メインメニューを開く

月館の殺人』(つきだてのさつじん)は、原作・綾辻行人、作画・佐々木倫子による漫画作品。

小学館発行の漫画雑誌『月刊IKKI』にて、2005年2月号(2004年12月発売)から2006年6月号(2006年4月発売)にかけて連載。単行本は上下巻構成になっている。

IKKI編集部には鉄道ファンが多く、その影響が作品のストーリーや登場人物たちにみられる。『鉄子の旅』・『阿房列車』とともにIKKIの鉄道マンガ三部作の一つ。こちらは「鉄子の旅」シリーズ(IKKI担当した第一部・第二部)を担当した編集長とカミムラが編集を担った。

目次

あらすじ編集

鉄道といえばゆいレール(モノレール)[1]しかない沖縄で育った女子高生の雁ヶ谷空海は、鉄道嫌いの母の影響もあり、未だかつて電車に乗ったことがない。母の死から2ヵ月後、弁護士の中在家に「母方の祖父が生きていて、財産相続の件でぜひ北海道まで来てほしい」と伝えられる。祖父の待つ月館へは、鉄道で行かなければならないとのこと。空海が乗るのは、「20時40分 稚瀬布(ちせっぷ)発 月館(つきだて)行 幻夜(げんや)号」。迎えに来た中在家の運転で稚瀬布駅へ向かう途中、車がスリップして立ち往生しているところへ、同じく幻夜号に乗るという日置という青年が通りかかり、中在家を残して駅まで乗せていってもらうことに。

幻夜号はオリエント急行の車輌を用いた編成で、革張りのソファカーペット敷きの床、バーピアノまで完備された豪奢な内装を持つ列車だった。乗客は空海、日置らを含む7人。空海以外の6人は皆「テツ」で、しかも祖父の招待客らしい。そして空海はこの6人の中から結婚相手を選ぶことが、財産相続の条件だと思い込む。いつしか話題は「首都圏連続殺人事件」に及ぶ。犯人は必ず死体の側にあるカードを残していくらしい。そして犠牲者は全員それぞれに名の通ったテツであることがわかってくる。

深夜、「寒くて眠れない」という乗客の苦情により、日置の客室を覗いてみると、そこには彼の惨殺死体と首都圏連続殺人犯が残していくというカードが残されていた。

登場人物編集

幻夜号乗客編集

雁ヶ谷 空海(かりがや そらみ)
高校3年生。沖縄出身。好物はバナナ鉄道を極端に嫌う母親のため、モノレールを含めあらゆる鉄道に乗ったことがなく、修学旅行にさえ行かせてもらえなかった。亡くなった父親はパイロットだったが、飛行機にも乗ったことがない。小・中学生時代は男子に「クウカイ」呼ばわりされたイジメられっ子であった(そのため、軽度の男性不信の節がある)。
名前の由来は国鉄柳ヶ瀬線雁ヶ谷駅(昭和39年廃止)から。
日置 健太郎(ひおき けんたろう)
26歳。千葉出身。カエデ探偵事務所に勤務。自称・鉄道考古学テツ。幻夜号の乗客として稚瀬布駅に向かう途中、雪で車が立往生した空海と中在家に遭遇し、空海を連れて幻夜号に乗車する。テツの中では最も常識的な言動と行動で空海の信頼を得るが、深夜に個室で死亡しているのが発見される。
名前の由来は鹿児島交通枕崎線日置駅(昭和59年廃止)から。
今福 健至(いまふく けんじ)
35歳。埼玉出身。獣医師で専門は内科。好物はジャーマンハンバーグ定食。コレクションテツで、車中の様々なものを盗み出そうとしては止められる。
名前の由来は松浦鉄道西九州線今福駅から。
中ノ郷 清(なかのごう きよし)
40歳。東京出身。機器メーカーエンジニア。好物は柿ピー冷凍みかん。撮りテツで、あらゆる休みを全て山口線の撮影に費やしており、それが原因で妻と離婚した。
名前の由来は国鉄柳ヶ瀬線中ノ郷駅(昭和39年廃止)から。
杉津 治彦(すいづ はるひこ)
30歳。京都出身。フリーター。好物はジャムを塗った食パン。乗りテツ。鉄道全駅の全設備を使い切った乗降を達成している。
名前の由来は国鉄北陸本線杉津駅(昭和37年廃止)から。
沼尻 孝一(ぬまじり こういち)
24歳。新潟出身。市職員。好物は新潟名物へぎそば時刻表テツで「理想のダイヤ」を考案し、それがJRに一部採用される。空海に一目惚れ(?)し「空海とオレのラブ・ダイヤ」なるものを作成する。
名前の由来は磐梯急行電鉄沼尻駅(昭和44年廃止)から。
竜ヶ森 集(りゅうがもり しゅう)
23歳。鎌倉出身。大学生だが本人曰く「一応大学に籍は残ってる」という状態とのこと。好物はカレーライス模型テツで、車内中のあらゆるものを黙々と測る。両親も住む敷地30坪の自宅に、実物に直すと総延長500kmに相当する約3.3kmのNゲージの鉄道模型レールを張り巡らせている。聞かれもしないのに自らの得意分野をしゃべりたおす他のテツと異なり、自ら進んで話すことは稀で、問われても「……どうしても聞きたい?」と問い返してから、非常に短い言葉を発する。また、場の空気に囚われずマイペースを貫く。
名前の由来はJR東日本花輪線龍ヶ森駅(現安比高原駅)から。

幻夜号乗務員編集

川俣 孝夫(かわまた たかお)
幻夜号車掌
名前の由来は国鉄川俣線(昭和47年廃止)から。
宮田 一郎(みやた いちろう)
幻夜号機関士
名前の由来はJR九州宮田線(平成元年廃止)から。
添田 二郎(そえだ じろう)
幻夜号機関助士。
名前の由来は国鉄添田線(昭和60年廃止)から。
三国 信一(みくに しんいち)
幻夜号サービスマン。窓からアライグマに餌をやっていた。
名前の由来は国鉄三国線(昭和47年廃止)から。
唐津 勘助(からつ かんすけ)
幻夜号バーテンダーミステリー小説が好きでピアノバー車に本を置いている。
名前の由来はJR九州唐津線から。
倉吉 修(くらよし おさむ)
幻夜号ピアニスト兼料理人。ピアノのレパートリーは広く、救急戦隊ゴーゴーファイブの主題歌も演奏できる。
名前の由来は国鉄倉吉線(昭和60年廃止)から。

その他編集

雁ヶ谷 みずほ(かりがや みずほ)
空海の母。家庭よりも鉄道趣味を優先した父に反発し、鉄道に対して恨み感情と言っていいほどの極端な嫌悪を示し、決して娘を乗せようとしなかった。23歳の時にパイロットの男性と駆け落ちする。行く先に沖縄を選んだのは、当時日本の都道府県で唯一鉄道が無かったため。夫の死後は魚卸売市場で働く。容態の悪化により病死した。
中在家 勉(なかざいけ つとむ)
月館家の顧問弁護士。母親を亡くし独りぼっちの空海を迎えに来る。元検事だが民事専門で、得意分野は相続関係。愛車はトヨタセルシオ
名前の由来はJR西日本関西本線中在家信号場から。
月館 十蔵(つきだて じゅうぞう)
みずほの父。北海道在住の資産家だが、究極の鉄道マニアで、巷では「キング・オブ・テツ」の異名をとる。鉄道大好きで、娘の結婚にも鉄道マンをと口を出そうとしたことから、みずほに離反されてしまう。みずほの死を聞き、唯一の肉親である空海に遺産相続の話をするべく、北海道へ空海を招く。
室木(むろき)
月館家の執事。
名前の由来は国鉄室木線(昭和60年廃止)から。
魚沼(うおぬま)
月館家の料理人。
名前の由来は国鉄魚沼線(昭和59年廃止)から。
小本(おもと)
月館家のメイド。
名前の由来は国鉄小本線(後のJR東日本岩泉線(連載終了後の平成26年廃止))から。
大隅(おおすみ)
月館家の使用人。
名前の由来は国鉄大隅線(昭和62年廃止)から。
小松島(こまつしま)
月館家の使用人。
名前の由来は国鉄小松島線(昭和60年廃止)から。
郁恵(いくえ)
空海の親友。感情的な性格。

幻夜号について編集

幻夜号編成編集

  • 機関車 - D51の241号機。実機は国鉄で営業運転された(後の動態保存運転を除く)最後の蒸気機関車だが、1976年、追分機関区で保管中火災に遭って焼失したため、現実世界では現存していない。
  • 1号車 - 荷物車。荷物室の他、調理準備室や工作室がある。日本の車両にはほとんどないキューポラを持つ。
  • 2号車 - 食堂車。ロングテーブルが置かれ、ディナー会場となる。
  • 3号車 - プルマン車(プルマン式の食堂車)。向かい掛けの二人用テーブル席と個室からなる。
  • 4号車 - ピアノバー車。
  • 5号車 - 寝台車。一等寝台個室で全10室。部屋割は以下の通り。
    • 1,2号室:空室、3号室:中在家(乗車せず)、4号室:竜ヶ森、5号室:沼尻、6号室:中ノ郷、7号室:空海、8号室:杉津、9号室:今福、10号室:日置。
  • 6号車 - スタッフ車。3人部屋個室。

幻夜号通過駅編集

登場する地名・駅名は全て架空のものである。

  • 20:40 稚瀬布(ちせっぷ)発
  • 20:45 毛内別(けねべつ)
  • 21:17 樽昼(たるびる)
  • 21:51 幌沸(ほろふつ)
  • 22:30 色別(いろべつ)
  • 23:05 楓古潭(かえでこたん)
  • 23:30 越冠(こしかっぷ)
  • 01:34 留津(るっつ)
  • 02:00 幸国(こうこく)
  • 04:34 曲呂(まがろ)
  • 05:06 志振戸井(しぶりとい)
  • 05:31 北向(ほっこ)
  • 06:00 無定渓(むじょうけい)
  • 07:00 月館(つきだて)着

書籍情報編集

脚注編集

  1. ^ 2003年8月、本作の連載開始に1年4ヵ月のみ先んじて開業。

関連項目編集