有田インターチェンジ

日本の和歌山県有田郡有田川町にある阪和自動車道のインターチェンジ
画像提供依頼:インターチェンジ施設の外観の画像提供をお願いします。2021年12月

有田インターチェンジ(ありだインターチェンジ)は、和歌山県有田郡有田川町天満にある阪和自動車道インターチェンジである。

有田インターチェンジ
所属路線 E42 阪和自動車道
IC番号 25
料金所番号 06-090
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0042.svg 有田 金屋
起点からの距離 83.0 km(松原JCT起点)
下津IC (7.1 km)
(1.0 km) 有田南IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0042.svg国道42号
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
和歌山県道22号標識
和歌山県道22号吉備金屋線
供用開始日 1984年3月28日
通行台数 x台/日
所在地 643-0032
和歌山県有田郡有田川町天満
北緯34度3分38.41秒 東経135度12分1.61秒 / 北緯34.0606694度 東経135.2004472度 / 34.0606694; 135.2004472座標: 北緯34度3分38.41秒 東経135度12分1.61秒 / 北緯34.0606694度 東経135.2004472度 / 34.0606694; 135.2004472
備考 松原方面出入口のみのハーフIC
旧名称は、吉備インターチェンジ
テンプレートを表示

概要編集

和歌山方面のみ出入り可能なハーフインターチェンジである。みなべ・白浜方面への出入りは湯浅御坊道路有田南ICを利用する。田辺市龍神村・本宮町、新宮市那智勝浦町北部へは、当インターより国道424号等を経由するのが最短ルートである。

2007年11月3日に、吉備インターチェンジ(きびインターチェンジ)から有田インターチェンジに改称された[1]。このインターチェンジ名変更には二階俊博衆議院議員が関与している[2]

2009年11月20日12月18日に、阪和自動車道海南IC-有田IC間の4車線化工事および和歌山県道22号吉備金屋線のバイパス工事により、有田IC出入口ルートが変更された[3]。国道42号からの出入口は従来のままである。また、2010年7月7日に海南IC-有田IC間の下り線(田辺・白浜方面)が新設道路に切り替わり、有田ICの出口も新設の出口に切り替わった[4]

道路編集

歴史編集

周辺編集

接続する道路編集

料金所編集

  • 入口レーン(和歌山・大阪方面への流入)
  • 出口レーン(和歌山・大阪方面からの流出)
    • 一般レーン1箇所
    • ETCレーン2箇所

編集

E42 阪和自動車道湯浅御坊道路
(24)下津IC - (25)有田IC - (26)有田南IC

脚注編集

  1. ^ a b 阪和自動車道吉備インターチェンジ及び湯浅御坊道路吉備南インターチェンジの名称変更について”. 西日本高速道路株式会社 (2007年10月5日). 2014年4月13日閲覧。
  2. ^ 東京新聞:道路を問う”. 東京新聞. 2008年5月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年4月13日閲覧。
  3. ^ a b c 阪和自動車道 有田ICの出入口が変わります。”. 西日本高速道路株式会社 (2009年10月27日). 2014年4月13日閲覧。
  4. ^ a b 阪和自動車道 海南IC〜有田IC間の白浜方面の完成に伴う車線運用の変更について”. 西日本高速道路株式会社 (2010年4月26日). 2014年4月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集