東京の地下鉄がさらに便利になります - 東京都交通局ニュースリリース 2013年2月15日
  5. ^ 大江戸線の練馬春日町駅の仮称も「春日町」であった。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集