時価総額

上場企業の株価に発行済株式数を掛けたもの

時価総額(じかそうがく、: market capitalization)、株式時価総額とは、ある上場企業株価に発行済株式数を掛けたものであり、企業価値や規模[1]を評価する際の指標である。

株式に関係する変数の関係

時価総額が大きいということは、業績だけではなく将来の成長に対する期待も大きいことを意味する。時価総額は企業尺度や企業の実力の一面にしかすぎないが、市場の期待値を反映した尺度の一つであり、一般には企業利益資産が大きいほど時価総額も高くなる。しかし、株価は時に過大(過小)評価される場合があるため、絶対的なものではない。

これまでに時価総額2兆ドルに到達したことがある企業は、到達した順にサウジアラムコ[注釈 1]Apple[注釈 2]マイクロソフト[注釈 3]のみである。

時価総額ランキング編集

世界編集

世界における時価総額上位10社(2022年5月27日時点)[2]

順位 企業名 時価総額
(兆US$)
業種
1 サウジアラムコ 2.387 石油・ガス  
2 Apple 2.327 電気機器  
3 マイクロソフト 1.988 情報・通信業  
4 アルファベット (Google) 1.426 コングロマリット  
5 アマゾン 1.130 小売業  
6 テスラ 0.733 輸送用機器  
7 バークシャー・ハサウェイ 0.689 保険業  
8 メタ (Facebook) 0.547 ソーシャルメディア  
9 ジョンソン・エンド・ジョンソン 0.472 サービス業  
10 TSMC 0.471 電気機器  

2022年5月27日時点の世界の上場企業の時価総額の合計は、85兆2460億ドルである。

日本企業でのランキング最上位はトヨタ自動車であり、第37位(時価総額2276億ドル)である。

日本編集

国内における時価総額上位20社(2022年5月27日時点)[3]

順位 企業名 時価総額
(百万円)
業界
1 トヨタ自動車 34,000,433 自動車
2 日本電信電話 (NTT) 14,473,562 通信サービス
3 ソニーグループ 14,407,859 総合電機
4 キーエンス 11,929,336 半導体・電子部品
5 KDDI 10,470,191 通信サービス
6 三菱UFJフィナンシャル・グループ 9,812,737 銀行
7 東京エレクトロン 9,294,309 製造用機械・電気機械
8 ソフトバンクグループ 9,202,295 通信サービス
9 リクルートホールディングス 7,462,224 人材紹介・人材派遣
10 信越化学工業 7,433,264 化学・化成品
11 任天堂 7,363,572 趣味・娯楽用品
12 ソフトバンク 7,199,866 通信サービス
13 オリエンタルランド 7,113,779 レジャー・レジャー施設
14 三菱商事 6,636,726 総合商社
15 第一三共 6,619,915 バイオ・医薬品関連
16 日立製作所 6,449,412 総合電機
17 ファーストリテイリング 6,327,293 衣料品・服飾品
18 デンソー 5,930,861 自動車部品
19 武田薬品工業 5,923,953 バイオ・医薬品関連
20 伊藤忠商事 5,824,468 総合商社

2021年10月31日時点の日本の上場企業の時価総額の合計は、4兆7380億ドルである。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ 【SMBC日興証券】初めてでもわかりやすい用語集2021年10月9日閲覧
  2. ^ Largest Companies by Market Cap”. Global ranking. 2022年5月27日閲覧。
  3. ^ 時価総額上位ランキング”. 日本経済新聞. 2022年5月27日閲覧。

注釈編集

  1. ^ 2019年12月12日に到達。
  2. ^ 2020年8月19日に到達。
  3. ^ 2021年6月22日に到達。

外部リンク編集