時価総額

上場企業の株価に発行済株式数を掛けたもの

時価総額(じかそうがく、Market capitalization)、株式時価総額とは、ある上場企業株価に発行済株式数を掛けたものであり、企業価値や規模[1]を評価する際の指標である。

株式に関係する変数の関係

時価総額が大きいということは、業績だけではなく将来の成長に対する期待も大きいことを意味する。時価総額は企業尺度や企業の実力の一面にしかすぎないが、市場の期待値を反映した尺度の一つであり、一般には企業利益資産が大きいほど時価総額も高くなる。しかし、株価は時に過大(過小)評価される場合があるため、絶対的なものではない。

これまでに時価総額2兆ドルに到達したことがある企業は、到達した順にサウジアラムコ[注釈 1]Apple[注釈 2]マイクロソフト[注釈 3]のみである。

時価総額で見た企業編集

世界編集

時価総額上位10社(2021年10月31日時点)[2]

順位 企業名 時価総額
(兆US$)
業種
1 マイクロソフト 2.489 情報・通信業  
2 Apple 2.476 電気機器  
3 サウジアラムコ 2.011 石油・ガス  
4 アルファベット 1.966 コングロマリット  
5 アマゾン・ドット・コム 1.707 小売業  
6 テスラ 1.118 輸送用機器  
7 フェイスブック 0.900 ソーシャルメディア  
8 バークシャー・ハサウェイ 0.651 保険業  
9 NVIDIA 0.637 電気機器  
10 TSMC 0.590 電気機器  

2021年10月31日時点の世界の上場企業の時価総額の合計は、97兆1450億ドルである。

日本企業でのランキング最上位はトヨタ自動車であり、第39位(時価総額2470億ドル)である。

日本編集

国内全市場における時価総額のランキング(2021年10月31日時点)[3]

順位 企業名 時価総額
(百万円)
業種
1 トヨタ自動車 32,736,022 輸送用機器
2 キーエンス 16,662,158 電気機器
3 ソニー 16,570,312 電気機器
4 リクルートホールディングス 12,841,809 サービス業
5 日本電信電話 12,435,715 情報・通信業
6 ソフトバンクグループ 10,620,287 情報・通信業
7 ファーストリテイリング三菱UFJフィナンシャル・グループ 8,454,792 小売業銀行業
8 信越化学工業 8,439,505 化学
9 東京エレクトロン 8,308,597 電気機器
10 KDDI 8,129,145 情報・通信業

2021年10月31日時点の日本の上場企業の時価総額の合計は、4兆7380億ドルである。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ 【SMBC日興証券】初めてでもわかりやすい用語集2021年10月9日閲覧
  2. ^ Largest Companies by Market Cap”. Global ranking. 2021年10月31日閲覧。
  3. ^ ヤフーファイナンス”. Yahoo Japan. 2021年10月31日閲覧。

注釈編集

  1. ^ 2019年12月12日に到達。
  2. ^ 2020年8月19日に到達。
  3. ^ 2021年6月22日に到達。

外部リンク編集