時間の国のアリス/夏服のイヴ

時間の国のアリスから転送)

時間の国のアリス/夏服のイヴ」(じかんのくにのアリス/なつふくのいぶ)は、1984年5月10日にCBS・ソニーからリリースされた松田聖子の17枚目のシングル[2]。規格品番:07SH 1500(EP盤)2004年に紙ジャケット仕様・完全生産限定12cmCDとして再リリースされている。

時間の国のアリス/夏服のイヴ
松田聖子シングル
初出アルバム『Tinker Bell(時間の国のアリス)
Seiko・Town(夏服のイヴ)』
A面 時間の国のアリス
夏服のイヴ
リリース
規格 EP盤
ジャンル J-POP
時間
レーベル CBS・ソニー
(8cmCD含む)
Sony Records
(12cmCD)
作詞・作曲 作詞:松本隆 作曲:呉田軽穂
プロデュース 若松宗雄
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[1]
  • 1984年5月度月間3位(オリコン)
  • 1984年6月度月間3位(オリコン)
  • 1984年7月度月間15位(オリコン)
  • 1984年度年間15位(オリコン)[1]
  • 2位(ザ・ベストテン
  • 1984年度年間26位(ザ・ベストテン)
松田聖子 シングル 年表
Rock'n Rouge
1984年
時間の国のアリス/夏服のイヴ
1984年
ピンクのモーツァルト
1984年
収録アルバムTinker Bell
密林少女
(4)
時間の国のアリス
(5)
AQUARIUS
(6)
テンプレートを表示

解説編集

3作連続で両A面として発売されたものの、発売当初のジャケット表記は『時間の国のアリス』が若干大きめで松田の写真も過去のシングルジャケット写真と比較して縮小サイズであった。

1984年7月には松田主演の映画公開時期に合わせて『夏服のイヴ/時間の国のアリス』のタイトル文字が同等の大きさで縦表記へと変更になり、松田の顔写真がズームアップになっているセカンドスリーブジャケットで再プレス発売された。

オリコン発表の売上枚数は47.7万枚[1]

制作過程編集

「時間の国のアリス」は、当時心理学の分野で話題になっていたピーターパン症候群をモチーフにした楽曲。もっとも同症候群に切り込む社会性は皆無で、あくまで同症候群をモチーフに、童話・ファンタジーのガジェットを散りばめた内容になっている。1か月後に発売されたアルバム「Tinker Bell」(本曲も収録)全体が同様のモチーフで統一されており、事実上の先行シングルであるといえる[3]。呉田が松田に提供した曲としては唯一、大村雅朗の編曲[4]。呉田が本作品の次に松田聖子の曲を作曲するのは、31年後の2015年10月にリリースのシングル『永遠のもっと果てまで/惑星になりたい』である。第46回NHK紅白歌合戦1995年)及び第70回NHK紅白歌合戦2019年)披露曲(ともにメドレーの内の一曲)。娘の神田沙也加のペンネーム「ALICE」は、この曲から採ったとされる。[要出典]

2021年には、セルフカバーバージョンである『時間の国のアリス 〜Alice in the world of time〜』が音楽配信でリリースされた。[5]

収録曲編集

全作詞:松本隆

  1. 時間の国のアリス[4:45]
  2. 夏服のイヴ[4:44]

カバー編集

夏服のイヴ

  • CHINEPHILE(2003年、アルバム『KAYOMANIA』)

関連作品編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c スージー鈴木 2017, p. 99.
  2. ^ ディスコグラフィ|松田聖子オフィシャルサイト”. www.seikomatsuda.co.jp. 2022年10月16日閲覧。
  3. ^ 中川, pp. 256–257.
  4. ^ カバー曲も含めれば「恋人がサンタクロース」も大村の編曲である。
  5. ^ 松田聖子、37年ぶり「時間の国のアリス」セルフカバー、MVで1人8役に挑戦”. スポーツ報知. 2021年6月2日閲覧。

参考文献編集

  • スージー鈴木 『1984年の歌謡曲』イースト・プレス〈イースト新書〉、2017年2月。ISBN 978-4-7816-5080-7 
  • 中川右介 『松田聖子と中森明菜 1980年代の革命』朝日新聞出版朝日文庫〉、2014年12月30日。ISBN 978-4-02-261814-6 

関連項目編集