メインメニューを開く

朝霞台駅

日本の埼玉県朝霞市にある東武鉄道の駅

朝霞台駅(あさかだいえき)は、埼玉県朝霞市東弁財一丁目にある、東武鉄道東上本線である。駅番号はTJ 13

朝霞台駅
北口(2012年9月)
北口(2012年9月)
あさかだい
Asakadai
TJ 12 朝霞 (2.4km)
(1.4km) 志木 TJ 14
所在地 埼玉県朝霞市東弁財一丁目4-17
駅番号 TJ13
所属事業者 東武鉄道
所属路線 東上本線
キロ程 16.4km(池袋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
162,963人/日
-2018年-
開業年月日 1974年昭和49年)8月6日
乗換 北朝霞駅JR武蔵野線
備考 業務委託駅
テンプレートを表示

歴史編集

  • 1974年昭和49年)8月6日武蔵野線北朝霞駅1973年4月1日開業)との乗り換えの便宜を図るために開設。
    • 開設当初は準急(成増以北各駅停車)と普通のみ停車。
  • 1998年平成10年)3月26日:乗り換え客の利便向上のため、急行の停車駅になる。
  • 2007年(平成19年)4月27日:発車メロディ使用開始。
  • 2014年(平成26年)9月30日:駅南口にあった定期乗車券販売窓口は、東松山駅の定期乗車券販売窓口と共に、営業を終了。
  • 2016年(平成28年)3月26日:ダイヤ改正に伴い、土日祝日の朝夕に数本運転される、森林公園駅-元町・中華街駅間で快速急行として運転される電車が当駅の2番線・3番線を通過するようになる。なお1番線・4番線に関してはダイヤ改正以降も引き続きTJライナーや池袋駅-森林公園駅・小川町駅の区間で運転される快速急行が通過する。
  • 2019年(平成31年)3月16日:ダイヤ改正により新設された「川越特急」の停車駅となる。

駅構造編集

島式ホーム2面4線を有する地上駅で、ホームは切通し部にある。複々線区間にあり、外側を池袋発着の優等列車が、内側を普通列車および地下鉄線直通列車が走る。階段のほか、バリアフリー対応のエスカレーターが設置されている。

駅舎は地平よりやや高い位置にあり、改札口跨線橋に直結した半橋上駅となっているため、駅舎に入るには北口、南口ともに10段程度階段を上る必要がある。この階段部についても、2004年3月頃にエスカレーターが設置された。

2009年10月上旬に、ピクトグラムを用いた点字付きの、駅構内案内図・トイレ内案内図を設置した。2010年3月頃には、発車案内表示機が更新された。

武蔵野線北朝霞駅が北口側にある。駅舎の北、プラットホームにかかる位置を武蔵野線が高架で越えている。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1   東上線 下り 川越坂戸森林公園小川町方面
2
3 上り 和光市成増池袋方面
  有楽町線 新木場  副都心線 渋谷  東急東横線 横浜  みなとみらい線 元町・中華街方面
4

利用状況編集

2018年(平成30年)度の1日平均乗降人員162,963人である[1]。東上線内では池袋駅、和光市駅に次ぐ第3位である。増加傾向ではあるが、2008年度以降は、同年度に大幅に増加した和光市駅より少なくなっている。東武鉄道全体では池袋駅、北千住駅、和光市駅に次いで4番目に多い。

近年の1日平均乗降人員および乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[2]
年度 1日平均
乗降人員[3]
1日平均
乗車人員[4]
出典
1978年(昭和53年) 42,798
1990年(平成02年) 92,028 46,495
1991年(平成03年) 96,788 48,877
1992年(平成04年) 102,068 51,936
1993年(平成05年) 106,487 54,425
1994年(平成06年) 109,391 56,090
1995年(平成07年) 115,793 57,933
1996年(平成08年) 115,967 57,979
1997年(平成09年) 115,284 57,716
1998年(平成10年) 115,669 58,138
1999年(平成11年) 117,293 59,016 [* 1]
2000年(平成12年) 122,307 61,429 [* 2]
2001年(平成13年) 127,457 62,944 [* 3]
2002年(平成14年) 128,877 63,789 [* 4]
2003年(平成15年) 130,907 65,022 [* 5]
2004年(平成16年) 132,522 65,924 [* 6]
2005年(平成17年) 130,025 64,657 [* 7]
2006年(平成18年) 132,289 65,813 [* 8]
2007年(平成19年) 138,352 68,602 [* 9]
2008年(平成20年) 141,694 70,226 [* 10]
2009年(平成21年) 143,756 71,319 [* 11]
2010年(平成22年) 146,178 72,610 [* 12]
2011年(平成23年) 145,301 72,692 [* 13]
2012年(平成24年) 149,650 74,881 [* 14]
2013年(平成25年) 154,281 77,187 [* 15]
2014年(平成26年) 153,680 76,873 [* 16]
2015年(平成27年) 158,140 79,109 [* 17]
2016年(平成28年) 161,320 80,423 [* 18]
2017年(平成29年) 163,056 81,339 [* 19]
2018年(平成30年) 162,963

駅周辺編集

乗換駅

公的施設・学校

郵便局・金融機関

  • 朝霞三原郵便局
  • 朝霞溝沼郵便局
  • 朝霞宮戸郵便局
  • りそな銀行朝霞台支店

店舗

バス路線編集

南口側のバス停留所名は朝霞台駅、北口側の停留所名は北朝霞駅である。

南口(朝霞台駅停留所)発着編集

乗り場 系統 経由 行先 会社 備考
1 ひばり71 片山小学校 ひばりヶ丘駅北口 西武バス 深夜バスあり
朝23 新座営業所
2 久留22 平林寺 東久留米駅東口
朝22 新座営業所
朝24 泉水三丁目 志木駅南口
朝24-1 泉水三丁目・平林寺 新座営業所
朝12 末無川 朝霞駅南口 国際興業
3 朝04 志木駅南口 新座車庫 東武バスウエスト
朝04・05 溝沼坂下 朝霞駅東口
空港リムジン 羽田空港 東武バス
京浜急行バス
成田空港 東武バス
東京空港交通
スカイツリーシャトル 東京スカイツリータウン 東武バス 高速バス

この他、深夜急行バスとして池袋駅西口→朝霞台駅行のバスと池袋駅西口→朝霞台駅(降車のみ)→新座駅行のバスがある。

北口(北朝霞駅停留所)発着編集

北朝霞駅#バス路線」を参照。

隣の駅編集

東武鉄道
  東上本線
TJライナー・快速急行
通過
川越特急
池袋駅 (TJ 01) - 朝霞台駅 (TJ 13) - 川越駅 (TJ 21)
快速・急行
和光市駅 (TJ 11) - 朝霞台駅 (TJ 13) - 志木駅 (TJ 14)
準急・普通
朝霞駅 (TJ 12) - 朝霞台駅 (TJ 13) - 志木駅 (TJ 14)

脚注編集

  1. ^ 駅情報(乗降人員) - 東武鉄道
  2. ^ 統計あさか - 朝霞市
  3. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  4. ^ 埼玉県統計年鑑 - 埼玉県

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集